本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

トラック運転手を辞めて良かったと感じる5つの理由!とっとと辞めて大正解!

記事内にプロモーションを含む場合があります
トラック運転手を辞めて良かった5つの理由 ドライバー全般
スポンサーリンク

 

一般的な会社員とは異なり、メインとなる運転から積み込み・荷下ろし作業の殆どが1人業務となっているトラック運転手。

一見すると気楽な仕事と思われがちですが、実際には過労働や責任感からのストレスによって「辞めてしまう人が後を絶たない業種」とも言われてます。

今回、そんなトラック運転手を辞めて良かったと感じる理由をそれぞれの視点で深堀し、筆者の体験を織り交ぜながらで決断のイミング、あと具体的な時期についてを詳しく解説していきます!

 

スポンサーリンク

トラック運転手を辞めて良かった理由5つ

冒頭で記述している通り、筆者であるわたくしも過去にトラック運転手をしておりました。

私自身若かった事に加え、単に車の運転が好きという理由からトラック運転手の仕事に就いたものの、「基本的にはキツい仕事だった」というのが率直な感想。

主な理由としても「体がキツい」「家に毎回帰れない」「仕事に対して割りが合わない収入」等が最も多く、会社毎にある待遇によって個々が持つ価値観も異なりますが、一般的な見解としてもトラック運転手の離職率は高いと言われてます。

ではトラック運転手を辞めた場合、その後の感想として良かったなと思う理由を上記内容と並行しながらで見てみましょう。

 

1. 体力的にキツい業務からの解放

業務内容によって異なりますが、基本的に運転業務以外では荷積み・荷下ろし等で体を使う作業が殆どを占めています。

トラック運転手を辞める事によって「身体的なキツさ」や、「体を壊してしまうかもしれない」といったプレッシャーからも解放さるのです。

 

2. 家に帰れない業務からの解放

中型や大型トラックによる長距離業務の場合、最高でも約1ヶ月ほど家に帰れなくなる場合もざらにあります。

家に帰れない業務からの解放は「家族との時間」を重要視でき、毎日帰宅できる労働環境こそが身体的な負担を増やさない生活習慣を生み出すでしょう。

 

3. 安定しない収入からの解放

体が資本となる仕事だけに、体調を崩せば収入が不安定にもなりかねないのがトラック運転手。

雇用条件次第では安定収入が約束されてる会社も存在しておりますが、運送会社の多くは勤務地域や業務内容、雇用条件等によってもかなりの開きがあります。

トラック運転手を辞める事が物理的な収入額への不満を解消し、安定しない収入に対する不安からの解放にも繋がるのです。

 

4. 避ける事が出来ない人間関係からの解放

1人仕事が基本であるトラック運転手と言えど、取引先等での人同士が行うやり取りはある意味避けては通れない「業務の一環」でもあります。

トラック運転手を辞める事で煩わしいコミュニケーション、複雑な人間関係で悩む事からも解放されるでしょう。

 

5. 条件の良い会社に移ることが出来た

勤めている会社から貰う給与額や雇用待遇が良いならまだしも、身体的にキツい部分が多い業務内容では例え生活の為の仕事であっても毎日が憂鬱です。

既に目星を付けてる会社がある場合も含み、トラック運転手を辞める事で条件の良い会社へ移る為の事前準備も図れ、またモチベーションを上げる事を可能にします。

 

トラック運転手の辞める決断をする時期

これまで記述してきた事柄を踏まえ、トラック運転手の仕事に対して何かしらの不満を持ち、そこから離職への流れとなる人は多いとも見れます。

ただし転職によって理想的な働き方が保証されてる訳ではなく、「ただ辛い」という理由だけで簡単に辞めてしまうのは少し早まった考えかも知れません…

ではトラック運転手を辞めると考える場合、その決断をする最良なタイミングについてどういった基準やキッカケにて判断するのか?

以下はそれらについての実情や詳細をわかり易くまとめております。

 

給料額への見直し

トラック運転手としての仕事に限らず、どの職業であっても働lく「意味」である給料。

給与形態によっては固定給にて設定されてる会社も存在しますが、トラック運転手としての給与の多くは歩合制+諸手当+残業代がベースとなってます。

固定給として貰える会社は勿論、今より少しでも給料が多い会社が見つかれば、それは辞める決断の時期かも知れません。

 

事故に対する修理費用負担を強いられる

運転業務には交通事故等の危険が常につきまとい、それらでの破損や故障に於いては修理する為の費用が必要になります。

満額とまではいかないものの、「運転手が修理費を何割が負担する」といった実情が「事故による責任」として多くの会社で見られます。

会社にとって大きな負担となってしまう悪質なケースを除き、事故の修理費に関しては会社が保険を使用して直すのが一般的。

真面目に働いてるにも関わらず、事故の修理費をドライバーに負担させる会社と分かれば、それは辞める決断をする最良な時期かも知れません。

 

体力があるうちに転職

どんな職業でも「健康な体ありき」であり、特トラック運転手は体力を必要としますので体調が万全でなければこの仕事は務まりません。

違う職種に転職する場合であっても体調管理は求職者としての義務であり、それらが万全である時こそがトラック運転手を辞めるベストタイミングと言えるでしょう。

 

「トラック運転手 辞めて良かった」に関するよくある質問

トラックドライバーを辞めた理由は何ですか?

トラックドライバーが退職を決意する主な理由の一つに、「仕事の厳しさ」が挙げられます。
この職業は、長時間にわたる運転と、物理的に要求される荷物の積み降ろしという、体力を大いに必要とする作業が含まれています。
特に、長距離の運搬や手作業での荷積みが必要な場合、腰や背中、肩にかかる負荷は無視できないレベルになります。

 

トラック運転手の離職率は?

運輸および郵便業界の統計データによると、この分野への新規参入者の割合、すなわち入職率は2020年に14.5%を記録しました。
一方、この業界を離れる人の割合、すなわち離職率は13.3%に上ることが確認されています。

 

トラック運転手 何してる?

運輸業界での一般的な業務は、荷物の収集、積み降ろし、配達、梱包、伝票の作成などが含まれます。
しかし、企業によっては、宅配やルート配送の過程で顧客やその近隣住民に対してセールス活動を行うこともあります。
この業界には、製造会社、物流会社、宅配サービス、引越し業者など様々な企業が存在し、転職先の業種や事業内容によって、求められるスキルや資格、知識が異なるのが特徴です。

 

トラック運転手 1日何時間?

トラック運転者の1日の拘束時間には、始業時刻から24時間以内で最大13時間という制限があります。
ただし、特定の状況下で拘束時間を延長することが認められている場合、1日の最大拘束時間は15時間までとされています。

 

2024年問題で1日何時間働ける?

トラック運転者に関しては、1日の拘束時間は原則として13時間以内と定められており、例外的な状況下で最大15時間まで可能です。
週に2回まで、14時間を超える勤務が許可されています。
さらに、例外規定として、1週間の運行が全て長距離であり、かつその運行の休息期間が住所地以外の場合、週に2回まで16時間までの拘束が許されます。
ただし、この場合でも14時間を超える勤務は週に2回までという制限が適用されます。