スポンサーリンク

アルプス物流のドライバーはきつい?給料や年収、評判を暴露!

アルプス物流きつい 運送会社
スポンサーリンク

 

アルプス物流ドライバーは、精神的にキツイと感じる様です。

アルプス物流では、電子機器を主に運搬しています。

電子機器は輸送中の振動や衝撃で破損してしまいます。

そのため電子機器輸送ドライバーは細心の注意をして運転うるので精神的にキツイようです。

では仕事内容などはどうなのでしょうか。

そこで今回は

・アルプス物流の会社概要

・アルプス物流ドライバーの仕事内容とは

・アルプス物流のドライバーはきつい?

・アルプス物流ドライバーの給料や年収はいくら?

・アルプス物流ドライバー の評判や口コミとは

・アルプス物流ドライバーの志望動機の書き方とは

について紹介します。

 

※アルプス物流のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗アルプス物流の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

アルプス物流の会社概要

 

ここでは、アルプス物流の会社概要について紹介します。

 

1.会社概要(2021年3月31日現在)

 

社名 株式会社アルプス物流

本社所在地 神奈川県横浜市港北区新羽町1756

設立 1964年7月2日

資本金 23億4900万円

売上高 連結:1,005億6200万円(2021年3月期)

単独:456億2200万円(2021年3月期)

社員数 連結:5,903名

単独:950名

単独:290,756㎡

運行車両台数 連結:3,439台

単独:726台

 

2.グループ会社

 

・アルプスアルパイン株式会社

・アルプスシステム インテグレーション株式会社

・株式会社アルプスビジネスクリエーション

・アルプス トラベル サービス株式会社

・アルプスファイナンスサービス株式会社

 

3.事業内容

 

・貨物自動車運送事業

・貨物運送取扱事業

・倉庫業

・不動産の賃貸業

・包装材料の製造販売業

・梱包業

・輸出入貨物取扱事業

・通関業

・利用航空運送事業

・航空運送代理店業

・合成樹脂材料の製造および販売業

・電子デバイス販売業

・医薬部外品製造業(梱包、表示、保管)

・医療機器製造(梱包、表示、保管)

・労働者派遣事業

・金属回収業

・産業廃棄物の収取や運搬や処分事業

 

アルプス物流ドライバーの仕事内容とは

 

アルプス物流は「運送・保管・荷役・包装・流通加工・情報」の6つの機能で成り立っています。

ここでは、ドライバーの仕事内容を含めてアルプス物流の仕事内容すべてを紹介します。

 

【ドライバー職】

 

個人宅の配送はなく、企業間の配送をしています。

そのため、土日祝日休みの集配業務がメインとなります。

①入社1~2年目

・1tのワゴン車でのルート集配送

・4tトラックに同乗して集配業務(集配の教育や指導)

 

②入社3年目

・4tトラックで集配業務

中型免許を保有してない場合は、「補助制度」で免許を取得できます。

 

③輸送車両

・1tワゴン

・2tトラック

・4tトラック

・10tトラック

 

入社して1~2年目までは、1tワゴン車で配送しながら4tトラックの業務の教育をします。

3年目からは、実際に4tトラックで配送を行います。

希望すれば、10tトラックの配送が出来る様です。(ワゴン車の配送の継続も出来ます)

いずれにしても、経験を積んでからになるようです。

 

【商品管理】

 

倉庫内での貨物の入出庫業務やピッキング(仕分け)したりと商品を管理する責任のある仕事です。

将来的には倉庫内のリーダーとして、従業員に指示を出したり、お客様と直接やり取りしてもらうこともあります。

 

【倉庫事務】

 

倉庫内での貨物の入出庫情報をパソコンに入力したり、お客様と電話やメールでやり取りする仕事です。

情報を間違えてしまうと、お客様に違う商品を届けてしまうので正確性が求められる重要な仕事です。

 

【倉庫管理】

 

倉庫管理は、倉庫内での貨物の入出庫や、入出庫情報をパソコンに入力する業務です。

お客様と直接やり取りをする責任のある仕事です。

物流機能における必要不可欠な「保管」を担います。

 

アルプス物流のドライバーはきつい?

 

アルプス物流では、様々な車両を使って色々な荷物を輸送や配送します。

ここでは車両ごとに紹介します。

 

①1tワゴン・2tトラック

 

集配荷物が少ない時に使用します。

1件当たりの荷物の量は少ないですが、その分件数が多いです。

荷物によっては体力仕事になるのでキツイ場合があります。

 

②4tトラック

 

企業の荷物の集配をします。

荷物は、一般貨物から電子機器類など様々な荷物を集配します。荷物によっては、破損などの恐れがあるので輸送中は細心の注意が必要なので精神的にキツイ時があるようです。

また荷物によっては手下ろしの場合があり、この時は体力的にキツイようです。

 

③10tトラック

 

荷物は、一般貨物から電子機器類など様々な荷物を輸送します。

近距離輸送~長距離輸送まで幅広く行っています。

体力的にキツイ場合や荷物によって細心の注意が必要なので精神的にキツイ時があるようです。

 

この様に車両によって違います。

キツイと感じるのは個人差があり、人によっては、やりがいを感じる人もいるようです。

 

アルプス物流ドライバーの給料や年収はいくら?

