スポンサーリンク

フォークリフトオペレーターはきつい?必要な資格や給料、年収を暴露!

フォークリフトオペレーターきつい 転職
スポンサーリンク

 

はじめてフォークリフトオペレーターという言葉を聞く人もいるのでは?

フォークリフトは聞いたことはあるけど…という人が多いと思います。

フォークリフトオペレーターとは、フォークリフトを運転する人の事です!

中々フォークリフトオペレーターの人を見る機会がないと思いますが、私はよくホームセンターに買い物に行ったときに見ることがあります。

興味がある人はそのようなところに行って見るのもオススメです。

では、そのフォークリフトオペレーターの人の仕事はどういうものなのか?

きつい仕事なのか、必要な資格や給料について早速見ていきましょう!

 

※物流関係のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗物流関係の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

フォークリフトオペレーターはきつい?

 

どの仕事もそうかもしれませんが、慣れるまではきついかもしれません!

フォークオペレーターの人がきついと感じる仕事の理由はこちらです。

 

・環境

・仕事内容

 

の2つが挙げられます。

環境とは職場の作業する環境の事です。

フォークリフトオペレーターは会社にもよりますが、基本的には外気温に触れる機会が多いです。

なので、空調がある部屋で作業が中々出来ないので、夏は暑さ、冬は寒さできついという意見があります。

そして次に仕事内容ですが、神経を使う、飽きる、などの意見が多いイメージでした。

神経を使うは、基本的にはたくさんのものをフォークリフトで運ぶので、絶対に落とすわけにはいかないというプレッシャーです。

それとフォークリフトでの事故もあるので、運転という意味では車と変わらないので、それが神経を使うところでしょう。

飽きるに関しては、基本的には同じ動作でずっと同じことをしているので、このような意見も出るのでしょうね。

 

フォークリフトオペレーターに必要な資格は?

 

資格は運べる重さにもよりますが、フォークリフト運転技能講習終了証というものが必要になります。

通常の車の運転とは違い、道路を走る機会が少ないので、標識の知識などよりかは、技術が求められます。

また、道路などを走るには、また違う免許も必要なのでしっかり道の境界線だけは把握していてください。

それと、私の説明だとフォークリフトのイメージが一つだけのようになりますが、電柱などの電線を扱う人達や、看板を変えたりするためにもフォークリフトは使われますので、仕事の幅はかなりあります!

 

フォークリフトオペレーターの給料年収はいくら?

 

年収にして300万から350万円が相場です。

初任給をもらう時期の給料から、これくらい貰えるところが多いので、始めたばかりの人には結構良いと思います。

しかし、フォークリフトオペレーターの昇給などはあまりないらしいので、もっと稼ぎたい人などからしたら物足りないかもしれません。

なので、稼ぎたい人は働く先の会社で、管理職などの上の地位を目指したりする方も多いそうです。

平均相場で満足のいく人は、安全運転を心がけ、しっかり働いて、技術を高め効率よく働くことをオススメします。

 

フォークリフトオペレーターの給料明細とは

 

あなたが今もらっている明細と基本的なところは同じでしょう。

違いがあるとすれば、残業手当や、無事故手当、あとは冷凍庫などのマイナスの気温で働いたりしても手当てが出るところがあります。

会社によっては皆勤賞の手当てなどがあり、これは働く場所などでも変わってくるでしょう。

特に近年は、労働環境には様々な問題が起こっているので、よっぽどの会社ではない限りは、あなたが思っているイメージの給料明細がもらえると思いますよ!

 

フォークリフトオペレーターを辞めたい理由とは

 

始めたい理由もあれば当然やめたい理由もありますよね!

辞めたい理由にまず直結するのが、先ほど伝えたきつい部分入ってきます。

その他には、フォークリフトは荷物の積み下ろしを行いますが様々な荷物を扱うこともあります。

そもそもフォークリフトが使われる理由は、ある程度の重量物でも一回でたくさん運べるからです。

重量物の中身は異なるでしょうが、当然運んで失敗すると破損したり、納品できないものもあります。

そのようなことが起こると、多くの会社は保険などに入っているので保証は出るでしょうが、かなり精神的に凹んだりするでしょう。

そういう面が辞めたい理由に入ってくると思います。

それからトラックで運ばれる荷物の積み下ろしの際は、トラックの方も時間通りに来たくても渋滞などその日の状況で遅れたりすることもあります。

そのような外部からの影響を受けることもあるので、残業に急遽なることもあり計画が立てづらいことも挙げられるでしょう。

 

フォークリフトオペレーターの求人募集やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
フォークリフトオペレーターの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の物流業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業などでもエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

物流業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで30万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の物流会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで相談をしてみる

フォークリフトオペレーターはやりがいのある仕事

 

フォークリフトオペレーターの仕事内容などの事は少しでもわかって頂けましたか?

実際に一度でも、フォークリフトが動いているところを見たり、作業風景を見られるとよりイメージが湧くのでしょうが…

どの仕事もやりがいを見つけられると、きついことがあっても続けることも可能でしょう。

フォークリフトの運転は慣れるまでかなり技術の向上が必要です。

なぜなら、フォークリフトの構造上荷物を運ぶときは前が見えにくいからです。

それらを上手くできるようになる喜びは、物凄く嬉しいです。

ぜひ、あなたも興味があれば、そのような喜びや、やりがいを見つけてみてください!

タイトルとURLをコピーしました