スポンサーリンク

産業廃棄物ドライバーはきついって本当?必要な資格や年収や求人情報

産業廃棄物ドライバーはきつい ドライバー全般
スポンサーリンク

 

産業廃棄物って何?と思う人も多いかもしれません!

日常生活の中で出会う人も限られているのがこの産業廃棄物です。

簡単に言えば、原油、泥水や焼却炉で燃やした燃え殻などのことを言います。

それでも中々ピンとこないものもあるかもしれません、鉄くずなどもそうです!

しかし、なくてはならない大切な職業でもある産業廃棄物のドライバーについて今回はお話します。

産業廃棄物ドライバーはきついのか、必要な資格や収入面、求人情報について見ていきます。

 

※産業廃棄物ドライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗産業廃棄物ドライバーの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

産業廃棄物ドライバーの仕事内容はどんなもの?

 

産業廃棄物のドライバーの仕事は基本的には運転がメインです。

たくさんの場所で工事をしたり工場が存在していますが、そのような場所ではたくさんの産業廃棄物が出ます。

これらは一般のゴミと一緒にできないため、特別に決められた処理方法で処理をします。

産業廃棄物ドライバーの仕事は、この特別な産業廃棄物が出た場所に行き回収をし、決められた処理をする処理場まで運ぶ仕事が産業廃棄物のドライバーの仕事です。

 

産業廃棄物ドライバーに必要な資格はなに?

 

資格は大型免許を持っていれば基本的には困ることはないでしょう!

産業廃棄物ドライバーは名前の通り基本的にはドライバーの仕事なので、逆に言えば免許がないとドライバーさんとして働くことが出来ません。

会社によっては普通免許さえ持っていれば、会社に入ってから免許を取らせてくれる会社もあります。

そういう意味では最低でも普通免許は持っていた方がいいです。

あなたが入ろうとしている会社に一度問い合わせてみるのもいいかもしれません。

あとは、産業廃棄物は物によっては危険なもの、重量のあるものもあります。

重量があるものが荷台に乗ったりすると、運転の感覚は全く違います。

私もトラックで重いものを乗せて運転するときは必ず気を付けています。

特に、ブレーキが思っている感覚では効かないので早い段階で減速したりします。

このように、乗用車との感覚の違いがあったりもするので、経験が必要ですが、少し運転が違うという事だけは頭に入れておいてください。

 

産業廃棄物ドライバーの給料や年収はどれくらい?

 

年収でいうとかなり幅がありますが300万~600万くらいが相場と言えるでしょう。

比較的金額的には良いと思います。

当然ボーナスなども込みでの金額です!

私は、仕事柄身近に感じる存在の人たちですが、接点がない人は本当に接点がなく、産業廃棄物という響きのイメージが良くないのは正直ある気がします。

介護の仕事でもよく使われる3K[きつい・きたない・くさい]などのイメージがある気がしますし、産業廃棄物のものによってはそれに該当するものもあります。

その3Kがあるので給料は少し高いのかもしれませんね…

しかし、仕事なのでやっていけば慣れると思いますが、臭いなどは体に結構残ることがあります。

私は油を使う事がありますが、一日使っただけで結構臭う気がします…

なので、それらのマイナスと給料を比較してみて、良いのか悪いのか判断してみてください!

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

産業廃棄物ドライバーに向いてる人の特徴

 

まずはドライバーさんなので運転が好きであることに越したことはないでしょう。

仕事内容のほとんどが運転なので、運転が嫌いな人は長続きできない可能性があります

長続きしないと昇給もないので、勿体ないと思います。

運転が好きでなくても、仕事だと完全に割り切れる人ならいいかもしれませんね。

私は仮に転職したらこのタイプです。

今も運転は好きでなないですが割り切っています。

あとはコミュニケーションを取るのが苦手な人もいいかもしれません。

大人数の中で仕事をするわけではなく、ある程度自分の一人の時間も作れます。

一人が苦にならない人も向いているでしょう。

そして、交通ルールを守る人です。

仕事上では社名が入っているので気を付けるでしょうが、プライベートで事故や違反をしても、免許に響きます。

免許取り消しなどをプライベートでした場合、仕事が出来なくなります。

一気に失業になるので注意が必要でしょう!

これらが、特に向いている人の傾向でしょう!

これは個人的な意見ですが腰痛持ちなどの人にはオススメしません

座っていることが多くなる仕事なので、かなり腰には負担がきます!

これも頭に入れておいてください!

 

あなたは産業廃棄物ドライバーに向いていますか?

産業廃棄物ドライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

🔗産業廃棄物ドライバーに向いているかチェックしてみる

産業廃棄物ドライバーの求人情報はどこで見れる?

 

求人は、今では携帯からでも簡単に見られますし、お近くのハローワークでもいいですし、新聞をとっている人なら広告、街にいろんな場所にある求人のチラシなどでも見れます。

特に充実しているのが、やはりネットを介してみる方が多いので、ネットで見る方が簡単ですしたくさん見られると思います。

加えて、ある程度自分の希望に合わせて条件も絞れるのでより自分に合っているものを探せると思います。

産業廃棄物ドライバーのもっと詳しい情報収集や求人はこちらからご覧ください。

トラック運転手におすすめの転職エージェント
産業廃棄物ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで産業廃棄物ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで産業廃棄物ドライバーの相談をする

まとめ

 

産業廃棄物ドライバーさんの仕事が何となくでもどんなものか、分かってもらえたら嬉しいです。

そこまで注目されることが中々ない職業かもしれませんが、産業廃棄物のドライバーさんがいなくなると世の中的にはかなり困ります。

それに、今の時代AIで仕事がなくなる業種も増えたりするでしょうが、このお仕事は中々AIだけ行う事は出来ない仕事です。

将来性、給料面、転職などいろんな面でまだまだメリットが多そうなお仕事なので、ぜひ、今一度興味を持っていただけると嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました