本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

評判のいい運送会社ランキング!ホワイト企業ランキング一覧はこちら!

記事内にプロモーションを含む場合があります
運送会社ブラックランキング 運送会社
スポンサーリンク

 

昨今さまざまな企業でも問題視されてる「きつい運送業界」。

実際のところ多くが「これだ」という定義付けはあってないようなものであり、国側としてもその辺りを明確にはしてないというのが現実です。

今回は少しシリアスなテーマとなりますが、運送会社でも問題視されてるきつい企業の現実をホワイト企業を含めランキング別に見ていきます。

 

ホワイト企業を探すならこちらから!

現役30年トラックドライバーが選ぶ最強の転職サイト・エージェントランキング10選とは!
最近、運送業界でも転職サイトや転職エージェントからの入社が増えてきました。 正直に言って正解です。 運送業界ははっきり言って入社する会社で全ての運命が決まります。 運送会社への失敗しない最強の転職方法は「知り合いの紹介で入社する」ことです...

 

スポンサーリンク

評判のいい運送会社ランキング一覧

 

評判のいい運送会社を評価順にピックアップしました。

評価は某大手転職サイトの口コミ評価より抜粋しています。

口コミ評価のため順位は常に変動します。

定期更新を心掛けていますがご了承ください。

 

1位.シモハナ物流株式会社

2位.樋口物流サービス

3位.日立物流

4位.SBS即配サポート株式会社

5位.有限会社アムトラックス

6位.ハコブ株式会社

7位.成田運送株式会社

8位.センコー運輸株式会社

9位.ヤマト運輸株式会社

10位.国際コンテナ輸送株式会社

11位.京王運輸株式会社

12位.丸進運輸株式会社

13位.協和コーポレーション株式会社

14位.株式会社南日本引越センター

15位.やよい運送株式会社

16位.安田運輸株式会社

17位.名鉄運輸株式会社

18位.フェデラルエクスプレスジャパン

19位.西濃運輸株式会社

20位.DHLジャパン

 

 

運送会社のホワイト企業ランキングはどこ?

 

「長きにわたる労働時間の恒常化」や「社内での社員に対するハラスメント」、「残業代や各手当の未払い」など結果として入れ替わりの激しい会社になり、実状としてもこのような問題は運送会社においても多数報告されております。

ただそれは運送会社を含めすべての企業がきついという訳ではなく、国が定めた労働基準法に正しく則り「ホワイト」として運営してる企業も多数存在します。

次にその多数あるホワイト企業の中で最も多く名が挙げられた運送会社として、倉庫業なども含めランキング別に3社を見てみます。

 

1位 上組(兵庫県)

2位 キムラユニティー(愛知県)

3位 三菱倉庫 (東京都)

 

この3社に共通している事としては平均勤続年数が14~18年とされ、20年には満たないものの殆どの従業員では比較的安定した勤務年数としても定評があります。

年収についても3社とも共通するのが「やや多めの額」であり、さらにその年収は3社とも「上昇傾向」となってます。

 

運送会社のいじめの現状とは

 

ドライバーの場合であれば日中のほとんどが基本一人ぼっちの運転業務であり、あまり人間関係のもつれなどは事務職と比べれば少ない印象となってます。

ただそれ故に気楽な性分があだとなり、コミュニケーション不足なところが誤解を招く結果ともいわれてます。

「運送会社内でのいじめ」といっても他の会社同様にさまざまなケースで起こり得ますが、よく聞かれるものとしては「本人直接ではなく間接的」に「自ら退職するよう仕向ける嫌がらせ行為」が最も多いとして報告を受けてるようです。

男女問わず一見するだけでは判って貰えない様な嫌がらせも「本人にとって耐え難い思い」をさせられたのであれば、それは紛れもなく「いじめ」となります。

ただ運送業界においても「陰湿極まりの無いいじめ行為」など、悲しい事ですが現実問題としては今後も無くなるとは思えません。

 

やばい会社に入社した時の対処法

 

この場合での結論から言うと「即退職」正直これが一番の対処方法となります。

ただ一番の対処方法といってもそれがすべての人に該当しないのは言うまでも無く、各々の生活事情というのも大きく関わってくるため実際には簡単に辞めれないものです。

ですが冷静に考えてみて下さい、例えばそのやばい会社というのが運送会社であり、そこに「体が資本のドライバー」として勤務されてるのであれば尚更その資本となる体を自身で守らなければなりません。

法律や企業におかれたそれぞれのガイドラインによってある程度は「守られてる気でいれる制度」というのはあれど、まずは「自分の身は自分で守る」という事から入りましょう。

それが例え肉体労働でなくとも結局は体が資本となり、結果としては「体や精神面が健康であればすべてはやり直しが利く」という事になり得ます。

 

ホワイトな運送会社に転職する方法やコツはこちら!

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかし多くの運送会社がある中で、自分に合う会社を探すのは至難の業です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

まとめ

 

今回のテーマでもある運送会社のきつい・ホワイト企業についての判断基準はあくまで個人の価値観からくる情報にしか過ぎず、信憑性としては怪しい情報も多数あるのも事実。

でもって実際には「そんなにひどい会社という訳ではなかった」というのも少なからず報告されております。

ひどい会社やいじめ問題などの定義付けは非常に難しく、どこで線引きしていいのか分からないものですが「蔓延る情報」のみに惑わされるのではなく、自身の体験こそが「揺るぎない真実」であると言えるでしょう。