本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

トラック運転手が楽すぎる理由を徹底解説!これだからドライバーは辞められねぇ?!

記事内にプロモーションを含む場合があります
トラック運転手が楽すぎる理由 ドライバー全般
スポンサーリンク

基本が1人でこなす仕事だけに精神的な疲労も多々ある反面、状況次第ではマイペース、且つ気楽な業務としても知られているのがトラック運転手。

現役トラックドライバーや経験者によってシビアな実情も囁かれる中、仕事内容によっては一般的に持たれてるイメージ通りに楽しく稼げる業務と言われてます。

今回はそんなトラック運転手が楽と言われる理由からそうと感じる人、また楽なドライバー業務からそれらの会社の特徴を楽/辛いのそれぞれで解説します。

 

トラック運転手のおすすめ転職エージェントはこちらから

現役30年トラックドライバーが選ぶ最強の転職サイト・エージェントランキング10選とは!
最近、運送業界でも転職サイトや転職エージェントからの入社が増えてきました。 正直に言って正解です。 運送業界ははっきり言って入社する会社で全ての運命が決まります。 運送会社への失敗しない最強の転職方法は「知り合いの紹介で入社する」ことです。...

 

スポンサーリンク

トラック運転手が楽すぎる理由5つ

業務全般の殆どは個人プレーで成り立っており、自身が行うやり方については基本的に誰も文句を言いません。

悪く言えば責任の多くが自分にのしかかる事となりますが、それだけに段取り次第では自分のペースにてやり易く、楽に仕事をこなせます。

 

1.マイペースで仕事ができる

業務内容によっては複数人にて作業を行う場合もありますが、トラックドライバー業務の多くははワンマン仕事。

それだけに仕事としての責務は大きくなるものの、他の仕事と異なって慣れてしまえば自分のペースで気楽に仕事をこなすことが可能です。

2.人間関係で悩まされる事が少ない

1人仕事であるのはもちろん、作業していく上でその都度人とやり取りする事が少ないのがこの仕事の特徴です。

仕事としての最低限度の対話は必要となりますが、無駄なコミュニケーションが少なく、人間関係が苦手な人にとっては比較的やり易い仕事と言えるでしょう。

3.運転が楽しい

他の運転業務と同様、トラックドライバーを選ぶ多くの人は車の運転自体を楽しんでます。

原則としては好きであるか・無いかの有無で決まる事となりますが、車好き=運転が好きであれば比較的運転時間が長いトラック運転手は楽しい仕事になります。

4.1人仕事なので気楽

業務としての運転時間が長ければ長いぶん「運転している間が自分の時間」となり、運転以外の作業に於いても自分ペースの業務が基本。

仕事に慣れてしまえば自分次第で仕事を早く終わらせられる場合も多く、のんびりとしたい時間等を各々で臨機応変に作れます。

5.待機時間が自分の時間になる

業務開始までの「待たされる時間」に対する価値観は人それぞれとなりますが、その待機時間を有効利用できるのもトラック運転手の特権。

仕事に慣れれば予め定められた待機時間は自分の有意義な時間となり、その時間を無駄なく使う事で充実した運転業務へと繋げられます。

 

トラック運転手が楽だと感じる人の特徴3つ

どんな仕事でも向き不向きというものがあり、それはトラック運転手であっても同じ事。
向いてない人にとっては場合によって苦痛となりますが、向いている人であれば業務の殆どが「楽」と感じるでしょう。

以下では楽と感じる人の特徴を3つに分け、それぞれを簡単な解説でまとめてみました。

 

1.1人の仕事が楽と感じれるタイプ

会社員として仕事に就く場合では複数人での職場となる場合が多く、殆どがコミュニケーションありきでの業務となります。

トラック運転手の業務の殆どが1人でこなす仕事であり、特に「他人に振り回されるのがイヤと感じるタイプ」にとっては仕事がかなり楽と思えます。

2.人に気を使ってしまうタイプ

チームで成り立つ業務など、複数人居る仕事場の場合となれば常に相手を気遣う心構えで仕事と向き合わなければなりません。

どうしても上司や同僚になどに対して気を使ってしまい、仕事に悪影響を及ぼしてしまうタイプの人はトラック運転手に向いているとも言えるでしょう。

3.自分のペースで仕事をこなしたいタイプ

気後れするタイプや自己主張を強く持つタイプなど、性格を問わずマイペースで仕事をこなしたい人は必ず存在します。

トラック運転手では決められた時間内での業務が基本となっており、その範囲内できちんと仕事をこなせるタイプであればむしろ楽な仕事と言えます。

 

