スポンサーリンク

富士運輸の評判や給料明細を暴露!給料や年収、ボーナスはいくら?パワハラや仕事がきつい噂は本当?

富士運輸ドライバーは稼げる 運送会社
スポンサーリンク

 

創業以来あらゆる貨物の輸送を手がけ、これまで培った全国グループを拠点とした長距離輸送の「ロジティクス・プロバイダー」として今もなお、物流界に新たなステージを確立し続ける富士運輸。

どこの路線会社にいっても必ずといっていいほど大手に入り込んでいるすごい会社です。

私も富士運輸のドライバーさんには知り合いが多いです。

給料や年収もそうですが労働時間なども他の運送会社に比べるとしっかりと守られている感じです。

きついという噂もありますが走るコースや入る路線会社によって仕事内容はかなり変わってきます。

例えばヤマト運輸の路線便ならカゴ輸送ですからきついということはありませんよね。

そのようなことからきついという話は運送業界によくある「コースによっては」ということになります。

富士運輸の給料や年収、勤務地などはこちらから確認することができます。

富士運輸の給料や年収に興味のある方はこちらからどうぞ>>

 

さらに詳しく富士運輸の会社概要や給料事情、年収と給料明細・仕事のキツさなどを知りたい方は下記をご覧ください。

評判や口コミと合わせ、富士運輸ドライバーへの転職を成功させるコツなどにも触れていきます。

私が直接聞いた話や現場で富士運輸のドライバーさんを見て思ったことなど参考になれば幸いです。

富士運輸のもっと詳しい情報はこちらから!

富士運輸の給料や年収などのリアルな情報や求人募集はリクナビで探す事ができます。
今すぐ転職する気がなくても富士運輸の新規求人や設定した条件に合った企業があると知らせてくれるので必ずお気に入り登録をしておきましょう。
富士運輸は超人気の会社なので最新の情報を誰よりも早くゲットすることがコツです。

>>リクナビで富士運輸の最新情報をゲットする

※登録は超簡単5分で完了します。
※ずっと無料で使えるので他の職業なども含めて情報収集にご活用ください。

 

富士運輸の会社概要とは

 

正式名称「富士運輸株式会社」創立は1978年(昭和53)4月25日 奈良県奈良市北之庄町に本社を置き、社員は1400名、グループ企業全体を含めると1700名を超えると言われおります。

大型を中心とした車両台数では1220台以上を保有しており、資本金3000万円、売上高は291億円としながら航空貨物・郵便輸送や路線便の輸送を中心とし、空調車や特殊な航空貨物仕様の車両など全国でもシェアが高いことで知られている大手物流企業であります。

 

富士運輸ドライバーの給料や年収はいくら?


初任給から昇給するまでをドライバー全体で見ると「平均月収は35万円以上」とされますが、これも「あくまで」であり、全体をおよそで出した平均額であります。

富士運輸ドライバーの場合、企業自体が長距離業務をメインとしている会社だけに、各ドライバー達の業務も多くが長距離の路線業務となります。

各ドライバー達の勤続年数や業務内容であるエリア、それによる諸手当の付き方から、タイムスケジュールによる勤務日数などによっも変わってきますので、ここで「出されている平均値」は一概には言えるものではありません。

同じく富士運輸ドライバーでの平均年収額も、同条件の下で約480万円と言われています。ちなみに富士運輸での研修期間とされる「見学で学ぶ期間」は、実際に仕事がなく見学だけでも通常の給料としての給与が発生し、最月から20万円ほども貰えるそうです。

また退職金は勤続3年以上からとなっています。

 

富士運輸の大型ドライバーの給料は?

富士運輸の大型ドライバー(10トン)は長距離なら給料は月収36万から52万円となっています。

仕事内容は大手運送会社の定期便がメインになります。

実際私の知り合いにも富士運輸の長距離ドライバーが多くいます。

たいていの路線会社には入り込んでいますね。

※路線ドライバーになる方法はこちらの記事でかなり詳しく説明していますのでご覧ください。

富士運輸は初心者でも横乗り研修がしっかりしているし労働時間も他の運送会社と比べたら守られているほうです。

本当にたくさんの取引先があるのでドライバーは色んな仕事に対応できなければいけません。

しかし慣れてくると同じ便を定期で走らせてくれる場合が多いです。

 

富士運輸のボーナスはいくら?

