スポンサーリンク

フェデックスドライバーは稼げる?給料や年収、給料明細を暴露!

フェデックスドライバーは稼げる 運送会社
スポンサーリンク

 

みなさん一度はフェデックス(FedEx)という社名をテレビや雑誌、ネットのページや広告などで見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。

フェデックスは輸出入として国際貨物を専門とし、日本国内でも業界内問わず外資系の大手物流会社としてもよく知られています。

今回はそんなフェデックスのドライバーは稼げるのか、給料や年収、給料明細、仕事の内容などに触れていきます。

また、評判や口コミと一緒にフェデックスドライバーになる為の転職するコツなどもお話していきます。

 

 

フェデックスの会社概要とは

 

フェデックス・コーポレーション(FedEx Corporation)は空路や地上においては重量貨物やドキュメントなどの物流サービスなどの提供などでも知られ、アメリカテネシー州に本社を置き設立が1971年、総従業員数425000人を誇り、世界220の国と地域に取り扱いがある事で有名な世界規模の大手物流会社です。

日本支社での従業員の総数は1900人以上とされ、正式名称はフィラデルエクスプレスジャパン合同会社(旧フィラデルエクスプレスジャパン株式会社)となっており、その日本においての乗り入れ可能な空港としては「成田国際空港」と「関西国際空港」の2つとされています。

 

フェデックスドライバーの給料や年収はいくら?

 

フェデックスドライバーの初任給では手当をあわせた月収額が平均して約20万5000円程だそうで、そこから2年ほど何も問題を起こさなければ25万越えの昇給があるようです。

いきなりこの速さの昇級でありますが、フェデックスではボーナスについても高水準と言われており、年収の平均額としては従業員それぞれの立場や業務内容によって幅が広いようですので算出するのには少し難がありますが、ドライバーとして普通に真面目な勤務でやって行けば誰でも500万円越えはできるという話です。

普通に考えても俄かには信じ難いですが、これだけ見ても給料・年収ともに国内の下手な運送会社よりかは断然給与待遇が良いのは言うまでもありませんね。

 

フェデックスドライバーの給料明細とは

中途入社3年未満の男性正社員の給料明細をもとに、以下を例で書き記したものです。

(中途入社3年から10年未満で2017年度在職時の31歳男性正社員)

●月給●
———————————————————————————————————————————–
基本給      時間外手当      役職手当     資格手当
280,000円      60,000円      0円         15,000円
———————————————————————————————————————————–
住宅手当      家族手当      通勤手当     その他手当   月給合計
0円             0円      30,000円      0円    385,000円
———————————————————————————————————————————–
●賞与●  インセンティブ   決算賞与(0回計) 賞与(ボーナス定期賞与(1回計)    600,000円     0円         0円           600,000円
———————————————————————————————————————————–
●勤務● ●年収●
総残業時間    サービス残業      休日出勤     所定労働時間
月20時間      月0時間        月0日     1日8時間/週5日 522万円
———————————————————————————————————————————–
みなし残業制度:なし

■基本給          280,000円
■時間外手当          60,000円
■時間外手当以外の手当  4,5000円
————————————————————————————————————————–

このようにフェデックスドライバーの給料明細と言っても、日本の支社でも従業員は1900人以上いますので社員それぞれの収入にも大きな幅があります。

この男性社員の年収額を見てもフェデックスのドライバーの収入としては妥当な額と言えます。

 

フェデックスドライバーの仕事はきつい?

フェデックスのドライバーとしての仕事は、業界内においても日本国内の運送会社として代表される「佐川急便」や「ヤマト運輸」とは一線を画すことでもよく知られています。

ではそのフェデックスドライバーの仕事は「きついか?どうなのか?」という意味で簡単に「待遇としての内容」を見てみます。

●祝日と基本は土日の週休二日制

●残業は基本的には少なめの業務

●給与の水準が国内では運送業界では高い

●有給休暇を消化することが可能である

 

以上の条件から見れば申し分ない条件のもとでの労働環境ですが、これが作業内容となると話は別です。

フェデックスでは入社においては「32キロある重い荷物を1人で持てなければならない」というのが必須条件であり、実際に試験があるくらいです。

その事から実際の業務においても体力勝負となる作業も多く、結論としては「きつい仕事」とも言えます。

ちなみに体力的な問題ではありませんが、もともとがアメリカの企業なだけに英語が話せなくては務まらないと言う「壁」もあり、これらも入社時の試験としての項目に入っています。

 

フェデックスドライバーの評判や口コミとは

 

まず結論から言うとフェデックスでの「不評」や「悪い口コミ」などは不思議な程、ほぼ見当たりません。

労働面では重い荷物の運搬業務も多く、このフェデックスという会社ではドライバーのみならず、ここで働く従業員であれば英語をまず習得しなければならないという苦難・過酷さは各従業員達にあれど、やはり結果としてこの様に不評も少ないと言うのもフェデックスという企業が持つ「従業員に対しての包容力」にあるのではないでしょうか。

 

フェデックスドライバーへの転職を成功させるコツ

 

さまざまなドライバー業務でもそれなりの関連したスキルが要求されますが、フェデックスの場合では先述してますように、アメリカの企業という関係上フェデックスジャパンでも比較的に「高い英語力」が要求されます。

その事からフェデックスでのドライバー業務であれば、当然必須である「英語力」というものをまず身につけなくてはなりません。

外資系企業によくある独自のコミュニケーション方法などを学び、そこから外資系ならではの「概念」やフェデックスという企業の「理念」なども、自分なりでも良いので目を向けることが「転職への鍵」と言えます。

 

まとめ

まとめ

いかがでしたか?

世間一般では運送業として普段あまりお目にかかることの無いフェデックスですが、この日本においては近年着々と知名度を上げています。

近い将来はこの国内でも、多くの就職先としてフェデックスはこれからの世代にとってより身近な存在となるべく、今回のような記事がこの先もっと多くの方によって広められる事を願うばかりであります。

タイトルとURLをコピーしました