本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

黒ナンバーのリースで審査なしはある?カーリースの審査で落ちる人の特徴や対処法とは!

記事内にプロモーションを含む場合があります
黒ナンバーのリース審査なし 軽貨物ドライバー
スポンサーリンク

 

ネット通販や、メルカリ等による個人間売買が増加の一途を辿っている事もあってか、現在では独立開業としての軽貨物事業への関心も高まる傾向にあります。

近年では黒ナンバーを専門としたリースサービスも充実しており、軽貨物による独立開業を目的とする者にとっては「最短となる手軽さ」でも話題となっています。

今回、そんな黒ナンバーリースでの審査についてを「基準」から「特徴」、「通らなかった時の対処法」などを交えながらで調査し、「審査が無い黒ナンバーリースの存在」についても深く掘り下げていこうと思います!

 

軽バンの準備はできていますか?

個人事業主ドライバーで活動するには黒ナンバー取得の軽貨物自動車が必要です。
黒ナンバーは軽貨物自動車運送事業経営届出書などを提出して取得します。
しかし自分でやるにも面倒くさいし、代行で頼んでもそれだけで4万円ほどの費用が必要になってきます。

そこで人気となっているのが「GMSリース」。

全て無料で面倒くさい黒ナンバーの手続きをしてくれるので初めての方でも安心です。
軽貨物事業に参入する多くの方が利用しています。
他社より圧倒的に安く、審査が心配な方も審査通過率98%のGMSリースで黒ナンバー車をゲットしましょう。

>>GMSリースの料金プランと軽バンの在庫確認をする

 

スポンサーリンク

一般的なカーリースの審査基準とは

 

契約内容に於いては利用者が選ぶ車両をリース会社が購入し、その利用者との契約によって月々のリース使用料をリース会社へ支払う仕組みとなります。

カーリースの全には契約を成立させる前の事前審査が必ず行われ、その審査に通らなければ希望する車両をリースする事が出来ないようになっています。

■審査に於ける対象項目■

年収

具体的な基準は明示査定いないものの、年収200万円以上がひとつの基準。

ただしカーリース会社によっては様々な条件を含んだ審査も行われており、年収200万円以上が必ず審査を通過できると言うわけではありません。

職業 / 雇用形態

フリーターや非正規雇用、また自営業などとなれば一般的に不利と言われるも、基本的にカーリース料金を滞りなく支払える安定性(経済的な支払い能力)が認められれば審査に通ると考えられます。

勤続年数

同じ勤務先への勤続年数が長ければ長いほど有利となり、一般的にも3年以上の勤続年数であれば問題ないとも言われております。

債務状況

契約時点で銀行や消費者金融からの借入をしている場合、大きな額の返済を遅延していれば「支払いの難しさ」から審査は通りにくくなります。

可能な範囲でいずれかを完済し、その後に審査を申し込みましょう!

信用情報

ローンやキャッシングなどの信用情報(毎月の返済記録や残高情報)も審査の対象となる場合もあり、利用料金に対する支払い遅延や滞納、未払い等は不利となりますので注意しましょう。

審査基準の詳細はカーリース会社によって異なる上、それらに対する明確な事柄についても基本的には公にされておりません。ただ一般的な審査基準を参考とした場合であれば、上記にある項目毎の内容は大体の目安にもなると言えます。

 

審査に通りやすい人の特徴は

 

先述した審査基準の項目に続き、通過させる為へのコツとしても項目毎のクリアは大前提であり、またそれらの条件を有利に持っていく自身の心得も重要と言えます。

ただしブラックリストに入っているなど、「本人の信用情報に傷がある場合では審査が厳しくなる傾向にある」ので注意は必要です。

以下に於いてはそれらに向けた重要項目として、審査に通りやすくする為への要にもなる特徴的な要素を3つに分けてみました。

・収入に対しての支出のバランスが取れている

・携帯やクレカ、税金などへの支払いに遅延・未払いが無い、もしくは少ない

・国内での調査可能な機関により、自身によって信用状態を事前調査できる

 

審査に落ちる人の特徴は

 

ここまでは審査に通しやすくする為への具体的な特徴への解説としてまいりましたが、今度は逆にに通り難いとされてるタイプ… 

つまり「審査に落ちる人の特徴」についても以下で見てみましょう。

・ローン、またはクレジットカードの利用頻度が多い

・年収が低く、収入が常に不安定である

審査に於いての「虚偽の申告・必要事項の記載」をする(コレは絶対ダメ!)

 

審査に通らなかった時の対処法は

 

審査を通すにあたり、これまでに紹介してきた内容からの「著しい離脱」さえなければ問題は無いとするも、決して審査には「落ちない」と言うわけではありません。

以下では、そんな「審査に落ちそうな場合」や「通らなかった場合」に於ける対処法として、重要項目としてのポイントを6つで分けて紹介していきます。

・頭金を用意する

・連帯保証人を付ける

・家族名義で申し込む

・安い車種やプランの見直し

・信用情報を整理する(借入や債務を減らす)

・他のカーリース会社に当たってみる(カーリース会社を変更する)

 

審査なしの黒ナンバーのリースは実在する?

 

「審査なし」による黒ナンバーリースは残念ながら実在しておりません。

ただそんな時、銀行などを通さない社内独自審査を採用した「GMSリース」がお勧めであり、審査通過率98%を誇る「比較的ゆるい審査」の実現が定評となっています。

またGMSリースでは査定方法も選べ、業界最安値の価格と走行距離に対する制限が無い等のほか、「経団連(日本の大手企業が中心となって構成する経済団体)への入会企業」である事も、信頼性の高さの表れとしては強みと言えるでしょう。

契約方法に於いてはそれぞれで用意したプランが選べるようになっており、その中でも「月額4万円~」がお勧めする最も安心なプランと言われてます。

ただし「2年以上乗る場合では若干割高となる可能性がある」他、料金滞納の繰り返しに於いても「以後の利用が不可」となりますので注意も必要。

>>GMSリースの料金プランと軽バンの在庫確認をする

 

まとめ

 

審査には様々な条件としの項目が用意されておりますので、利用者の素性や支払い能力に関する情報など、ありのままで申告しなければなりません。

黒ナンバーのリースに限らず、使用料金が発生する契約事の殆どは「審査通過」が第一条件。

リース契約に於ける申請と言えど、利用者としての心得は審査として映し出されているもの… 

「ただ審査を通すだけ」で終わらすのではなく、「社会的信用に向けた心得」こそが重要になると言えるでしょう!