富士運輸のボーナスは年2回で1回につき20万~50万円となっています。

この金額が高いのか安いのかについては、一般の物流ドライバーの平均賞与が年2~3回で1回につき30万~50万円ということを考えると、富士運輸のボーナスは一般のボーナスとほぼ同等と見ることができます。

しかし、口コミなどを見ていると、上記の額より低いボーナスを支給されている方もいるので、会社の規定などで変動するのかもしれません。

ちなみに、年収は400万~450万円となっており、給料は30万~40万円と、こちらも一般の物流ドライバーの平均とほぼ同等となっています。

口コミの情報を見ても給料面での批判に関してはそこまで無い印象です。

 

富士運輸ドライバーの給料明細とは

以下は中途入社3年以上勤務されてる40歳男性正社員の給料明細をもとに、以下を例として書き記しております。

(中途入社3年~10年未満で2010年度在職時の40歳男性正社員)
●月給●
—————————————————————————————————————————————–
基本給      時間外手当     役職手当     資格手当
80,000円      100,000円    210,000円     10,000円
—————————————————————————————————————————————–
住宅手当      家族手当      通勤手当     その他手当     月給合計

0円         0円      10,000円       0円     410,000円
—————————————————————————————————————————————–
●賞与●
—————————————————————————————————————————————–
定期賞与(2回計)  インセンティブ賞与   決済賞与(0回計)   賞与(ボーナス)合計790,000円         0円         140,000円         930,000円
—————————————————————————————————————————————–
●勤務●                                ●年収●
—————————————————————————————————————————————–
総残業時間    サービス残業    休日出勤    所定労働時間
月100時間      月0時間      月1日     1日8時間    585万円
—————————————————————————————————————————————–
■基本給            80,000円
■時間外手当           100,000円
■時間外手当以外の手当    230,000円
—————————————————————————————————————————————–
※みなし残業制度:なし

富士運輸は大手と取引してる事から仕事の単価の割合が比較的大きいとされているようです。

その分ドライバー達の給料にも反映される傾向もある事から、長距輸送の場合、トラックを長く走らせば走らすほど運賃が高くなりますので、この場合で見ても基本給は少ないが、時間外やそれ以外の手当で殆どを賄って行く形となっています。

給料をあと5万円上げたくありませんか?
下記のページをご覧いただけると簡単にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

富士運輸ドライバーの仕事はきつい?

先述しておりますが、富士運輸でのドライバー業務では長距離運転での業務が多いので、自ずと拘束時間は長くなります。

基本的にどの運送業者においても長距離運送ではれば労働時間は長くなりキツくなるか傾向にありますが、富士運輸では国内各地にある支店に「仮眠室が完備されてる」など、長距離ドライバー達の労働時間にも気を使っており、それが結果として安全面への配慮となってます。

以上の事からも国内において他の運送会社との比較では、「無理なく仕事ができる労働環境」からも総合的な考えで見ても「比較的キツくない」とも言えます。

私自身も富士運輸にいる多くの知り合いを見ていても運送会社の中では労働時間などは守られているほうだと感じています。

富士運輸で実際に働いていたドライバーさんに仕事のきつさや給料面などについて記事を書いて頂きました。

リアルな情報を欲しい方は絶対に読んでみて下さいね!

富士運輸の長距離ドライバーの給料は安い?年収や手取り、給料明細について!
※この記事は実際の富士運輸の元長距離ドライバーさんが書いています。 私は富士運輸に長距離ドライバーとして数年間勤務しておりました。 この記事では嘘、偽りなく元.富士運輸の長距離ドライバーのリアルな収入例を赤裸々に書きます。 ・担当...
富士運輸の長距離ドライバーはきつい?仕事内容や1日の流れ、リアルな口コミ評判とは!
※この記事は実際の富士運輸の元長距離ドライバーさんが書いています。 元.富士運輸の長距離路線ドライバーによる富士運輸のリアルな業務内容やリアルな運行スケジュールを分かりやすく簡潔に説明します。 ・他の路線屋との違いは? ・扱う荷物はど...

 

富士運輸はブラック?

「富士運輸はブラック」とネット上で見かけることがたまにあります。

このような書き込みは大きな運送会社の宿命と言えるでしょう。

この業界歴の長い私から見て富士運輸がブラックなら日本中の庸車(協力会社)は全てブラックになるでしょう。

例えば、ある路線会社に入り込んでる富士運輸の例では労働時間の関係で「2軒までしかケツ取りはとれない」など元請け企業にはっきりと断りをいれています。

これは正直ドライバーからしたら嬉しい話です。

労働基準がうるさくなってきている昨今では、富士運輸は労働時間を極力守る方向で仕事を請けている数少ない企業と言えます。

入ってはいけない運送会社はこちらの記事で詳しくご紹介しています。

 

富士運輸にパワハラ問題はある?

