スポンサーリンク

ダンプ運転手の給料は安い?年収や給料明細を暴露!

ダンプ運転手の給料 ドライバー全般
スポンサーリンク

 

工事現場などで見かけるダンプカー。

運ぶ荷物は土砂やアスファルトなどの材料を運んでいます。

そんな ダンプ運転手 の給料や年収がどれぐらい貰っているか気になりますよね?

今回は気になるダンプ運転手の給料や年収、について色々と書いていきます。

意外と知られていない 魅力的なダンプ運転手の仕事。

最後まで読んで是非参考にしてください。

 

ダンプ運転手の平均年収はどれくらい?

 

ダンプの運転手の平均年収は 約240万円~360万円 と言われています。

他の大型自動車を運転しているドライバー達の中では低めの設定ですが、荷降ろし作業が殆どないという魅力もあるので、金額的には見合っていると言えると思います。

運転だけに専業できる運転手は トラックドライバーの理想です。

同じ平均年収の他のドライバー達と比べても、年をとってからも仕事を続けやすい仕事なので、総合的に見れば決して悪い金額ではないと思います。

 

ダンプ運転手の給料・月収はいくら

 

ダンプ運転手の平均月給は約20万円~30万円です。

こちらも他の大型ドライバーに比べると低くなっています。

しかし、他の大型ドライバー達と比べても

・長距離を走る事はない

・荷降ろし作業がない

などの理由もあるので選び手次第では悪くない給料かもしれませんね。

そしてダンプ運転手は天候に左右されてしまいます。

雨降りだと現場が休みになる場合があるので、雨降りは休日になってしまうのもダンプ運転手として中々給料が増えない要因かもしれません。

 

ダンプ運転手は稼げる?稼げない?

 

ダンプ運転手は今もある「車の持ち込み制度」ができる場合があります。

車の持ち込みとは文字通り自分の車を持ち込んで仕事をする事です。白ナンバープレートで走っているダンプカーの事です。

こちらは完全出来高となっているので、やればやるほどお金になります

そして需要が増えると物凄く稼げる!っという時代もありましたが年々持ち込みのダンプの数は減ってきていますので、今はそれほど稼げる仕事では無くなってきてしまいました。

それと、ダンプ運転手は天候に左右される現場もあります。

雨が降ると現場が休みになるので仕事がお休みになる。

日給制を導入されている会社だと月の給料が安定しませんが、最近ではそういった事を見直してちゃんと保証してくれる会社も増えてきています。

それでも他の大型ドライバー達と比べても稼げるジャンルではないです。

 

ダンプ運転手の給料明細とは

今の時代、中々手渡しをしてくれる会社も減ってきていますので銀行無理込みで前日か当日に紙で貰えます。

 

ダンプ運転手の仕事を探すコツとは

殆どの会社の場合で「大型免許」が必要になることが多いので始める前に習得しておいた方がいいですね。

そしてダンプ運転手は荷下ろし作業がないのでチェックする項目は休日、福利厚生、などです。

それと稀ですが「長距離」を走る場合もあるので、日帰りしたい人はそこもチェックしたほうがいいですね。

会社によっては日給制を導入している会社もあるので「雨降り休日」に対してなにも保証がされていない場合もあります。

雨が多い時期だと休みが増えて収入が減る!っという事もあるので選ぶ会社がそれをどのように対応しているのかを確認したほうがいいです。

 

まとめ

 

他の大型ドライバー達と比べがちになりますが、お金だけをみてはダンプ運転手の魅力は図れません。

最大の魅力である「荷下ろし作業無し」という魅力はトラックドライバー中でも特殊な仕事です。

そして年配者や女性ドライバーも多く働いているのでダンプ運転手は働きやすい環境だと思います。

タイトルとURLをコピーしました