スポンサーリンク

佐川急便で退職者続出する理由とは!離職率やすぐ辞める人のパターンとは!

佐川急便で退職者続出 運送会社
スポンサーリンク

 

国内物流業界2位で日本のみならずアジア諸国までの物流を担っている佐川急便の退職者についてご紹介します。

離職率や労働環境を踏まえて記載します。

人材不足が深刻な物流業界で一体なにが行なわれているのでしょうか。

佐川急便といえば残業が多いと言われていますが、実際どうなのか。

退職する理由に残業が多いという意見は含まれるのでしょうか。

徹底的に解説していきます。

ぜひ、ご参考くださいませ。

 

※大手運送会社のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗大手運送会社の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

佐川急便の離職率はどれくらい?

 

佐川急便の離職率は高いと言われています。

一時は改善されていましたが、最近では15%程度の離職率となっています。

その理由は、物量の増加による業務負担となりました。身体にも負担がありますので離職する人が増加しています。

オンラインショップが急増しました。

そのため、物流が急激に増加しました。

企業にとっては嬉しいことなのですが、人材不足が深刻な物流業界にとっては負担が重すぎました。

個人の負担が大きくなり、退職する方も急増しました。

 

佐川急便をすぐ辞める人の理由とは

 

一番の理由は業務量についていけないことです。

その次に多いことが業務に慣れないことが辞める理由で多いです。

特に業務量については緊急事態宣言など社会情勢も大きく影響しました。

Amazonや楽天など大手通販サイトの稼働率も高くなりましたし、さらには多くの企業やお店でオンラインをはじめました。

一人当たりの業務が多くなり、残業が増加して辞める人が続出しています。

次は、業務に慣れないことです。

特に、佐川急便ドライバーは以外にも付帯業務が付きものです。

パソコン業務やルート作成、報告書作成など多数あります。

ドライバーは運転だけと思っている人が多く、そのギャップを感じて辞める人がいます。

ドライバーとしてもルールが厳しくなっており、安全確認や車両点検の規制が厳しくなり仕事が嫌だと感じる人がいます。

 

実際どれくらい佐川急便は激務?

 

佐川急便ドライバーの業務量は肉体労働です。

勤務地や営業所によっては、荷積み、配達、荷降ろし全てドライバーが担当します。

当然、重たい物や大きな物まで様々です。

配送地域によっては物流が多く一日で捌くことが大変です。

当然ですが、日時指定などもありますので仕分け作業も業務となります。

もともと人数が少ないので4人ほどで1,000個以上の商品を管理しないといけません。

電話対応もあったり、窓口対応があったりと休む暇がありません。

当然ながら再配達や翌日配達のスケジュールを確認するために事務作業も必要で激務です。

職種や人によって異なりますが、ノルマもありますので休むことなく配送業務を行います。

 

入ってはいけない運送会社に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

🔗入ってはいけない運送会社一覧!危ない運送会社やまともな運送会社はここだ!

 

佐川急便を辞めた後のパターンで多いのは?

 

佐川急便を辞めて一番多いのはフリーランスか倉庫管理です。

一番は、配送を個人で行う人が多いです。

当然、配送に対してのノウハウがありますので、十分に仕事はできます。

特に、ウーバーやAmazonで自分の都合で働いている人が多いです。

次に多いのは営業職です。

小売業界やメーカーなどで営業として活躍をしています。

次に多いのは倉庫業務です。

商品保管業務が主な仕事です。

倉庫で商品を管理したり、整理整頓したり物流業界で活かした知識を活用しています。

特に、マネジメント職で働いている人は多いです。

スムーズに商品を管理するノウハウを持っており、その才能を活用されています。

 

あなたは佐川急便ドライバーに向いていますか?

佐川急便ドライバーは向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

>>佐川急便ドライバーに向いているかチェックしてみる

佐川急便はぶっちゃけやめとけ?

 

本音でいうとお金を稼ぎたいと思っている人以外は、佐川急便はやめとけと言いたいです。

その理由は、役職が上がってもボーナスは増えません。

若い時は年収が高いと喜んでいますが、次第に他企業と平均的な年収になります。

新卒から10年程度はどの企業と比べても比較的高収入です。

お金だけではなく、体力的な問題もあります。

まだまだ、肉体労働が多い佐川急便は当然ながら体が資本です。

年々疲れが取れなくなります。

体を壊すリスクもありますのでやめとけと言いたいです。

将来的な話をすると物流業界は大きな進化をするかもしれません。

ドローンや無人運転技術によってドライバーが必要ではなくなる可能性があります。

 

失敗しない運送会社への転職方法やコツはこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

まとめ

 

佐川急便は離職率が年々高くなっています。

若い人がすぐにやめる傾向があります。

人手不足が深刻な物流業界にとって悩ましい現状が佐川急便にもあります。

佐川男子と一時期注目を集めましたが、それ以降コンプライアンス違反が摘発されるなどイメージを払拭できていません。

これからより一層離職率が高くなると予想しています。

 

佐川急便に関してはこちらの特集ページで詳しくまとめていますので是非ご覧ください。

【佐川急便まとめ】給料や年収、下請け、路線便に関してなど!
宅配事業を中心にした日本の物流を支える超大手運送会社の佐川急便! ドライバー業界に身を転じる方は一度は転職を考えたことがあるのではないでしょうか。 ここではそんな佐川急便に関する情報を詳細に書いた記事をまとめています。 なお記事は...
タイトルとURLをコピーしました