Googleなどで富士運輸について検索すると付随するキーワードに「パワハラ」があります。

そこで、口コミなどで富士運輸にパワハラがあるのか調べてみた所、単なる「」の説が高いです。

口コミやネット掲示板などを見てみても、教育に関する意見や個人的な上司への愚痴などはありましたが、パワハラやいじめを受けたという口コミは一つも見受けられず、人によってはいい上司や同僚に恵まれたとコメントしている方もいたので、パワハラがあるという話は単なる噂だと思われます。

このような信憑性の薄い噂が広がってしまうのは大手企業にとってはよくあることなので、仕方ないこととも言えます。

ちなみに批判的な意見で多かったのは、長距離輸送における拘束時間やきつさに関する内容や、残業についての批判が多かった印象でした。

実際に私の富士運輸の知り合いドライバーからもパワハラやモラハラのような話は聞いたことがありませんし、長距離に関しても正直どんな会社のドライバーも多少の愚痴はこぼします。

私から見てえげつなくきつい行程の仕事をさせられている感じは受けません。

コースや時期によってはそのようなきついこともあるかもですがどこの運送屋にでもある話程度だと感じます。

 

富士運輸に向いてる人は

富士運輸は取引先が800社以上もある運送業界ではかなり有名な会社です。

当たり前ですが会社の看板を背負って現場に行くドライバーには礼儀や社会人としてのモラルが要求されます。

もし高速道路で事故でもして止まっていたらあっと言う間に「富士運輸が事故っていた」と噂が広まるでしょう。

それほど有名な会社ということです。

服装も富士運輸のカラーである青のユニフォームで統一されています。

暑いからといって肌着で作業をするようなドライバーは誰一人としていません。

逆に言うと緩い感じの庸車が好きな人には合わない可能性もあります。

会社の社風とドライバーの性格は密接に関係があります。

入社や転職をお考えの方は一度性格診断チェックをすると良いでしょう。

性格診断テストはこちらからどうぞ>>

無料で利用できるのでご安心ください。

かなり明確な性格診断ができます。

 

富士運輸ドライバーの評判や口コミ

富士運輸の場合、事前に申請等すればきちんと休める「有給休暇」があります。

またこの会社では、労働に関した法令の遵守により労働時間もきちんと守られている為、最低一週間に1日は休みが取れるようにされており、福利厚生の方でも不評はあまり聞かれません。

ほとんどの運送会社では、「休みが無い」や「人使いが人間とは思ってない程の使いよう」などと散々な言われようの「ブラック会社としての認定」が多い中、富士運輸では法令遵守の下、ドライバー目線での安全を重視しており「今後の労働環境も良くなる見込み」という意味から、印象としてはかなり良い方だと思われます。

また富士に転職した私の知り合いによると同じ現場の仕事をしても富士運輸のほうが給料が良かったという実際の体験話も聞いております。

運送業に関する口コミのまとめはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

 

富士運輸ドライバーに転職しても大丈夫?

基本としてどの会社に転職をするにしても、必ず抑えておく共通したポイントというものも決めておきましょう。

そのポイントと言うものもいろいろありますが、まず自分が決めた会社での給与形態・待遇福利厚生から、この会社での平均年齢や何歳まで働けるのかなどの他、自身と同代のドライバーなどがどれほど勤めておられるのかも、転職エージェント等活用する場合にも転職する際の重要な参考データにもなります。

何よりも重要なポイントとしてやはり、全ては人間が行う事であり転職する自分も含め、人間同士どのような形で「富士運輸ドライバーとしての立ち振る舞いが出来るのか」を考えるのかが「ドライバーとしての今後の人生を決める鍵」となり、「転職を成功させるコツ」にもつながるのではないでしょうか。

富士運輸は最大手の宅配・運送会社と取引があり走る会社によって仕事内容や積み込みかたが全然変わってきます。

逆にいうと自分にあった仕事に出会えるかもしれません。

走りたい仕事や路線会社の希望があるなら転職エージェントに相談して交渉してもらうのも一つの手かもしれません。

富士運輸は庸車(協力会社)としては日本有数の企業であり安心して働ける会社だと思います。

 

富士運輸の情報収集や転職をするには

トラック運転手におすすめの転職エージェント
富士運輸の実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。
転職に関しても最近の運送業界では転職エージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。
運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

 

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。

これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業を探しましょう。

>>リクルートエージェントで富士運輸の相談をする

まとめ

 

今回は富士運輸という運送会社のドライバーの給料事情についてまとめて参りましたが、世間で一般的な運送会社と同じく、給料面では決して良い条件ではありませんが福利厚生等の待遇の良さが行き届いてることにより、従業員などからの評判・口コミなどが良いとされています。

リアルな観点で言えば「関係者としては、すでに枠から外れた立場の方などの意見」や「第三者的な立場的な方の客観視からの意見」も取り入れた上でのリサーチも大切でしょう。

運送業界では日々、全てにおいての状況も移り変わっており、それは富士運輸でも然り。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました