スポンサーリンク

クレーンオペレーターはきつい?喧嘩が多いって本当?

クレーンオペきつい 転職
スポンサーリンク

 

仕事においては、喧嘩せずに上手く人間関係が作れればいいのですが、時には考え方の違いなどで喧嘩やぎくしゃくすることもあるでしょう!

私は性格的にそのようなことが嫌なので、上手く喧嘩にならないように、逆らったりなどはしないタイプではありますが…

あなたはどうでしょうか?

今回紹介するクレーンオペレーターさんの仕事は果たしてどうなのか?

どのようなことで喧嘩になるのか?

今回は喧嘩のことも踏まえて、クレーンオペレーターさんについて、お話していきたいと思います!

 

※クレーンオペレーターのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

・簡単登録で無料で利用できます。
・アドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。
・情報収集にもご利用ください。

🔗クレーンオペレーターの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

クレーンオペレーターってきついの?

 

クレーンオペレーターさんの仕事がきつく感じるかは人それぞれだと思います。

私は、個人的にはこの仕事は自分には向いていないかなと思います。

まずクレーンオペレーターとは、クレーンを運転する人の事を言います。

特に工事現場などで活躍することが多い職業でしょう!

きついと思われている理由を考えると、

 

・技術が必要

・常に神経を使う

 

この2つが特にきついと言われる部分ではないでしょうか?

中々運転する姿を見ることはないかもしれませんが、上手い、下手などがかなり運転手さんによって違います。

上手い人は一緒に仕事をしていても、安心ですし、仕事が効率よく進みます。

下手な人だと、危険な瞬間も時にはありますし、仕事の効率が悪くなります。

なので、練習をかなりしないと、周りからの目、自分自身でも嫌になるかもしれません。

当然今の部分でも神経は使うでしょうが、基本的に重いものを吊り上げる作業が多いのがクレーンオペレーターです。

落下にも注意、周りの人にも注意、上部に通る電線などにも注意、常に神経を使う仕事なので、これがきついと言われている所かもしれません。

 

クレーンオペレーターは喧嘩が多い?

 

職人さんを相手にすることが多いので、喧嘩というか、少しきつい言葉で言われることも時にはあるかもしれません。

クレーンオペレーターは常に雇われる側の立場になります。

なので、常に指示を出されて、そこにクレーンで運ぶのが一般的です!

その際に、職人さんたち側の思ったところに操作が出来なかったりすると、人によっては少しきつい言葉を使ってくる人がいます。

その時に、クレーンオペレーターさんが、逆らうようなタイプの性格だと喧嘩にはなりやすいかもしれません。

この仕事に限らず、相性などもあるので、一つの例として頭に入れておいてください!

 

クレーンオペレーターの給料や年収とは

 

会社員として働くか、自営で働くかでも違いはあるとは思いますが月給にすると25万前後ではないでしょうか。

基本的な仕事内容はクレーンの操作で、主に工事、土木などの現場で指示を受け働くことになります。

当然クレーン自体が重いし、大きいので運転も普段以上に気を付けなければいけません。

あとは、現場ごとで出会う人が違いますが、運転席の中で一人で操作するので、ある意味1人仕事にはなります。

これらを踏まえて給料と仕事内容に違和感などがなく、興味があればぜひ前向きに検討してみてはどうでしょうか?

 

クレーンオペレーターに資格は必要?

 

資格というよりは、クレーンを運転する免許が必要です!

免許もクレーンの重さによって数種類あります。

なので、運転するクレーンがわかればその免許を取れば大丈夫です。

運転は難しいので、資格を取ったからといってすぐに現場仕事に繋がるということは中々難しいでしょう!

しっかり練習することが大切です。

 

クレーンオペレーターにセンスは必要か?

 

センスはどの仕事においても無いよりかはあった方がいいでしょう!

しかし、仕事が出来るレベルであれば努力で補えるので大丈夫でしょう。

むしろセンスがない人の方が慎重に運転するイメージがるので安心は出来ます。

運転が上手い人は上手いなりのコツがあるのか、重い荷物でもかなり人と近くても運転するので怖いと思った瞬間がありました。

センスもあればいい事ですが、なくても十分練習で補えます。

免許を取れた時点で最低ラインは通過しているはずですから!

 

クレーンオペレーターを辞めたい理由

 

辞めたい理由は、最初の見出しで書いた内容の理由と同じ人もいるでしょう。

やはり自分に合っていないと感じたら辞めたいと思う事もでてくるとおもいます。

他には、座り続ける仕事にはなるので、体的にきつくて辞めたい、人間関係に疲れて辞めたい、仕事内容があってないなどが他の理由として挙げられるのではないでしょうか。

どの仕事もそうですが、辞めたいと思う瞬間は出てきますし、やりがいを感じる瞬間も出るはずです。

肉体的、精神的にボロボロになってからでは遅いので、上手く自分と向き合って無理のないようにすることが必要ですね。

 

クレーンオペレーターに向いてる人とは

 

向いている人は、運転が好きな人、一人の空間が好きな人、精神的に強い人などが向いていると思います。

クレーンの運転席は乗用車とは違い、完全に一人用です!

その一人の空間でずっと運転になるので、この状況が好きな人にはもってこいですね!

それからやはり、精神的に強い人の方が向いていると思います。

現場での人間関係もそうですが、移動の運転もかなり精神面は使うはずです。

重機が大きいという時点で神経を使いますが、重さもクレーンはあるので、上り坂などではかなり後ろに車が渋滞をすることが多々あります。

理解してくれたり、慣れてくれている人ならいいですが、知らない人からしたら、なんでこんなに遅いの?と思われたりイライラされたりすることもあるはずです!

そういう意味でも精神面が強い人が向いていると思います。

 

クレーンオペレーターへ転職をお考えの方は一度性格診断チェックをしておくことをおすすめします。

こちらは高機能でかなり信頼性の高い診断チェックテストになっています。

診断してみてください。

🔗自分がクレーンオペレーターに向いているかチェックしてみる

 

クレーンオペレーターの求人募集やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
クレーンオペレーターの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

どんな業界に関しても最近ではエージェントからの転職が主流になってきました。
特に未経験からの転職ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

中でもおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントでクレーンオペレーターの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の企業は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントでクレーンオペレーターの相談をする

まとめ

 

クレーンオペレーターさんの仕事は、向き不向きがあるので頑張って仕事をこなしている人はとても尊敬します!

どの仕事も大変ではあるでしょうが、やりがいさえ見つけられれば、おそらく大体の事は続けられると私は思っています。

ぜひ、参考にして頂いて、ゆっくり今後について考えて頂ければ嬉しいです!

タイトルとURLをコピーしました