スポンサーリンク

大型トラックの車種別の寸法とは! 駐車場寸法はどれくらい?

大型トラック車種別寸法 役立つ情報
スポンサーリンク

 

大型トラックと聞くと、言葉通り大きいトラックを想像しますよね?

大型トラックに乗る機会はなくとも、見る機会は誰でもあるのではないでしょうか。

道路を走るトラックだけでもかなりの種類があり、たまに小型と大型を見間違えることもあったりするくらい、種類がたくさんあります!

運転手さんはいつも大変だろうと思いながら、いつも見ています!

では、実際の大型トラックの大きさや駐車スペースはどれくらいのサイズなのでしょうか?

今回はそのあたりについてお話していきます!

 

自分の適正年収を把握していますか?
今回貰えるべき適正年収を調査したところ年間で100万円以上損をしていることが判明しました。
ご自身の推定年収は必ずチェックしておきましょう。
無料診断で料金は一切かかりません。

>>損をしていませんか?自分の適性年収を調べてみる

大型トラックの平ボディの寸法や大きさは?

 

大型トラックは基本的に10トンくらいの大きさのトラックのことを言います!

寸法としては

・全長が12000mm以内

・幅が2500mm以内

・高さが3800mm以内

となっています!

ちなみにこの大きさは4トントラックと同じ大きさになります。

では何が違うのかというと、最大積載量が違います。

簡単に言えば運べる重さの違いです。

それ以外は基本的な部分は4トントラックと同じです。

 

大型トラック ウイング車の寸法や大きさは?

 

次に大型トラックのウイング車の寸法ですが、先程の平ボディとほとんど同じ寸法になります。

トラック自体の大きな違いは、ウイングという名前がついているので、トラックの荷台の横が羽のように開く部分が一番の違いです。

主に荷物を運んで受取先や荷物を積む際に、とても便利でフォークリフトの機械などがいればより早く荷物の積み下ろしが出来ます。

羽のように開くからといって、そのせいで後ろに荷物があまり詰めないという事もなく、かなりの量の荷物を積むことが出来ます!

 

日野大型 トラックの寸法や大きさは?

 

日野の大型車の寸法もそこまで大きな変化はなく、

・全長11990mm

・幅2490mm

・高さ3115mm

となっています。

なので、購入を考えるのであれば、サイズ以外の他の特化したものを見つけるか、大型車の使い方によって購入を考えることをオススメします。

私の仕事上では大型トラックの使い道は、土や砂を運ぶか、鉄筋を運んだり、重いもの運ぶ際に使用しています。

なので、ウイング型のトラックなどは逆に大きくてもあまり意味がありません。

このように用途に合わせて、購入する際に購入などをしないと、金額が金額なだけに困ることになるので、注意してください!

 

大型トラックの低床の寸法や大きさは?

 

大型トラックの基本的な寸法は上記に書いたようなものがほとんどですが、数種類はあるので時に全長が長いものがあります!

そして、とくにこの大型トラックの低床は、荷物を運ぶ際に使用されることが多く、名前の通り、床が道路から低い位置にあるため低床と呼ばれます。

メリットとしては荷台の床が低い分、上に載せられるものが多く、たくさんの荷物を運ぶ際に適しています。

さらに、なるべく低くするためにタイヤの大きさも小さいものを付けることが多く、さらに低く出来るので、安定して走ることも出来ます。

ちなみに、低床トラックの道路から床までの高さは950mm、超低床と呼ばれるものは850mmのものまであります。

トラックの販売元によって、これらの寸法は異なることがあるので、購入などの際はしっかりと確認してください!

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

大型トラックの駐車スペースの寸法はどれくらい?

 

原則として長さが13m、幅が3.3m、高さが3.9m以上というのが決まりです。

大型トラックの駐車している場面を見たことがある人はわかるかもしれませんが、かなりの圧迫感を感じます。

大型トラックの運転手さんは止めたいときに止められないことも多々あります。

入り口が狭い、駐車スペースがない、そのような時には別の場所を探さないといけないのでかなり大変だと思います。

私のイメージだと、交差点などにあるコンビニや、ホームセンターなどだと、大型トラックの駐車スペースや条件を満たしているところが多い気がします。

あなたも、ぜひ大型トラックに乗るか乗らないかは別として、意識してみてください。

 

大型トレーラーの寸法はどれくらい?

 

大型トレーラーは最大で全長21mまであります!

そして高速道路では15mから16m、一般の道路では12mまでと決められており、それ以上の物は通行許可が必要になります。

大型のトラックよりも長さがあるため、見ているだけで運転の技術が必要そうで、特にカーブは運転手の皆さんも、慣れていても慎重に運転しているのを見ます。

トレーラーは特に、運転席の部分と、後ろの荷物を乗っける場所が、一体ではないため運転がかなり難しいはずです。

もし、あなたが乗るようなことがあれば、カーブの時は特に注意してください!

 

ドライバーの新常識!転職サイトだけは必ず登録しておこう!

トラック運転手におすすめの転職サイトと転職エージェント

 

いま転職する気がない、もしくは後々自分で探そうと考えている人も絶対に転職サイトには登録しておきましょう。

理由はストレスや疲労がたまると就活活動はもちろん転職サイトに登録する気力すら無くなるケースが多いからです。

気になっている企業や興味のある求人の情報を把握しているだけでも【いつでも転職できる】という状態であれば安心だし、体を壊したりうつ病などになる前に転職という手段が打てます。

転職サイトの登録は簡単で無料だし、勧誘や担当者からの電話などは一切きません。

あなたの行きたい会社の求人や転職が可能な企業があればメールで届くのでいつでも転職できるという精神的な安心感や余裕ができます。

転職はそのうちに、今はまだ無理と思っている方も登録だけは絶対にしておくべきです。

優良な会社の求人情報が豊富な転職サイトはこちらです。

無料で簡単に登録することができます。

業界日本1位のリクルート社が運営している間違いのない転職サイトです。

>>リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ

 

まとめ

 

トラックの中でも運転が難しくなる大型トラックや、トレーラー。

運転だけでも大変ですが、それに荷物を載せて走るとなれば、かなり運転時の注意が必要になります!

私は大型もたまには乗りますが、基本小型のトラックを運転します。

大型は荷物が重ければ重いほど、ブレーキがあまり効かなくなります。

かなり前からブレーキを踏んだり、原則をしないと、乗用車のようにはいきません。

あなたもこれらの大型の乗り物に乗る際は、いつも以上に緊張感をもって、安全運転をするようにしてください。

運転に慣れというものはないと思って、常に初心の気持ちで運転して頂けるとあなたも、周りの人たちも安全に生活が出来ると思います。

タイトルとURLをコピーしました