スポンサーリンク

建材配送ドライバーはきつい?給料や年収、1日の仕事内容とは!辞めたい理由も暴露!

建材配送ドライバー ドライバー全般
スポンサーリンク

 

家を建てる為の建築関連やそれらにまつわる工事現場などでは、必ず必要となる資材の搬入で重要な作業を担う事になる建材配送ドライバー。

全国各所に点在する現場にとっては「配送作業員であるドライバー無しでは工事は成り立た無い」といっても過言では無い程の存在です。

今回ではそんな重要な存在ともされてる建材配送ドライバーについて、「仕事内容」から「収入」、そこから仕事のきつさに向けた実状を「辞めたくなる理由」や「向き・不向き」などを交えながら検証していきます。

あとそれらに加え、評判や口コミなどについてもこれまでの参考として見て行きます。

 

※建材配送ドライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗建材配送ドライバーの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

建材配送に必要となる資格や1日の仕事内容とは

 

私自身も元建材配送ドライバーであり、そこからの経験を交えて説明していきたいと思います。

 

必要となる資格

まず建材配送といった仕事においては特別必要となる資格などはありません。

ただ通常のトラック運転手同様、業務によっては各t数別の運転免許(普通・中型・大型)取得が必要となり、それらは国の道路交通法に基づき所持が義務付けられております。

 

簡単な仕事内容と1日の流れ

●概ね出社時間は8:00頃、そこから8:30もしくは9:00までの間で当日分の商品を積み込みする。(前日から宵積していればそこから各現場への出発準備となる)

               ↓

●指定された現場への到着後、その現場の指示に従い荷下ろしする。(原則ドライバーのみの作業となるが、現場によっては手伝って貰える場合もあり)

               ↓

●現場での荷下ろし完了後は建材店へ戻り、他の現場への指示があれば繰り返し「積み込み」~「現場行き」の作業となる。

               ↓

●その日の追加注文などを含む配達作業が落ち着けば、ほぼほぼ1日の業務は終了となります。(時間の方も大体17:30~18:00の間で終了)

 

建材配送はきつい?

 

元建材配送ドライバーでもあった私自身の経験から結論を言えば「きつい仕事」となります。

これはあくまで私自身の見解であって、世の中の建材配送ドライバー全てに当てはまりません。

ただ作業内容の概ねがブロックやセメント袋、その他重量物などを含んだ商品の扱いが多く、基本的には力仕事を必要としております。

それらを踏まえて作業に対しての体力的負担を考えると、ドライバー業務の中では決して楽では無い部類と言えます。

 

建材配送を辞めたくなる理由は

 

この仕事を経験した私的な分析となりますが、この仕事での辞めたくなる理由としては「人間関係よりも体力的負担が大きい事」にあります。

会社(建材店)によっては配達以外で事務作業や付帯業務なども含まれており、バリエーションに満たされた仕事内容と考えれば比較的ストレスも溜まりにくくなるものです。

しかし基本体力勝負となる上に、毎日繰り返される近場の往復配送は体力が維持出来ても精神的な部分で追い詰められ、「とにかく辞めて楽になりたい」といった気持ちに駆られるみたいです…

私も実際そうした理由でやめていく仲間を過去に何人も見てきましたし、結果辞めはしませんでしたが私自身もその様な状況で追い詰められる時期が確かにありました。

 

建材配送の給料や年収はどれくらい?

 

配送ドライバーの多くは建材店従業員としての雇用形態(正社員)となっており、よって給与形態においても殆どが月給制となってます。

因みに私も過去「正社員としての月給制」でありましたので比較的に安泰型でした。

それらを前提で見ると平均月収は約30~40万円程となり、年収においても先を見越した単純計算で見ても400万円は軽くオーバー出来ます。

厳密には会社(建材店)による年間の売り上げなどで年収にも多少の影響は出るものの、基本的には月給制として安定した給与が見込めます。(私自身も勤務5年目で年収400万円オーバーでした!)

 

給料を今よりあと5万円上げたい方は下記のページをご覧ください。
簡単にすぐ年収アップできる方法をご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

建材配送に向いてる人向いていない人とは

 

この仕事の場合で考えられる向き・不向きのタイプを大きく2つに分けて分析してみました。

向いている人

 

日々の作業での重い商品の積み込み・積み下ろしや、配送・運搬作業において対応出来る体力の持ち主。

また仕事の基本が運転業務な為に車両の運転自体に抵抗がない方や、頻繁にあるわけでは無いですが年度末など、忙しい中での運転業務にストレスを持たないタイプ。

 

向いていない人

 

体力が無い人。

特に重い荷物の運搬により怪我をしやすいタイプは要注意であり、もっとも不向きなタイプとされておりますね…

あと顧客に対しての対応に問題がある人。

建材配送先となる現場などの多くは一見さんでは無く、その殆どが長いスパンで契約しているお客さん。

その大切な顧客との「対応次第」ではのちの付き合い方にも大きく影響してしまいます。

 

あなたは建材配送ドライバーに向いていますか?

建材配送ドライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

>>建材配送ドライバーに向いているかチェックしてみる

建材配送の評判や口コミとは

 

この職種の殆どが月給制の給与形態である事から、収入に関しての不満は私も過去の経験からあまり聞いた事が無いと記憶しております。

ただこうした雇用形態となれば、よくある運送屋での貨物トラックドライバー職と違って「決められた給与額」故の不満が後々出てくる傾向にあるようです。

つまり勤務時間内での労働量に対して常に損得勘定で見てしまうなど、「会社にこき使われてる感」を持ってしまってる配送ドライバーも少なくはないようです。

 

ドライバーの転職は先手必勝

トラック運転手におすすめの転職サイトと転職エージェント

 

いま転職する気がない、もしくは後々自分で探そうと考えている人も絶対に転職サイトには登録しておきましょう。

理由はストレスや疲労がたまると就活活動はもちろん転職サイトに登録する気力すら無くなるケースが多いからです。

気になっている企業や興味のある求人の情報を把握しているだけでも【いつでも転職できる】という状態であれば安心だし、体を壊したりうつ病などになる前に転職という手段が打てます。

転職サイトの登録は簡単で無料だし、勧誘や担当者からの電話などは一切きません。

あなたの行きたい会社の求人や転職が可能な企業があればメールで届くのでいつでも転職できるという精神的な安心感や余裕ができます。

転職はそのうちに、今はまだ無理と思っている方も登録だけは絶対にしておくべきです。

優良な会社の求人情報が豊富な転職サイトはこちらです。

無料で簡単に登録することができます。

業界日本1位のリクルート社が運営している間違いのない転職サイトです。

>>リクナビNEXTの無料登録はこちらからどうぞ

 

まとめ

 

厳密に見れば働くスタッフの多くは配送作業以外の業務がそれぞれに付帯し、仕事内容においても会社によって多少の違いがあると考えても良いです。

配送スタッフとしてのカテゴリーで考えれば収入も安定し、会社の規模にもよりますが労働環境的に考えても「社員としての将来性は比較的見込める職業」と言えます。

ただし自身が「常にやらされてる感」を捨て、そこから更に「損得勘定抜き」で向き合う事が必要となりますね!

タイトルとURLをコピーしました