 

アルプス物流ドライバーの給料や年収について紹介します。

またアルプス物流の給料や年収についても紹介しますので、参考にして下さい。

 

1.ドライバーの給料や年収

 

<給料>

ドライバーの給料は19万円~となっています。

<年収>

ドライバーの年収は260万円~となっています。

年齢や勤続年数で収入が変わってきます。

また車両の大きさや輸送距離でも変わってきます。

(大型車や長距離輸送は、給料が高く設定されている様です)

 

2.アルプス物流の給料と年収

 

ドライバー以外の倉庫事務職や倉庫管理職などの平均給料や平均年収を年齢別に紹介します。

年齢 平均給料 平均年収

20~24歳 約21万円 約308万円

25~29歳 約28万円 約396万円

30~34歳 約32万円 約411万円

35~39歳 約33万円 約425万円

40~44歳 約37万円 約474万円

45~49歳 約42万円 約544万円

50~54歳 約45万円 約603万円

55~59歳 約44万円 約598万円

60~65歳 約30万円 約382万円

勤続年数や学歴で変わってきます。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

3.各役職の年収

 

アルプス物流では「総合職」「技術職」「一般職」でそれぞれ年収が違います。

職種        年収

総合職 732万円~832万円

技術職 483万円~583万円

一般職 495万円~595万円

各職種でも勤続年数や学歴、年齢などで変わってきます。

以上が給料や年収についてです。

勤続年数や年齢、学歴などで違うので、参考程度にしておいて下さい。

 

アルプス物流ドライバー の評判や口コミとは

 

実際に働いている方の口コミや評判について紹介します。

 

①長時間勤務の傾向があります。

これらは、時差出勤の早出や遅出で対応しています。

 

②休日についてです。

土日の出勤もありますが、なるべく出勤する人が少なくてよくなるように、一人がいくつもの業務をこなしている。

また土日は同じ人が出勤しなくて済むように努力しています。

 

③ドライバーの給料は比較的安いですが、長時間労働となるので残業代で生活が出来る。

ドライバーの人は長時間労働を認識しているので、特に不平不満はないようです。

 

④配送の教育はきちんとしており、時間をかけて行っています。

一人で配送できるまで指導してくれるので安心できる。

 

⑤手下ろしがある場合、体力的にキツイですが、頻度が少ないので我慢が出来る。

 

など様々な意見がありました。

これらは個人の意見や評判なので、参考程度にしておいて下さい。

 

アルプス物流ドライバーの志望動機の書き方とは

 

ここでは、それぞれアルプス物流ドライバーの志望動機のポイントを3つ紹介します。

 

①運転好きをアピール

一つの仕事を続けるには、その仕事に興味があることが大前提となります。

トラックドライバーの志望動機として「運転好き」をアピールすることが大切です。この様な人は、採用する側から見ても理想的な人材となります。

トラックドライバーは運転だけでなく、荷物の積込みや積み下ろし作業もあり、体力が必要となり、キツイと感じる人もいるかもしれません。

しかし、運転が好きな人ならドライバー職を続けやすくなります。

トラックドライバーの仕事に興味を持った具体的なエピソードを書くようにしましょう。

 

②自分の長所をアピール

ドライバー職だけでなく、新しい仕事を探すときは自分が持つ資格や経験だけでなく、どの様な性格なのかを客観的に判断することが大切です。

 

<資格について>

トラックドライバーになるには運転免許が必要なのは当然ですが「中型免許」や「大型免許」があれば、アピールポイントとなります。

また「運行管理者資格」があるとよりアピール出来ます。

この様に自分のキャリアを見直してみると色々な強みがあることに気付きます。

 

<性格について>

トラックドライバーとして働くには「安全運転が出来る人」や「温和な性格の人」と言った条件を欠かすことが出来ません。

職場の内外の人と適切なコミュニケーションが取れることも大切です。

志望動機を書く時は、自分の長所を上手にアピールできることが重要です。

 

③前向きな姿勢をアピール

企業では前向きな人を採用します。

前職でのマイナス面や給料面の不満などを書くのは避けましょう。

応募先の企業で働きたい、企業に貢献したいと言った前向きな姿勢をアピールすることが重要です。

 

アルプス物流の求人募集やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
アルプス物流ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントでアルプス物流ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントでアルプス物流ドライバーの相談をする

まとめ

 

今回はアルプス物流ドライバーについて紹介しました。

アルプス物流ドライバーの仕事はキツイ仕事もありますが、やりがいを感じている人が多いようです。

ドライバーの教育体制が充実しており、土日などの休日出勤もドライバーの負担を軽減するために最小限の人数で出来る様に企業側が努力している様です。

個人的にも働きやすい職場だと感じました。

今回の記事のポイントは「ドライバー職の仕事内容」です。

中でも未経験者でも安心できる、時間をかけた教育体制は感心させられます。

これからアルプス物流ドライバーを考えている方は、今回の記事を参考にしてチャレンジしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました