スポンサーリンク

ヤマト運輸の軽四ドライバーはきつい?給料や評判、 求人はこちらから!

ヤマト運輸の軽四ドライバー 宅配便
スポンサーリンク

 

我々庶民とって最も馴染み深く、また誰しもが生活していく上では重要な存在とも言える宅配便。

これらにある業務は「まさに宅配ドライバーあって」と言えるのではないでしょうか。

今回ではヤマト運輸での軽四ドライバーに焦点を置き、仕事内容から収入面においての詳細、また評判にも繋がる求人情報までを検証していきます!

 

※ヤマト運輸のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗ヤマト運輸運輸の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

ヤマト運輸の軽四ドライバーとは

 

まず皆さんがヤマト運輸でのイメージで真っ先にあるのが宅配便であり、ヤマト運輸での宅配便と言えばサービスドライバーです。

サービスドライバーは正社員として主に小型車両(小型トラック)を用いた稼働業務となりますが、それ以外にアンカーキャスト(午後中心の稼働)といった雇用形態があり、ヤマト運輸社員としての軽四ドライバー業務がこれに当たります。

仕事内容としては稼働する時間帯が異なるだけで、配達作業自体はサービスドライバーと基本何ら変わりはありません。

 

ヤマト運輸の軽四ドライバーの仕事内容はきつい?

 

仕事と言うものは「賃金があってこそ成り立つ」ものでもありますが、その賃金までのプロセスを維持・継続しなければそもそも話にもなりません。

巷では「ヤマトの軽四ドライバーはキツい」ともよく聞きます。

では「実際どうなのか?」といったそのリアルな声というものを幾つか例として挙げてみましょう。

 

業務の幅の広さ

ドライバーとしての高い運転技術の他に、配達や集荷で要求される腕力を含めた体力の維持。

あと接客を目的とさるコミュニケーション能力の必要性… 

つまりクレーム処理にも対応して行かなくてはならないスキルも必要です。

 

繁忙期の忙しさ

繁忙期があれば閑散期もあります。

ただ閑散期においては「ある程度のんびりさ」はあるものの、ヤマト運輸での繁忙期は「とにかくえげつない」との事…

進物関係での荷物の多き時期がこれらに当たり、その膨大な荷物の多さには忙殺されます…

 

再配達の手間

宅配ドライバーとしてはこの再配達という手間が最も効率が悪く、この再配達が度重なればそれはまさにストレスそのもの…

 

時間に追われる

荷物が多い事で知れられるヤマト運輸。

1日の荷物量の平均が120個とも言われており、これを指定時間内や効率良く配達して行く事で時間との勝負になります。

 

これだけでもお分かり頂けますよね。 

精神的な強さが必要なのは勿論の事、何より「それらを総合した体力自体」が備わっていないとキツい仕事となります。

 

ヤマト運輸の軽四ドライバーの給料や年収はいくら?

 

こちらの項目においての検証内容ではアンカーキャスト(契約社員)としての収入で進めて行きます。

まずヤマト運輸公式サイトでの求人募集ページによれば一律手当を含む月給は「約20万円以上」となっており、月収例としてはインセンティブ(成果型報奨金)を含む月収が「約27万円程」とされております。

そこから現状で得る年収として見ても350万円ぐらいが良いところ。

正直400万円までには届かないかと…

 

ヤマト運輸の軽四ドライバーの月収は安い?

 

ヤマト運輸ではメイン業務となるSD(サービスドライバー)が正社員雇用となっており、基本的に軽四ドライバーとなれば雇用形態は契約社員という形になります。

そのため作業項目においては同じであっても、稼働して行く上では各自で細かく都合に合わせた時間帯の割り当てや雇用条件によって「厳密な収入金額はバラバラ」となってます。

つまりこればかりは「ドライバー自身が持つ価値観によって安いかどうか」が決まり、検証結果としても一括りにまとめられないですね…

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

ヤマト運輸の軽四ドライバーの給料明細とは

 

さて続いては気になる給料明細です。

中途入社3年未満、契約社員として軽四ドライバーで務める38歳男性の給料明細を以下に表しております。

(2020年度時点での在職時記録)
——————————————————————————————————————————–
基本給       通勤手当      その他手当      月給合計
123,000円      2,000円        130,000円      255,000円
——————————————————————————————————————————–
年収:311万円
——————————————————————————————————————————–

■基本給         123,000円
■時間外手当             0円                     
■時間外手当以外の手当  132,000円
——————————————————————————————————————————–
※みなし残業制度:なし

これまでにもある様にヤマト運輸の場合、給料関連の情報においては 「えっ?出回ってる情報と実際にある明細情報とでは給与待遇が違う!」 なんて事は比較的少ないので安心出来ますね。

 

ヤマト運輸の軽四ドライバーの口コミや評判と

 

不評としては、昔と比べて「年々顧客へのサービス・利益を最優先」して行く傾向が強くなるあまり、社員らの声に対して耳を傾けて貰えない等といった意見はよく目立っております。

ただ急な休日を貰う為の申請やシフト調整し直しの申請も抵抗はあまり無いなど、この辺の評判としては比較的に良いようにも思えます。

 

ヤマト運輸の中途採用の求人募集や詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
ヤマト運輸の中途採用の実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントでヤマト運輸の中途採用の詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントでヤマト運輸の中途採用の相談をする

まとめ

今回の記事をシビアに見た場合、SD(サービスドライバー)であればドライバー → グループ長 → 支店長といった構図の下ある程度の出世街道も望めますが、基本的に契約社員となる軽四ドライバーでは正直出世は望めません。

全てにおいて納得するか・しないかは人それぞれ…

ただ「採用基準のハードルは比較的低く」設定されており、給料においても「求人情報や面接時での額面通り」が求職者側からすれば一番ありがたい事ですね!

タイトルとURLをコピーしました