スポンサーリンク

重機オペレーターはきついし辛い?仕事内容や将来性について

重機オペきついしつらい 転職
スポンサーリンク

 

どんな仕事でも必ずといって、きつい瞬間や辛い瞬間というのがあります!

それが肉体的なのか精神的なのかは時と場合でしょう。

そして今回お話しする重機オペレーターという仕事も、そのような瞬間が必ず来ると思います。

それはこの仕事に限らずですが…

今回はこの重機オペレーターについて色々とお伝えできればと思います。

あなたの想像するものかどうかなどと比べてみてください。

 

※重機オペレーターのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

・簡単登録で無料で利用できます。
・アドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。
・情報収集にもご利用ください。

🔗重機オペレーターの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

重機オペレーターの仕事内容とは

 

そもそも重機オペレーターってどういう仕事かわかりますか?

正直私は最初わかりませんでしたが、仕事の内容を聞くと日ごろの生活やテレビなどで見ているかもしれません。

重機オペレーターとは、重機を運転する人の事を言います。

身近なところでいうと、フォークリフトやショベルカーなどが見る機会が多いのではないでしょうか?

なので、重機オペレーターの仕事の内容は主に、重機の運転という事になります。

当然会社によったり、状況によってはそれだけではなく、事務作業や営業と並行で仕事をする人も出てくるかもしれません。

しかし、重機オペレーターの本来の仕事内容は重機の運転になります。

 

重機オペレーターはきついし辛い?

 

重機オペレーターの仕事はきつい、辛いと思われがちかもしれません。

おそらく重機を運転する人を見る場所によるかもしれません。

重機をあなたがよく目にする一つとして、テレビの災害などのニュースで見ることがあったりするからではないでしょうか?

災害の場所で、重機はものすごく頼りになります。

災害の場所で見たりするので大変なイメージがあるかもしれませんね…

実際に重機オペレーターさんの声を聞くと、

 

・基本的に同じ操作ばかり

・運転なので物や人にずっと集中するのがきつい

 

などと実際に言われています。

結局のところ、重機を操作し続けてみないと、使用したことない私たちでは判断できないところではあります。

実際のオペレーターさんの声は上記のようなことがきつい、つらいというようになっています。

 

重機オペレーターに必要な資格や年収に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

🔗重機オペレーターの資格や年収、向いてる人向いていない人とは!

 

重機オペレーターにセンスは必要?

 

どの仕事においても、センスがあるにこしたことはないですよね。

センスがある人がとても羨ましいです。

重機オペレーターでもセンスがある方が正直言えばスムーズに仕事が出来るでしょうし、会社からも重宝されることはあるでしょう。

しかし、センスがなくてもしっかり練習を積み重ねれば、通常の業務で動かせるくらいは誰もが出来ると思っています!

ただ当然センスがある人に比べれば、少し時間がかかったりするかもしれませんが日々の努力で補えます!

 

重機オペレーターがなくなるって本当?

 

これに関してもどの職業も、AIの発達のおかげで仕事が奪われ無くなると言われていますよね?

正直いうと、いずれはなくなるかもしれません。

でも、どの仕事も同じです。

しかし、まだまだAIで補えられるような仕事ではないのが重機オペレーターです。

私は何度か重機を操縦したことがありますが、かなり繊細な動きをしなくてはいけません。

上手い人の操作を見ていると自分の体のように扱っています。

それを通常の業務や、災害の場所で使うとなると、かなり慎重な操作の技術と、何よりも判断力が必要です。

動かすだけ、判断するだけ、などの1つのものでよければAIも出来るかもしれませんが、混合させることはそんなにすぐには出来ないはずです。

なので近い将来はまだまだなくならないと思いますよ。

 

重機オペレーターの将来性について

 

少し上記と似ているかもしれませんが、かなり先のいずれくるAIを無視して考えると、かなり将来性はあると思います。

私の身近にクレーンの運転手さんがいますが、かなり稼いでいます。

お金で判断するのは良くないかもですが、将来性の参考に!

その方は会社などに属さずに、個人で仕事をしているので何もかも一人で行っていますが、しっかりと結果を出しています。

個人だろうが会社でだろうが、重機オペレーターは今、若い人が少なく年配の人が多い職業になりつつあります。

そう考えると、なるべく早い段階で興味があるのであれば、オペレーターになれれば上の世代が引退したら長く活躍できます。

そういう意味でも、重機オペレーターの仕事内容的にも将来性はかなりある職業だと思います。

 

重機オペレーターになるには

 

重機オペレーターと言っても、たくさんの重機があり、たくさんの免許があります。

それは大きさ、運べる荷物の重さ、乗り物によって免許は様々です。

国家資格のものから、普通免許のような取り方のものまでこちらも色々あります。

最近では、この免許を持たずに会社に入って、会社に入ってから取らせてくれたりするところもあるので、自分が興味のある会社をまず調べてみてください。

そして、何になりたいかを絞れる人は絞った方が、選びやすいと思います。

重機は本当に種類が多いので、どれでもいいやと考えると、なかなか決まらないと思います。

重機オペレーターになるには資格があれば大丈夫です。

 

重機オペレーターの求人募集や転職のコツはこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
重機オペレーターの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近ではエージェントからの転職が主流になってきました。
転職にはエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

中でもおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで重機オペレーターの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の企業は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する重機オペレーターの求人が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで重機オペレーターの相談をする

最後に

 

重機オペレーターについておおまかに理解して頂けましたか?

たくさんの活躍の場があり、重宝される仕事です。

直接人と関わらなくても、間接的にたくさんの人のためになったりするのでとてもやりがいのある職業です!

ぜひ興味のある人は前向きに検討してみてください!

タイトルとURLをコピーしました