スポンサーリンク

地場配送ってきついの? 仕事内容や口コミ、評判を暴露

地場配送ってきつい ドライバー全般
スポンサーリンク

 

地場配送と聞いてまずはなに思い浮べますか?

時間に追われていそう、重たい荷物を沢山の運ぶなどいろんなことを想像しますよね。

そんな地場配送ですが、『?』という人にも分かるように6つの視点からお話します。

地場配送はきついのか、仕事内容や口コミ、評判などにつして解説していきます。

 

※地場配送のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗地場配送の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

地場配送とは

 

まずは、地場配送って何?から説明します。

配送といってもいろんな種類があります。

簡単に長距離、中距離、近場(地場)です。

地場とは、地域という意味で使われていて配達元からの距離が200km程度までとなります。

トラックの大きさは、一番使われているのが、2トン~3トン車の箱車タイプです。

小さい車だと軽トラック、大きい車だとトレーラーなど会社によって多少の違いがあります。

比較的、近い距離の配達ということもあり日帰りが普通です。

 

地場配送の仕事内容とは

 

仕事の内容は、大きく分けると3種類です。

定期便、専属便、フリー便となります。

《定期便》

基本的には、同じ出荷元から決まったお客さんの所への配達です。

同じ時間に同じお客さんの場所へ向かい同じ荷物を扱います。

朝から、昼から、夜からなど時間帯はまちまちですが同じ仕事の繰り返しです。

 

《専属便》

ある特定の出荷元からの荷物だけを扱うの仕事のです。

定期便と同じような仕事ですが出荷元が同じだけで配達先は日々違います。

例えるなら、宅急便のような感じです。

こちらも、時間帯はまちまちです。

 

《フリー便》

名前の通りなのですが、毎日違う出荷元から違うお客さんの所へ配達です。

忙しい時にはいろんな所から仕事が依頼されますが、普段はある程度の決まった出荷元があることが多いです。

 

地場配送はきつい?

 

地場配送は基本的には沢山の配達件数を持ちます。

そのために時間内に配達を終わらせる必要があります。

また、中には重量物(一人で持てる)もあるため、ある程度の体力は必要となります。

はじめはどんな仕事でも大変なことが多いですが、慣れれば特別難しい仕事ではないので誰にでもできる仕事です。

仕事内容が大変な日ももちろんありますが、長距離ドライバーと違って、毎日家に帰ることができます。

その点が地場配送を選ぶ人にとって重要視されています。

仕事終わりはやっぱり毎日家に帰りたいですよね…

 

地場配送の口コミや評判とは

 

口コミについて調べてみました。

《40代男性》

ずっと長距離トラックの運転手としてやってきました。

しかし自由な時間がなく地場配送の仕事に転職しました。

最初は、沢山の荷物を扱うので体力的に大変でしたが、慣れてくると配達時間にも余裕が生まれ、体力的な面も慣れてきました。

また、家に帰る時間も早くなり家族との時間も増えました。

転職して良かったと思います。

 

《30代男性》

地場配送の運転手になりましたが、思っていたよりも体力的にキツイし、給与も安い。

《30代男性》

長距離ドライバーとして高収入を取るか、地場配送ドライバーとして時間を取るか迷いました。

どちらも仕事内容はだいたい同じですが、何を重要視するかは人それぞれ違うと思います。

運転も重い荷物も扱う仕事なので、収入は長距離には及びませんが体をいたわる意味でも地場にして自分は良かったです。

 

 

一部をご紹介しましたが、こういった意見がありました。

走る距離や目的地などは違えど、大体の仕事内容はトラックドライバーとして大差はありません。

しかし、それぞれ何を選ぶかは違います。

結果として、地場が合っている人もいれば合わなかった人もいます。

それ以外にも、性格的に長距離が向いている人もいるので、自分には何が合っているのか見極める必要もありますね。

 

地場配送の給料や年収はいくら?

 

年収の相場は、およそ380万円前後という金額が多いようです。

単純に月収にすると、およそ30万円弱といったところでしょうか。

定期便、専属便はほとんどが固定給方式です。

仕事の量に左右されませんので、安定した収入となります。

フリー便に関しては、少しはちがいます。

配達距離や荷物の個数等で変化する歩合給になることが多いようです。

自分次第で稼げます。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

地場配送の志望動機の書き方

 

今の運転手業界は慢性的な人材不足です。

正直な話、社会人としての一般常識が身についていて、運転免許があればよほどひどい人でない限り雇って貰えるのではないでしょうか。

それだけ運送業界の人手不足は深刻な問題となっています。

ですが、現役ドライバーからすればそんな甘い仕事ではないと言われるでしょう。

荷物を運ぶという仕事内容だけでみれば単純ですが、それが=簡単という事にはなりません。

重い荷物を積み込む体力、長時間の安全運転ができる集中力、時間を守る、荷主とのコミュニケーション能力、道路交通事情などの把握等いろいろあります。

どれか得意とするものがあればそれを売り込む志望動機を書きましょう。

車が好き、運転が好きなどドライバー業をしている人の多くがそれに当てはまっています。

仕事に繋がる長所と前向きなやる気を書くのが重要です。

 

地場配送ドライバーのもっと詳しい情報収集や求人はこちら

トラック運転手におすすめの転職エージェント
地場配送ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで地場配送ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで地場配送ドライバーの相談をする

まとめ

 

地場配送の仕事は、最初体力的に大変だという意見が多いように思いました。

しかし、慣れれば時間も、余裕も生まれ、自分や、家族時間の充実につながるように思います。

時間を大切に使いたい人などは地場配送がいい転職先ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました