本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

配送助手のバイトはきつい?仕事内容や口コミ評判とは!

記事内にプロモーションを含む場合があります
配送助手のバイトはきつい 役立つ情報
スポンサーリンク

配送助手のキツさは、仕事の内容や運転手によって合う、合わないで決まります。

仕事面では重い荷物や配送件数が多い時は体力面でキツイです。

運転手と合わないと、気を使わないといけないので精神面でキツくなります。

バイトとは言え、体力面と精神面がキツイとかなりの労働力となります。

では配送助手について気になる人もいると思います。

そこで今回は配送助手の仕事内容や仕事のきつさ、服装や口コミなどをご紹介していきます。

 

※業界歴30年の私が選ぶ絶対に登録したい転職サイト10選!

現役30年トラックドライバーが選ぶ最強の転職サイト・エージェントランキング10選とは!
最近、運送業界でも転職サイトや転職エージェントからの入社が増えてきました。 正直に言って正解です。 運送業界ははっきり言って入社する会社で全ての運命が決まります。 運送会社への失敗しない最強の転職方法は「知り合いの紹介で入社する」ことです。...

 

スポンサーリンク

配送助手とは

配送助手とは、どのような意味なのでしょうか。

ドライバーの様々な業務のサポートをします。

荷物の積込みや積み下ろしの補助だけでなく、ドライバーが配送中の駐禁対策要員として社内に残るのも仕事です。

会社によって違いますが、基本的に重い荷物は社員であるドライバーが箱うことが多いです。

 

配送助手のメリットとデメリット

<メリット>

・楽な仕事も多い

基本的に配送助手は運転する必要がありません。

荷物の積込みや積み下ろしのメインはドライバーが行います。

また引越しなど仕事によっては、助手席に座っているだけという事も少なくありません。

なので仕事が楽と感じることもあるでしょう。

<デメリット>

・給料が安い

ドライバーの仕事量に比べて仕事量が少なく、責任が余りないという点で給料が低い水準となっている様です。

配送補助の月給は平均20万円を超えることは難しいようです。

 

配送助手の仕事内容は

配送助手は、どのような事をするのでしょうか。

ここでは、配送助手の仕事について紹介します。

1.仕事内容

配送助手の仕事は、主な仕事は3つあります。

①軽い荷物の運搬

主に軽い荷物は、助手が運ぶことが多いです。

基本的に重い荷物はドライバーが運ぶことが多いです。

②大きい荷物運搬の補助

大きい荷物は、冷蔵庫やベッド、ソファーなどが有ります。

この様な大きい荷物はドライバーだけで運ぶのは困難なので、助手も一緒に運びます。

引越しでこの様な荷物が多いです。

引越しでは、搬送と設置の2パターンがあります。

・搬送:玄関まで運ぶだけ

・設置:お客様が指定した部屋まで運ぶ

③細かい補助

ドライバーは、会社やお客様との連絡や家具の組み立てなど仕事が沢山あるので、助手は雑用的な仕事を行います。

例えば、引っ越し荷物を運びやすいように荷台の奥から手前に移動したり、荷物を梱包したゴミの処理などです。

2.仕事の流れ(引っ越し)

①会社を出発

②目的地まで移動

③到着後、荷物の払い出し

④荷物の運搬

⑤梱包材量処理(荷物を解いたり梱包材量のゴミ処理など)

⑥会社に到着

以上の流れで勤務終了となります。

会社によって仕事内容や仕事の流れが異なります。

 

配送助手のバイトはきつい?

配送助手でも様々な職種があります。

ここでは、実際に働いている方の意見をもとに3つの職種を紹介します。

【食品配送助手】

決まった飲食店の食品を卸して回る、ルート営業の仕事です。

毎日同じ店舗を回るので、ドライバー次第では仕事を早く終えることが出来ます。

配送で助手を付けるくらいなので多忙です。忙しい日は昼食が取れない日があります。

比較的楽な仕事のようです。

【家具の配送助手】

家具配送の仕事は、お客様の家に家具を配送します。

家具の配送自体は、配送時間が指定されているので順調に配送できれば待機時間まで休憩できるし、時間が押している時は休憩できません。

家具は比較的重いものが多く、傷をつけることが出来ないので気を使います。

ドライバーによっては家具の養生をしっかりしてくれ傷が付かないようにしてくれます。

また運搬のコツも教えてくれる親切なドライバーもいます。

ドライバーによってはキツイ時もあります。

軽い荷物を任せれことが多いので、仕事は楽に感じるようです。

ドライバーによってはキツイと感じることもあるようです。

全てはドライバー次第かも知れませんね。

 

配送助手は女性でもできる?

女性でも配送助手が出来るのか、不安に感じる人も多いと思います。

結論から言うと、女性の方でも配送助手は出来ます。

配送助手には様々な職種があります。ある程度の体力があれば問題ないです。

基本的に配送業務は、荷物を手で持って運びます。

軽い荷物でも配送件数が多いと、かなりの重労働になることを知っておきましょう。

注意しないといけないのは、ドライバーが男性の場合です。

この場合、ドライバーに気を使うケースが多く精神的に疲れる方が多いので注意しましょう。

なので、入社前や配属時に自分の希望を会社側に伝えると良いでしょう。

例えば

ドライバーは女性にしてほしい
働ける時間
体力の有無

などです。

 

配送助手の服装は?

配送助手の服装は、どのような物が良いのでしょうか。

配送助手の服装は

動きやすい服装
社員と同じ制服
ジャージ

など会社によって異なります。

配送助手のバイトの場合、一般的には動きやすい服装と言われることが多いです。

動きやすい服装と言われても、服の色や形状などが分からないと思います。

基本的には動きやすい、汚れてもいい服装です。

派手な色や形状は避けましょう。

どうしても分からない時は、会社側に詳しく聞いてみるか、会社側で準備をお願いしてみましょう。

 

配送助手バイトの口コミ評判は?

ここでは、実際に働いている人の口コミを紹介します。

①重量物の運搬が大変

基本的には、重たい荷物はドライバーが運んでくれます。

しかし、場合によっては重い荷物ばかりの時もあります。

この様な時、ドライバーだけで運ぶと作業の効率が悪くなるので助手も運ばないといけません。

特にロッカーや家具などは、一人で運ぶことが婚なので手伝わないといけません。

毎日ではないですが、重い荷物の時には重労働でキツイです。

②ドライバーのいう事を聞いていればOK!

助手という立場なので、ドライバーの指示通りに動いていれば問題ありません。

ドライバーによっては詳しく指示してくれたり運搬のアドバイスをしてくれる方もいます。

逆に指示しても助手のさぎょいうが遅かったり、助手の勘違いなどで指示と違う作業をすると怒るドライバーもいる様です。

ドライバーとの相性が重要の様です。

 

まとめ

今回は、配送助手について紹介しました。

配送助手の仕事は、職種にもよりますがキツくないようです。

先程紹介したように、重い荷物はドライバーが運んでくれ、助手は軽い荷物を運んだり、片付けなどの雑用を行います。

繁忙期など忙しい日などは、重い荷物も多く配送件数が多いのでドライバーを手伝う事もありますが、全体的には楽なようです。

仕事が楽か、キツイかはドライバーとの相性もあるようです。

これから配送助手を考えている方は、今回の記事を参考にしてみて下さい。