スポンサーリンク

庸車とは何?読み方や傭車との違い、メリットデメリットを徹底解説!

庸車とは 役立つ情報
スポンサーリンク

さまざまな洗浄において兵士として雇われる「傭兵」というものがありますよね?

同じようなものが物流業界にあることを知っていますか?

それは「庸車」と呼ばれるものです。

聞いたことがないという人が多いかもしれませんが、実はかなり活躍しているんです。

そして、庸車ならではメリットやデメリットも存在しており、かなり奥深い世界になっています。

今回はそんな庸車をスポットライトを当てて、庸車の役割や下請けとの違い、メリットとtデメリットの両方を徹底解説していきます。

庸車について全くわからないから勉強したいと思っている人や、庸車に関する仕事がしたい人はぜひ本記事を参考にしてみてください。

 

※庸車のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗庸車の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

庸車とは

庸車のことがわからない人向けに解説していきます。

庸車とは、荷主が配送を専門とする配送企業に配送を委託したり、元請けの配送業者が別の配送業者に配送を委託する事業のことを指します。

どういう状況で庸車が役に立つかというと、基本的に運送業者ではなるべくキャパオーバーが発生しないように、配車オペレーターが仕事を割り振りするのですが、繁忙期などになると、それでもドライバーが不足することになってしまいます。

どうしてもドライバーが足りないのでなんとかしなくてはいけないという時が、庸車の出番となるわけです。

イメージとしては一時的に契約する助っ人のような存在と解釈するとわかりやすいかと思います。

 

庸車の読み方は

庸車の読み方は「ようしゃ」と読みます。

おそらく読みに関しては誰もが読めると思いますが、要注意すべきは漢字です。

パソコンの漢字の変換でも「傭車」のほうが先に出てしまい「庸車」と変換することが出来なかったりします。

どちらも読みは一緒なので、漢字だけは慎重に覚えるようにしましょう。

 

庸車と傭車の違いは

庸車と傭車の違いはあるのでしょうか?

先に結論を述べておくと、違いは「無い」です。

一応庸車と傭車は、どちらも同じ意味として使われているので、どちらも使っても間違いではありませんし、問題にもなりません。

しかし「傭」は常用漢字に含まれない漢字になりますので、基本的に使われやすいのは「庸車」の方になります。

なので、基本的には「庸車」の方を使っていきましょう。

 

月収を今よりあと5万円上げたい方は下記のページをご覧いただければ幸いです。
簡単ですぐに年収アップができる方法をご紹介しています。

 

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

庸車と下請けの違いについて

庸車と下請けの違いを解説します。

厳密に言うと、庸車と下請けには違いはほぼ無いと言っても良いです。

どちらも依頼を受けて行う事業なので、意味としての違いはほとんどありません。

ただ、業界的には運送会社の方に依頼を行うことを「下請け」と呼び、個人事業主のドライバーに配送依頼を行うことを「庸車」と呼ぶのが一般的となっています。

さらに言うと、庸車の正式な名称としては「利用運送」というのが庸車のなめになります。

また、個人事業主への依頼となるので「利用運送契約書」という書類と「運送委託契約書」という書類への契約記入が必須となっています。

結論としては、庸車と下請けの違いは「意味的には違いはほとんど無い」です。

 

庸車を使う荷主側のメリットデメリットは

庸車を使う荷主側のメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

庸車のメリット

まず1つは緊急時の対応がやりやすくなる点と言えます。

忙しくない時期にも関わらず、いきなり依頼が度重なって発生するという緊急の状態にも焦ること無く荷主側が対応できます。

2つ目は人件費等の削減です。

荷主側から見ても、継続的な人件費や自動車税がかからないのは非常に大きなメリットです。

最後は他社とのコミュニケーションにつながるという点です。

他社との連携が強化されれば、のちの栄駅にも繋がりますので、こちらも多大なメリットと言えるでしょう。

庸車のデメリット

協力会社としてのドライバーが主に依頼を遂行する事になりますので、ドライバーが問題を起こせば荷主側にクレームが行きます。

2つ目は依頼したドライバーに自社の車両の運転教育をいちいち施さなくてはいけない点です。

教育を怠ってしまうと、事故になる可能性もありますので、地味ながらに欠かせないことです。

 

※あなたは庸車のドライバーに向いていますか?

 

庸車のドライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

 

>>庸車のドライバーに向いているかチェックしてみる

 

庸車ドライバーのメリットデメリットは

続いてドライバー側のメリットとデメリットを紹介します。

庸車ドライバーのメリット

最大のメリットは、荷主側との繋がりを得ることができるという点です。

これにより、継続的に配送依頼をもらうことができるので、安定した収入にも繋がります。

うまくいけば、荷主から別の荷主に紹介され、更に配送依頼を増やすということもありえますので、荷主側とのつながりが得られるのは非常に大きなメリットと言えます。

庸車ドライバーのデメリット

デメリットとしては、事故をした際の責任が会社に行ってしまい、信頼を一瞬で失う可能性があること。

そして、荷主側に問題があって、しっかりと給料が支払われないというトラブルに発展する可能性がある点です。

 

庸車の運送会社を探すコツや求人募集はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
庸車のドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで庸車の詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで庸車会社の相談をする

 

まとめ

今回は庸車について解説しました。

個人事業主のドライバーであれば、身近な言葉と思う人もいるかも知れませんが、一般の人からすると、あまり聞かない言葉ですよね。

しかし実際は、物流業界においては必要不可欠な存在なのです。

もし本記事で庸車に興味が湧いた人は、庸車に関する仕事をやってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました