本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

50歳からの再就職でドライバーになるための秘訣とは!

記事内にプロモーションを含む場合があります
50歳からの再就職 転職
スポンサーリンク

 

一般的な転職事情としては、企業側である採用担当者が見る第一基準は「求職者の年齢」であり、まずそこから後の評価へと繋げられるものとなってます。

その基準とされてる年齢幅も一昔と比べて少しは広げられてはおりますが、やはり企業にとっての「譲れない最低ライン」というのは必ず設けられております。

というわけで今回は、そんな再就職テーマをもって「年齢50歳からのドライバー」となればその「難易度」に「必要となる免許」、あと「ドライバーとしての業務別ジャンル」から「再就職に向けたメンタル的要素」について検証していきます!

 

※50歳からドライバーへの再就職はこちらからご相談ください。

・簡単登録で無料で利用できます。
・アドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。
・情報収集にもご利用ください。

🔗50歳からのドライバーへの転職の詳細はこちらからどうぞ

 

スポンサーリンク

50歳からの再就職でドライバーになれる?

 

まず結論から「本人のやる気が備わっている」のであれば「50歳から」でも全っっっっっっっっっっっっっっ然ドライバーとしての再就職は可能です!

とは言っても… 当然それが全ての会社に通用していく訳ではなく、現実問題となれば「年齢50歳では多くで即戦力として除外」されます。

普通に考えればそうなります、、、。

しかしそこで諦めてしまえばそれは「ただの凡人」であり、たとえ貴方が再挑戦してる身であってもその気弱な部分が後々に全てを邪魔します。

つまり通例とされてる「若い年齢での無条件な採用傾向」に対して如何に ”自分がこの会社にとって有利・特別な人材でありますよ!” といったアピールに掛かっていると言う事です。

 

50歳からの再就職でなれるドライバーの種類とは

 

世の中には年齢別に関係無くバスやタクシー、または貨物関係でのトラックなどドライバーとしての職業も様々です。

ただ「名の知れた大手」となれば基本が将来性を見据えた人材選定であり、そこに含まれる年齢枠でも若者が中心となってしまいますので、余程のスキルや肩書等がない限りは「50歳からの挑戦ではかなりの狭き門」となってしまいます。

そう考えると敷居も低い「タクシードライバー」、もしくは「貨物系のトラック」や「建設関係でのダンプドライバー」となり、それらは作業においても比較的に覚え易い業務内容となっておりますね。

 

50歳からのドライバーへの再就職で必要な免許とは

 

企業専属とされる役員送迎ドライバーなどであれば普通自動車免許で問題なく業務に就く事が可能となりますが、それがマイクロバスや貨物事業などで用いられる中型以上からの車両においては、各種に応じた自動車免許が必要となります。

 

■普通自動車免許■

一般的に乗用車タイプの車両を用いた送迎ドライバー、また貨物においても「最低t数車両であれば普通免許で業務に就ける」とされてます。

 

■中型自動車免許■

マイクロバスや貨物系でのトラック業務となれば必須となる運転免許。

とりあえず取得しておけば「ある程度は潰しも効く運転免許」とも言えます。

 

■大型自動車免許■

貨物であれば王道であり、またマイクロバスにおいても定員数の上限も無くなるなど様々な部分で仕事の幅も広がります。

 

■二種免許■

これは皆さんもご存知「タクシー」や「バス」のドライバー職で必須となる第二種運転免許。

一般的にバスの乗務員においては「大型二種」を必要とします。

 

これらの場合、企業によって設けられた資格支援制度を利用するなど、転職においての金銭負担を上手く軽減していくのもアリですね!

 

ドライバーへの転職には免許以外にも適正や性格的な向き不向きが重要になってきます。

一度こちらの適性診断で自分がドライバーに向いているのかいないのかをチェックしましょう。

🔗無料診断は1回のみ!リクナビのグッドポイント診断はこちらから!

 

50歳からドライバーへの再就職でのリアルな現実とは

 

タクシーやバス、送迎ドライバーであれば直接人と関わる機会も多く、50歳からのスタートとなれば多少は気後れしてしまう傾向にあるようです。

貨物(主に物流関連のトラックドライバー)の場合だと「とにかく体力勝負となる業務内容」が多く、若い世代でもキツい作業となれば、50歳の体では無理があるどころかかえって体を壊します。

つまり50歳からではかなり勝手も変わり、「それ相応のスキル」や「肉体的な体力」も要求され、育成期間を設けれる「若手以上の努力もかなり必要」となる現実です。

 

50歳からドライバーへの再就職を成功させる秘訣とは

 

シンプルですが ”全力” が何よりも最強です。

年齢が50歳ともなればそれは物理的な問題となり、ドライバーとしての再就職でも否が応に自分を正直にさせてくれます。

それは意地悪な意味で…

ただ「仕事に対しての向き合い」は精神の問題、それは例え50歳であっても人として当然であり、心得を持つこと自体は容易です。

しかし「若い世代との相違」ではどうしても精神や体力面の他、様々な部分がついて行けなくなるのも事実。

つまり年齢50歳での実状では「体力の衰え」~「総体的なジェネレーションギャップ」~「劣等感」といった負の連鎖もある程度は視野に入れ、とにかく全力を尽くす事!

「成功」は後から必ず付いて来ます!

 

50代以上のトラック運転手の募集や求人情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
50代からの再就職ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
しかし数多くの運送会社がある中で、自分に合う会社を探すのは至難の業です。
なのでプロのアドバイザーに相談しながら進めたほうが安心です。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで50歳以上の再就職ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで50歳からのドライバーへの再就職の相談をする

まとめ

 

さすがに年齢が50歳となれば今の時代をもっても「単純に ”若くない” とった見た目の印象」でしか無く、それが企業側として真っ先にイメージするのは紛れも無く「物理的な限界」でしょう…

たしかに若い事自体は未熟として周囲に了承されるものであり、その了承は未熟者(若者)故のサポートとして「若年層に向けた人材育成への構図」となってます。

今回の記事の本質というべくキーワードは「50歳」…

結局はそれを「言い訳に充てる」か「前向きに充てる」かは貴方次第なのです!