スポンサーリンク

佐川急便ドライバーの研修はきつい?研修内容や流れ、軍隊みたいで地獄って本当?

佐川急便ドライバーの研修 運送会社
スポンサーリンク

 

佐川急便が日本の物流を支えていることは間違いありません。

その理由は、充実した教育制度があるからでしょうか。

よく見聞きする佐川急便の研修は厳しいのか解説していきます。

どんな企業にも研修はつきものですが、佐川急便の研修は果たして厳しいのでしょうか。

研修内容や期間などについてもご紹介します。独自の研修センターを持っています。

その施設はどのようなものなのでしょうか。

 

佐川急便を狙うなら絶対に登録すべき転職サイト!

現役30年のベテランドライバーが選ぶ鉄板の転職サイトはこれだ!エージェントは必ず併用せよ!
このページでは運送業界歴30年のベテランドライバーが実際に使ってみた転職サイトやエージェントを紹介していくよ~。 運送業界ははっきり言って会社で運命が決まる! 知り合いの紹介で会社に入れば間違いも少ないが自分で探すなら信用のあるサイ...

佐川急便の研修場所は

 

佐川急便の研修場所は2ヵ所あります。

神奈川県綾瀬市と東京都江東区の二か所です。

特に大規模な研修は綾瀬市で行われます。

ここでは教習所が併設されていますので、運転技能研修まで行われます。

基本的には2泊3日で実施されます。

教習所のような施設ですが、講師が厳しく合格するには運転技術がある程度必要です。

教習所とは主に違うことは、安全確認がしっかりと出来ているのかを確認されます。

運転に自信があってもここでつまずき泣きたくなります。

最近の情報では講師が優しくなり、合格しやすいという情報があります。

コンプライアンスの観点からも指導には注意されていることでしょう。

 

佐川急便の研修日程や期間、流れとは

 

佐川急便の研修は新卒であれば2泊3日が基本的な研修スケジュールです。

場合によって異なりますが、基本的には宿泊込みの研修です。社訓を踏まえた座学と技能研修が主な内容です。

規律などを厳しくする体育会系のような研修が続きます。

技能研修においては原点方式で行われ最後に80点以上取れないと合格できません。

技能について運転のプロというよりも安全確認のプロを育成します。

どんな状況であっても安全に走行できるように指導されます。

 

佐川急便の研修内容は

 

研修内容は「運転技能」「自己啓発」の2点です。

運転技能については研修施設内のコースを走行します。

坂道発進やS字クランクなどを複数回練習します。

そして、何より厳しく行うのが駐停車です。

幅寄せなど細かく判断されますので、運転に自信がある人も苦戦する研修です。

そして、自己啓発では佐川急便の企業理念や心得を学びます。

声出しのような大声を出す場面もあり、体育会系の研修です。

今では大声を出さないようになっているかと思いますが、以前ではのどが潰れるのが当たり前でした。

最近の情報によると研修自体が優しくなっているとの情報が有力です。

 

佐川急便の研修はぶっちゃけきつい?

 

佐川急便の研修はきついです

どの企業にも研修はあると思いますが、佐川急便は特に厳しいでしょう。

特に厳しいとされている技能研修は日本一といって過言ではありません。

重大事故を起こさないように教育していることがうかがえます。

企業として事故を未然に防ぐように研修に力をいれています。

新卒入社でこの研修は大変ですが、実務を行ううえで絶対に必要なスキルです。

それを身につけるために厳しく指導されます。

会社に属することを痛感させられます。

その結果、佐川急便が一体感を持って仕事ができるのはこの研修のおかげでしょう。

 

佐川急便の研修は軍隊並み?

 

佐川急便の研修は軍隊といっても過言ではありません。

今現在はそんなことはないと思います。(大声を出すことによっての飛沫などの理由)

以前の研修は、企業理念をひたすら大声で言う時間がありました。

それも一回だけでなく講師の方の裁量に任されています。

当然ながら、一発オッケーがでるわけがありません。

喉が潰れるまで何回も行われます。

気合で乗り越えるような研修です。

軍隊のような肉体疲労は少ないです。

根性と頭を使う研修です。

精神的にも鍛えられる研修となっており、研修が終わると大人の仲間入りした気分になります。

 

佐川急便の研修期間中の給料は

 

佐川急便の2泊3日の研修は、入社前に行われるため基本的には給料は出ません。

しかし、研修センターのため自己負担はありません。

そして、入社が決まってからは研修期間として教育が複数回ありますが、基本的に給料に変動はありません。

初任給から減ることはないです。

 

佐川急便の求人情報や転職のコツはこちらからどうぞ

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

まとめ

 

物流業界でNo.1の研修の厳しさがあります。

しかし、昔と違うのは根性系ではなくなっていることです。

昔の研修を知っている人からすると甘いと思われる研修です。

内容は濃いものになっていますので社会人になるスキルを磨くことができます。

 

佐川急便に関してはこちらの特集ページで詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

【佐川急便まとめ】給料や年収、下請け、路線便に関してなど!
宅配事業を中心にした日本の物流を支える超大手運送会社の佐川急便! ドライバー業界に身を転じる方は一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか。 ここではそんな佐川急便に関する情報を詳細に書いた記事をまとめています。 なお記事は...
タイトルとURLをコピーしました