スポンサーリンク

役員ドライバーの給料は安い?年収や給料明細を暴露!

役員ドライバーの給料は安い 転職
スポンサーリンク

 

ドラマや漫画などでもその存在は認知されている「役員ドライバー」

しかし、その実際の仕事内容や給料の事はあまり知られていないのでないでしょうか?

今回は役員ドライバーの年収や給料、給料明細について色々と暴露したいと思います。

最後まで読んで是非参考にしてください!

 

役員ドライバーの平均年収はどれぐらい?

 

平均年収は400万円~600万円となります。

他のドライバーの仕事をみても高い給料といえます。

しかしその理由はちゃんとあります。

・会社にとって重要な役員を乗せる仕事

・守秘義務などもある仕事

・ベテランドライバーの雇用が多い事

つまり、ちょっと始めたばかりのドライバーでは務めれないのです。

勿論、外部の会社などでは新人育成から役員ドライバーを教育する場合もありますが、それでも専属の運転手を育成するとなると簡単にできる話ではありません。

少し大げさな言い方をすれば「選ばれた人物専属の運転手」と思えば納得もできるのではないでしょうか。

 

役員ドライバーの給料・月収はいくら

 

平均30万円~40万円です。

こちらも高額となりますが、役員次第で勤務時間も変わってくるので拘束時間がやたらと長い日、または週がある場合もあります。

役員ドライバーの仕事は【待機時間】が長いと言われています。

状況によっては急な移動や待機などもあるので、自分のプライベートな予定を中々立てづらいといった仕事でもあります。

しかし、全てがそれに当てはまるわけではなく外部会社の役員ドライバーは日替わりのようにローテーションで動いており、その場合だと予定は立てやすいかもしれません。

 

役員ドライバー稼げる?稼げない?

 

もともとの給料が他のドライバーと比べても決して低くないのですが「もっと稼ぎたい!」といった人には向いているとは思えません。

残業なども役員次第ですので、上を見る事は現実的ではないと思います。

他のドライバー達なら仕事をすればするほど給料に反映される場合が多いですが役員ドライバーには、やればやるほどっといった業務ではないので現実的には収入をもっと増やしたいと思う人には物足りないと思います。

それでも特殊な職業ですので元々の給料は高いとも言えます。

 

役員ドライバーの給料明細とは

 

役員の会社から外部で仕事を貰う人ならサラリーマンと同じく紙でもらえます。

前日が当日に明細表を渡されます。

しかし、古くからある直接雇用の場合だと少し変わってきます。

勿論、サラリーマンのように明細表を貰える場合もあると思いますが社長のポケットマネーで払われてるドライバーにはありません。

これは言ってみれば運転代は「お小遣い」程度であって本来の給料とは別な物な場合もあるからです。

今の時代それほど多いとは思えませんが、確かにそういった会社もありました。

 

役員ドライバーの仕事を探すコツとは

 

求人募集を出している会社の殆どが外部の会社、つまり役員の会社から依頼されて契約を結ぶ会社です。

この場合に必須なのが普通自動車第二種免許です。

人を乗せて仕事をする場合には絶対に必要です。

なので、まずはこちらの免許を取得しなくてはいけません。

しかし役員の会社から直接雇用される場合だと、普通運転免許だけでも問題はありません。

ほとんどの場合が高級セダンでの運転になるので、大型や中型免許などは必要ないでしょう。

ただ直接雇用の場合は今から役員ドライバーを始めようとされる方にはお勧めできません。

基本時に口利きからの雇用になるからです。

例えばタクシードライバーを何十年もやっていて、知り合いから○○の会社で役員ドライバー探してるけど来る?といった話です。

この場合の条件は「人を乗せて運転していた経歴があって、なおかつベテラン」といった条件になるので、はじめようとされている方には条件が合わないでしょう。

一番確実な方法が、普通自動車第二種免許を取得して外部の会社に入社するだと思います。

 

まとめ

存在の認知は高いのに、その仕事の内容や給料の事はあまり知られていない役員ドライバー。

いかがだったでしょうか?

給料は他のドライバーと比べても高く設定されています。

ですが、荷物ではなく人を運ぶ仕事ですので対人関係などが苦手な人には向かない仕事です。

守秘義務などもあるので仕事を真面目に勤めれる人を求めている業界です。

タイトルとURLをコピーしました