スポンサーリンク

トレーラー運転手は過酷できつい?仕事内容や辞める理由を暴露!

トレーラー運転手 ドライバー全般
スポンサーリンク

 

長い車体を走らせて、時には狭い場所にも入っていくトレーラー車。

そのドライバーの運転技術に惚れ惚れする人も多いのではないでしょうか。

しかし、そんなトレーラー運転手の仕事内容はあまり知られていないかもしれませんね。

今回は中々知られていないトレーラー運転手の仕事の流れや、荷降ろし作業ってドライバーがするの?しないの?といった疑問に答えていきたいと思います。

是非最後まで読んで参考にしてください。

 

トレーラー運転手の給料や年収、給料明細に関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

トレーラー運転手の給料は安い?年収や給料明細を暴露!
今回は トラックドライバーの中でも 収入面に期待が持てるトレーラー運転手について、色々と解説していきたいと思います。 トラック業界の基本として抑えておきたいところが「車が大きければ給料も多い」これが基本となります。 とな...

トレーラー運転手とは!必要な資格と条件は

 

必要な資格は大型免許とけん引免許が必要となりますが、運ぶ荷物によってはほかの免許も必要になってくる場合があります。

例として危険物取扱免許です。

それと、運転技術も重要になってきます。

免許を持っていても実務経験が無ければ一人立ちするまでに時間がかかります。

他のトラックと比べても運転技術を求められるジャンルなのでトレーナー車の距離感を掴むまでは苦労をするかもしれません。

 

トレーラー運転手の仕事内容や1日の流れとは!

運ぶ荷物の内容で出勤時間もバラバラなのがトレーラー運転手です。

どの時間帯でもいえる1日の流れは

・積地で荷物を受け取る

・卸地で荷物を降ろす

これを繰り返す回数は状況次第

基本はこれしかありません。

荷物を受け取るのも降ろすのもドライバーが触る事は殆どありません。

私が知っている食品関係と医薬品関係のトレーラーの仕事の場合でも手降ろしは絶対にありません。

そのかわり海上コンテナと違って多少は触ります。

その内容も簡単なもので肉体的に大変な事はありませんが、食料品と医薬品は長距離輸送の場合もあります。

当然、日帰りでは帰ってこれなくなります。

 

トレーラー運転手は過酷できつい?

トレーラー運転手は肉体的にきついことは殆どありません。

基本、荷物をドライバーが触ることがないからです。

しかし、運転とは本来非常に疲れるものです。

トレーラー運転手の中には長時間の運転する場合もあるので、その場合にはきつくなると思います。

そして、出勤時間などが毎日バラバラだとそれも肉体的にはきつくなるかもしれません。

つまり荷降ろし作業などの疲労以外は十分あります。

 

トレーラー運転手を辞める人の理由とは

実際に辞められた方の話を聞いて意外と思ったのが【腰を痛めて辞めた】という話です。

荷物を触らないのになぜ腰を痛めるのか?そう疑問に思いましたが理由を聞いて納得しました。

それは 運転とは本来腰を悪くする。

意外と思うかもしれませんが実際にトラック乗りは腰痛持ちが多いのですが、その原因の全てが荷物を持った時に痛めてるわけではないのです。

運転している姿勢だったり、昔の車はエアサスなどありませんから乗り心地はよくありません。

それが原因の一つとして徐々に腰を悪くし仕事を辞めるしかない程に悪化してしまうケースもあるようです。

そして海上コンテナの運搬などの近場~中距離は、思ったほど給料が高くない場合もあります。

そう言った理由で辞められる人もいます。

 

トレーラー運転手への転職を成功させるコツとは

他のトラックドライバーに比べると募集の数は少ないので、確実に就職するためにも大型免許 けん引免許 は取っておいた方がいいでしょう。

殆どの会社がそれを習得しているドライバーを募集しています。

それと給料を多く貰いたいと思えば長距離輸送がある会社がお勧めです。

トレーラーとはいえ近場~中距離だと、給料はそれほど高くありません。

ですが必ず日帰りで帰れる魅力と、荷下ろし作業がない事はセットになっているのでトータルでみればトレーラー運転手は目に見える金額よりも待遇がいいと思います。

 

まとめ

 

 

ドライバーの中でも荷物を触らなくてもいいジャンルのトレーラー運転手。

その業務内容はそれほど過酷ではありません。

しかし長時間の運転をする場合は疲労は蓄積されて、きつくなるかもしれません。

選ぶ会社によっては人によっては過酷に感じるかもしれませんがそれでもトレーラー運転手は他のドライバー達よりは優遇されています。

タイトルとURLをコピーしました