本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

トラック運転手と付き合いたい!恋愛や結婚しても大丈夫?彼氏にするメリットデメリットについて!

記事内にプロモーションを含む場合があります
トラック運転手と付き合いたい 役立つ情報
スポンサーリンク

 

トラック運転手に対してのイメージと言えば「気性は荒いが運転技術が高い」、また古い所では「映画トラック野郎」からの影響もあってか ”力作業が伴う男らしさ” を感じる女性が意外に多いとされています。

今回ではそんな男の世界で働くトラック運転手と付き合う場合の参考として、不安要素やメリット・デメリット、また彼氏から結婚までの実状を主に女性に向けた内容として詳しく調査して行きます!

 

スポンサーリンク

トラック運転手ってやっぱりモテるの?

 

まず結論から言えば「モテます」。

と言ってもトラック運転手の人全てがナンパな性格の持ち主では無く基本的には「仕事一筋系」でもあり、またシャイな性格の持ち主が多いと見れます。

私自身も過去に運転手として経験した見解だとどちらかと言えば硬派(こうは)な人が多い印象でしたので…

ただ厳密には「人によりけり」となってしまいます。

確かにモテる要素としては「職業柄運転が上手い」、「責任を持った運転業務」などが主にあげられ、それらはトラック運転手特有の魅力とも言われてます。

あとトラック運転手に多い「車好き」というのも根本にある事から、たとえ仕事であっても「車に対する愛情の持ち方」は周りにも好印象を与えます。

 

トラック運転手と付き合うメリットとは

 

トラック運転手という職業は組織の中での業務とは異なり、基本的には「ドライバー1人が責任を負う仕事」としてもよく知られてます。

「常に他人任せとしない性分」がお互いの信頼関係へと繋がるのです。

また私生活においての力作業が必要な時など、「仕事柄鍛えられてる体力のあり方がトラック運転手特有の頼もしさ」でもあるのです。

月々貰う給料においてはその時々の浮き沈みはあれど、「比較的高収入が望める職種」とも言えますのでパートナーとしての将来性は期待できると見ていいです。

 

トラック運転手と付き合うデメリットは

 

基本的にトラック運転手という職業は不規則。

会社によって規則正しい勤務時間もあれば、それ以外の殆どは長距離を始め「運転手毎の労働条件」により勤務時間も見事にバラバラです。

会いたい時に会って貰えず、連絡も取りたい時に取れない等、それはお互いにとって精神的衛生上も決して良いとは言えない状況。

労働者的な観点からも将来的なパートナーとしての安定性は見込めるとはいえ、そこから男女関係でのすれ違いが起こる可能性も十分にあり得ます。

 

トラック運転手は浮気が多い?

 

こちらに関しては決してトラック運転手全てに該当するわけではありません。

ただ、私的に最も警戒すべきケースとしては地方への長期にわたる出張。

つまり地場周りの近距離では無く、主に路線便とされる長距離の仕事が地方遊びの機会を作ってしまい、そこからトラック運転手の浮気に繋がるのです。

交際相手やパートナーとしては最も頭を痛めるところです…

 

トラック運転手と上手に恋愛する方法とは

 

基本的にトラック運転手という職業の多くは通常のサラリーマンにある「規則正しい労働時間内での勤務形態」では無く、アフターファイブといった概念もありません。

 

●不規則な時間帯での労働環境を理解する

●相手の生活リズムに合わせてあげる

●会える時間を大切にし、常に二人で居る時の雰囲気を壊さない。

 

まずトラック運転手である恋愛相手に「求める以前の理解」としては、不規則な時間帯での労働環境を理解し、尚且つ相手の生活リズムに自身が合わせてあげる事。

あと職業柄業務中は「1人の時間」が多い事から、少々寂しくなりがちな職場でもあります。

「彼女からこまめな連絡を取ってあげる」等も恋愛を成就される方法の一つと言えます。

 

トラック運転手との結婚はあり?

 

「全然あり」ですし、現に元トラック運転手であった私の周りでも、恋愛からの発展により結婚に至った既婚者もたくさん見ております。

一昔前とされる高度成長期ほどではありませんが、トラック運転手は変動が激しいながらも比較的高収入とも言え、運送会社次第では安定する給与も見込めます。

ただこの業界も世間的な印象では一部賛否あるものの、殆どのトラック運転手は仕事一筋の真面目人間。

相手の人間性に特別問題が無ければ、それはむしろ「ベストパートナーとしての可能性も秘めている」と言えるのです。

 

まとめ

 

如何でしたでしょうか?

一般的な印象の中でも「人によって」は多少敬遠されがちでもあるトラック運転手。

だからと言ってこの職に就く人間が全て敬遠されるだけの価値では無く、それはあくまでその人自身の問題。

考え方によっては「トラック運転手だった故の発見」が相手にあり、また「トラック運転手だった故の幸せ」があるのも事実。

つまり「相手に対して求める」のでは無く、「支えるべくしての理解」が最も重要であり、「鍵」となるのです!