スポンサーリンク

トラックドライバーはかっこいい!モテる理由や浮気が多いって本当?

トラックドライバーはかっこいい ドライバー全般
スポンサーリンク

 

皆さんはトラックドライバーと言えばどんなイメージをお持ちでしょうか?

男女性別を問わず「働く姿」というものには理屈抜きでのカッコ良さがあり、トラックドライバーにもある意味「特殊な魅力」さえ感じられるものです。

と言うわけで今回では、その「トラックドライバーのカッコ良さ」から「モテる理由」についてを軸に置き、そこから「男女関係にも発展しがちな実情」までを暴露します!

あとそれらに加えて、「トラックドライバーとしての仕事内容」から「収入面」までも簡単にまとめて参ります。

 

※トラックドライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗トラックドライバーの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

トラックドライバーはかっこいい人が多いって本当?

 

まず冒頭文にも挙げてる通り、どのような仕事であっても ”一生懸命になれる姿” であれば全てはかっこいいものであります。

特にこの業界で活躍される多くは「根本としてのトラックドライバー好き」である事から、必然的に「かっこいい人」が多いとも見れますね。

 

■「積み荷を任された責任感」を持つ姿。

■「この仕事が好きだ」という充実感の現れ。

■様々な仕事内容に対応出来な体力。

■運転技術(それらに関するスキル等)の高さ。

 

など何気に挙げてもこの4項目は印象としても目に入りますよね!

現在では女性達(女性トラックドライバー)による活躍の場としても広く認知されてるだけに、「男女問わず運転が上手い」だけでも魅力的に映ります。

働く姿としてのカッコ良さをより際立たせる職業となれば、それはまさにトラックドライバーであり、この仕事での働く姿は「まさにかっこいい姿」なのです!

 

トラックドライバーがモテる理由とは

 

これも先の項目に有る「かっこいい人」の内容に比例しており、人間「かっこいい生き様」となれば不思議な事に「理屈抜きで人を惹きつける魅力」が備わってきます。

つまりトラックドライバーに限らずともその魅力は「その人の容姿や見た目」では無く、「にじみ出た味」というものではないでしょうか…

もちろん働くトラックドライバーであれば「仕事が出来る」や「運転が上手い」はモテる上での要素にもなりますが、たとえこれらをクリアしなくとも「一生懸命」であり、「仕事自体を好きでいる事」が何よりも最強と言えます。

 

自分の適正年収を把握していますか?
今回貰えるべき適正年収を調査したところ年間で100万円以上損をしていることが判明しました。
ご自身の推定年収は必ずチェックしておきましょう。
無料診断で料金は一切かかりません。

>>損をしていませんか?自分の適性年収を調べてみる

トラックドライバーは浮気が多いって本当?

 

結論を問われれば「本当」となります…

ただこの場合、全てのトラックドライバーに該当するわけでは無いのは確かであり、比率としても男性が多いとも言われてます。(殆どが男性でありますが…)

実は私の知人にもトラックドライバーが居り、やはりどちらかと言えば「浮気をするタイプ」として以下に該当しておりました!

 

●長距離であれば家に居る(帰る)期間が短い

●短距離や地場回りでも「自身で意図的に」帰宅時間を調整できる

●夜勤などでの出勤時間を調整できる(コレも意図的に…)

 

などなど… 

私自身の簡単な分析から見ても上記の3項目は「必ず」と言っても良い程のあるあるでしょう!

まぁ、ある意味「スキだらけ」とも取れるワークスタイル! ですね。

 

トラックドライバーの出会いの多い場所とは

 

先述した「浮気が多い」などの内容に並び、ハッキリ言って勤務中に出会う機会がなくとも「本人の意思次第」では時間や場所の都合付けなどは簡単です。

ただしこの場合だと「足が付く」為バレるのも時間の問題。

あえてリスキーな方法は誰も取らないでしょうね…

そこで多く挙げられる出会いの場が「会社で取引されてる荷受け先」であり、「相手となるのもそこのスタッフ」と言われてます。

あと同じく多いケースでは近年では「通称トラガール」と呼ばれる「女性ドライバーとの情事」、つまり同業者との色事(いろごと)です。

同じドライバーとして出入りされる場所が共通していれば… こうなればもはや想像に難しくないです。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

トラックドライバーの仕事内容とは

 

長距離や中距離、または近距離(主に地場周り等)であっても基本的な仕事は「取引先から指定された先への輸送」であり、それらには「集荷・荷積み・荷下ろし」なども一般的な仕事内容として含まれております。

そこから上記をベースとして「それぞれに在る会社やその業務内容」、あと「ドライバー自身に関わる細かな条件」などによっても労働環境に大きく違いが出ます。

ただ難しく考えずに結論付ければ「トラックドライバーとしての仕事は基本が全ての業務で共通」しており、システムや仕組みも至ってシンプルと言えます。

 

トラックドライバーの平均年収はどれくらい?

 

一般的に公開されてる数値としては約380~400万円とされております。

これも「月並みデータ(平均値)」としてではありますが、国内での職種を問わないデータで見ても「平均年収は比較的低い傾向」にあるようですね…

ただこれは全国的な平均値であり、先で述べておりますが「ドライバーそれぞれに在る条件」によっては年収や月毎の収入には大きな違いが出てきます。

つまり「あくまでデータはデータ」であって、「実状となれば収入も十人十色」なのです。

 

失敗しないトラックドライバーの転職方法はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
トラックドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントでトラックドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントでトラックドライバーの相談をする

まとめ

 

今回トラックドライバーを軸にした「色事(いろごと)にまつわるテーマ」から、その根底にある「トラックドライバーとしての魅力」をモテる理由として検証してみました。

これまでを見ると、確かに私自身もトラックドライバー特有の「男らしさからにじみ出るかっこ良さ」を様々な要素からも垣間見れ、それがたとえ女性ドライバーであっても「むしろより際立ったかっこ良さ」にも映ります。

つまり「モテる=魅力」であり、その魅力はトラックドライバーであるからでは無く「あくまでその人次第」となるのです!

タイトルとURLをコピーしました