スポンサーリンク

パッカー車の仕事は楽?必要な資格や給料、平均年収とは!

スポンサーリンク

 

普段の生活において出される「ゴミ」と言っても一般家庭から産業廃棄物と様々でありますが、通常一番多いとされてる「一般家庭からのゴミ」。

その一般家庭から出るゴミを定期的に各地域ごとに回収を行っているのがパッカー車であり、私たちの私生活には無くてはならないものであり最も重要な存在となります。

今回そんなパッカー車での仕事内容や給料事情について「そもそもパッカー車とは何なのか」からそれに必要とされる「資格」・「仕事は楽なのか」や、パッカー車自体の「運転の難しさ」などを見て行きます。

そこからパッカー車運転手として得る「給料や平均年収」、「求人募集」の詳細へと掘り下げながら「転職へのコツ」などについても触れてまいります。

 

パッカー車とは

 

まずパッカー車の仕組みとしては、主に一般家庭から出たゴミを自動的に車両の荷箱へと押し込み、圧縮していく機械を搭載したゴミ収集車であります。

そのパッカー車の「パッカー」と言う呼び名に関しては、英語で「詰め込む」と言う意味である「PACK」からきており、そこから「和製英語としてのパッカー車」と呼ばれるようになりました。

これはあくまでも通称から来た呼び名であり、正式名称では「塵芥車(じんかいしゃ)」もしくは「塵芥収集車(じんかいしゅうしゅうしゃ)」とされております。

 

パッカー車に必要な資格とは

 

まず世の中のゴミを国内にて処理・運搬して行く上では資格が必要とされ、それらはゴミ収集にも言えた事であります。

ごみ収集には家庭などから出るゴミ等において「一般廃棄物運搬業」から「産業廃棄物運搬業」までに様々な種類によって振り分けられますが、パッカー車での収集では主に家庭ゴミでの「一般産業廃棄物」の資格に該当します。

ただこの場合の資格は「事業者が必要とする資格」であって「パッカー車ドライバー個人が必要とする資格」ではありません。

すなわち「パッカー車に必要な資格」となれば「運転免許証さえ有れば良い」という事となります。

 

パッカー車の仕事は楽?

 

まず結論として建設作業員(土木作業)ほどキツくは無いですが「決して楽では無い」です。

基本的には1人のドライバーの運転によって残り2人ほどでの収集作業になりますので、収集作業員1人に負担はかかる事はなく2人以上での作業となりますので、肉体的な負担はあまり無いといえます。

ただ収集作業の殆どは収集場から収集場へとの距離が近い事もあって

「多くの場合では忙しく走ります」。

そのため夏場や忙しくなる年末などは少々体力がないと少しキツイかもしれませんが、50代や60代の作業員も多く居られますので実際には「慣れればなんて事ない」仕事と思われます。

 

パッカー車の運転は難しい?

 

パッカー車の運転となれば基本車両は「トラック」となりますので、「運転技術があまり身に付いてない初心者」による収集作業での走行は少し難易度があると言えます。

あと車両に搭載されてる荷箱でのプレスして押し込む「機械の操作」等をしながらの運転となりますので、それらが伴うと安全面での気配りも重要とされます。

何事にも言えた事でありますが、結論としてパッカー車の運転も「慣れてくると殆どの方で問題無く運転は出来てしまいます」ので安心して下さい!

 

パッカー車運転手の給料や平均年収

 

まず給料を20代~40代と年代別に分け、それぞれの相場となる額を平均値として見てみます。

 

●20代:約20~22万円
●30代:約25~30万円
●40代:約30~40万円 

 

とされますがこれらを細かく実情として見てみると「地方では低い給料であり」「都市圏では高い給料」となってるようです。

次に平均値とされてる年収では、上に挙げた世代別全てを総合して行くと「約300~500万円」になると推測されます。

 

パッカー車の求人募集や転職へのコツ

 

パッカー車の求人となると「基本は求人サービスにて出てる」事となりますが、他の業種と比べ実状としては「比較的に少ない傾向にある」と言われております。

その背景としての2つが「欠員が出た場合のみ」の補充と「地元での中小企業」とがあり、基本的に多くがギリギリの人員によって回されてる事から殆どが「欠員分だけの募集」に限られます。

また、入ってる業者の多くが中小企業である為、メジャーとなる求人誌や情報サイトサービスなどでは掲載料が割高となり、それらの求人募集に中々手を出すことが出来ない現状があります。

そしt転職についてですが、これについても先述してる求人事情を考慮しながら、まずパッカー車を使う「ゴミ収集運搬という業種」に対しての認識をしっかりと持ち、少し大袈裟かもしれませんが「その業種に対しての誇りは如何にして自身で持つか」が分かれ道となり、そこを理解していく事こそが「転職へのコツ」と言えます。

 

まとめ

 

これまでを見ると、「収入額」としてはどの業種より決してズバ抜けて良いわけではないですが、仕事内容からすると「キツ過ぎるわけでもない」事から比較的年配者の従業員も多く、離職率の低い人気の業種となります。

それだけに「汚れたゴミなどを扱う大変さ」は少々あれど、やり甲斐を持って毎日を充実した日々で過ごす事ができる「決して悪くはない職業」だと思います。

タイトルとURLをコピーしました