スポンサーリンク

回送ドライバーとはどんな仕事?仕事内容や給料、求人について!

回送ドライバー ドライバー全般
スポンサーリンク

 

回送ドライバーって聞いたことありますか?

回送という言葉は、聞いたことがある人もいるかもしれませんね!

よく目にすることが出来るのは、バスやタクシーの前面の表示場所で見ることが出来ます。

他にも表示で見るだけではなく、意外とこの回送ドライバーさんに携わっているかもしれません。

今回はこの回送ドライバーさんについて仕事内容や収入などをお話ししていきます!

 

※回送ドライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗回送ドライバーの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

回送ドライバーとは

 

では、回送ドライバーさんとはどういう人の事を言うのかですが、簡単に言うと車などの乗り物を指定の場所に運ぶ人です!

最近のレンタカーなどを利用したことがある人は、こんな疑問ありませんか?

自由に乗って、置いてきたレンタカーはどうしているの?

このように、ある程度指定の場所に乗り捨てタイプのレンタカーをまた、店舗や指定の場所に持っていくのも回送ドライバーさんです!

他にも、最終バスが人を送り届けた後、会社や車庫に戻るときにも人は乗せずに、乗り物だけを戻す際には、回送という表示を出しています。

乗り物の運搬を仕事とするのが回送ドライバーさんなのです!

 

回送ドライバーの仕事内容とは

 

基本的な仕事内容は、今上記で伝えたような乗り物を目的地に運んだり、目的地から別の場所に移すのが仕事です。

あとは、勤め先の会社によって、一日の流れが違います。

日中のみ営業している会社もあれば、24時間フル稼働しているところもあります。

朝礼から終礼まであるところ、シフトで動いて引継ぎだけになるところなどは、会社ごとに違うでしょう!

しかし、共通していえることは、回送ドライバーさんの主な仕事は、やはり運転になります。

 

回送ドライバーはぶっちゃけきつい?

 

仕事のきついと感じるポイントは人それぞれですが、実際のドライバーさんの声で言うと以下のようになります。

・繰り返しの作業

・同じ姿勢がきつい

・常に神経を使う

などの理由できついという声が多いです。

繰り返しの作業は、やはり基本的な仕事内容が、乗り物の移動になるので、場所は変わっても、作業内容はずっと同じになります。

始めの内は、道を覚えたり仕事内容を覚えたりするため、2人で動くことが多いですが、慣れると1人仕事になるので、仕事をしてはいるものの暇疲れをするという声もあります。

次に、同じ姿勢がきついという理由も多いです。

これに関しては回送ドライバーさんに限らず、どの仕事においても基本的には同じ動作が多いので、気持ちがわかる人も多いのではないでしょうか?

デスクワークで座りっぱなしで腰が痛い、販売の仕事で立ちっぱなしで足が痛い、回送ドライバーさんも同じで、座りっぱなしで腰が痛くなるという声があります。

そして最後は神経を使うことがきついという声もあります!

あなたは長時間、もしくは何日も連続で運転をしたことがありますか?

通勤くらいなら毎日でも苦ではないでしょうが、毎日の仕事の時間が運転になることを想像してみてください!

私も基本的には運転仕事ではないですが、まれに長時間運転することがあります。

そのときは、常に神経を使っているので、終わった後はかなりきついです…

運転においては、交通事故はあってはならないことです。

それを思うと神経が削られるのも理解できます!

これらが、主にきついと言われる多くの理由です!

 

回送ドライバーの給料はいくら?

 

月で25万円くらいが平均と言えるでしょう。

あとは、働く土地や、会社によって金額の差が出ることもあります。

やはり都心部の給料と地方の給料でも差が出ます。

都心は需要が多いでしょうし、事故率も人口が多いので高くなるのでそれらを加味すると当然な気もします。

ボーナスとは別に、無事故で報酬がもらえたり、皆勤で報酬がもらえるような、会社も存在しますので、色々な会社の求人を見るのがオススメです。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

回送ドライバーの志望動機の書き方とは

 

志望動機は、主に車の運転が好き、車の運転に自信があるなど率直にアピールをするような言葉でも良いでしょう。

ゴールド免許の方ならそれについて、時間厳守が出来る人はそのことについてなどの、自分の今の実績を伝えるのもいいと思います。

回送ドライバーは、特別な学歴を必要としないことが多く、どちらかと言えばあなたが運転できる車の種類が多いことや、継続的にしっかり働いてくれる人を会社としては欲しがっています。

そのあたりも踏まえて志望動機を書けるといいのではないでしょうか?

 

回送ドライバーの求人募集やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
回送ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで回送ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで回送ドライバーの相談をする

まとめ

 

回送ドライバーの仕事について理解いただけましたか?

職種の名前は初めて聞く人もいたかもしれませんが、内容は知っていた人もいたのではないでしょうか!。

回送ドライバーはつらいというイメージもあるかもしれませんが、つらさとは別に楽しみもあります。

普段乗れないような車にも乗れることもありますし、道にも詳しくなれるのでプライベートでの運転も楽になりますよ。

それに1人仕事が好きな人、コミュニケーションを取るのが苦手という人には、1人の時間が充実で仕事が出来るのでオススメです。

ぜひ、あなたの人生に回送ドライバーという選択肢を一つ入れて見てください。

タイトルとURLをコピーしました