楽すぎるドライバーの仕事とは

トラック運転手であれば比較的運転する時間が長く、荷積み・荷下ろし以外の殆どが運転業務になる事からも精神的にリラックスできるものと考えられます。

ではそれらを含めてドライバー業務全般で見た場合、どういった仕事内容が楽すぎるのかを代表的なものを始め、理由を踏まえて見てみましょう。

1.専属やチャーターとしての運送業務

軽貨物ではよく知られている輸送便とされており、小・中・大型トラックを含め、航空便関連の仕事であれば専属やチャーター便は定番業務になっています。

その日の納品業務完了となれば1日の仕事は終了であり、次の日に業務が持ち越される事は基本的に少ないので気分的にも楽です。

2.郵便関連の運送業務

基本として待ち時間は無く、たとえ荷物が1つだけであっても時間通りに出発となりますので、「積荷が少なければ少ないほど楽な作業」と言えます。

3.大手玩具メーカーを扱う運送業務

大手となれば荷物に触らせてもらえない場合が多く、「カゴ車に乗せられた状態から庫内へ運び入れる」のみの楽ちん作業が殆どです。

4.ダンプ運転業務

基本的には「1日中乗りっぱなし」の運転業務となりますので、精神的疲労の観点では人によって苦痛となるかもしれません。

ただ肉体的なキツい作業は全くと言っていいほど無く、運転業務に加えてレバー操作を行う作業を中心としておりかなり楽な仕事になります。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

楽すぎる運送会社はこんな会社

代表的な例としても「中型トラックでは全車にテールゲートを装備」している事の他、「業務の全般がルート配送」となっている事が挙げられます。

特に積載量が4t以上となる中型トラックの場合、扱う積荷の量と面積の関係上から手積み・手降しとなる作業が非常に多い事が運転手泣かせとなっております。

あと「カゴ台車にて積み込み・荷下ろし」となっている事も楽な運送会社の特徴でしょう。

会社毎の待遇で詳細も異なりますが、まず第一条件としても日勤である事に加えて休憩時間は多く、残業無し+定刻時間に退勤できるのが楽すぎる運送会社となります。

 

逆に辛い会社はこんな会社

とにかく時間に追われる仕事内容である事に加え、精神的、肉体的にも過酷な労働環境である事が最も多いケースとしては挙げられます。

  1. 必要以上に朝早い出勤を強いなどの時間外労働がある
  2. 同僚や先輩、上司らの人間性に難がある
  3. やたらと時間に追われる業務設定が多い
  4. 手積みや手下ろし作業多くを設定される

時間に追われる事に関しては取引先との兼ね合いもある事から一概には断定できませんが、人間関係や無理な業務を強いる会社はドライバーにとって辛い会社と言えます。

 

あなたはトラックドライバーに向いていますか?

トラックドライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

>>トラックドライバーに向いているかチェックしてみる

 

トラック運転手への転職を成功させる簡単な方法とは

トラック運転手におすすめの転職エージェント
トラックドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
しかし数多くの運送会社がある中で、自分に合う会社を探すのは至難の業です。
なのでプロのアドバイザーに相談しながら情報収集や転職を進めたほうが安心です。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントでトラックドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントでトラックドライバーの相談をする

 

「トラック運転手 楽すぎ」でよくある質問疑問

トラック運転手 どんな人が向いているか?

トラック運転手に向いてる人は基本的に運転が好きな人です。
免許証一つ、体一つで稼げるのがトラック運転手の最大の魅力です。
「運転が好き」「力仕事でも平気」「稼ぎたい」方にはぴったりの職業と言えるでしょう。

 

トラックドライバーが不足しているのはなぜですか?

トラックドライバーが不足しているのは20代、30代からの転職者が圧倒的に減ったからです。
免許の複雑化や労働時間の規制により昔より稼げなくなったことが大きな原因です。

 

トラック運転手 1日何時間?

トラック運転手の1日の労働時間は基本的に13時間までですが、必要に応じて最大16時間まで延長可能です。
また、一ヶ月間での総労働時間は、原則では293時間となっており、状況によっては最大320時間まで働くことができます。

 

運送業が人手不足なのはなぜですか?

運送業の人手不足の原因は日本の少子高齢化と労働年齢層の縮小です。
国の深刻な社会的問題が背景にあります。
さらに、トラック運転手の給与や労働条件に対する不安が業界の労働力不足を加速させている一方で、オンライン販売市場(EC市場)は急速に拡大しています。
この労働力と需要の間のギャップの拡大が、運送業界における深刻な人手不足の主要な原因となっています。

 

トラック運転手 年収いくら?

トラック運転手の年収は令和3年の賃金構造基本統計調査によると、平均年間収入で約463.2万円となっています。
これを月額にすると約38.6万円となっておりますが会社によって同じ業種でも給料が全然変わっているのが現状です。
給与の形態については、正社員の場合は基本給プラス歩合報酬が一般的です。
一方で委託契約の場合は成果に応じた報酬制が主流となっていることが多いです。

トラック運転手は何歳まで?

大手運送会社、または一部の中小規模の運送会社では、就業規定により定年が60歳となっている場合が多いです。
しかし、定年後も、他の職種と同じく、嘱託職や契約ベースで働くドライバーは非常に多いのが現状です。
さらには定年制を設けていない運送会社も存在していますので60歳を過ぎても働ける環境は整っている職業と言えるでしょう。