スポンサーリンク

50歳からトラックの運転手になれますか?質問に本気でお答えします!

50歳でトラック運転手に転職できる? 転職
スポンサーリンク

 

トラック運転手に50歳から未経験で転職される方は意外にも多いです。

前職はサラリーマンや元経営者、大卒で一流企業に勤めていたような方までいらっしゃいます。

転職理由も稼ぎたい、昔から興味があった、色んな所に行ってみたいなど様々です。

この記事ではトラック運転手への転職を考えているけど50歳からでもやっていけるのか心配な方へこの業界のありのままの実態を包み隠さずお伝えしています。

 

50歳からトラックの運転手になれるのか?

 

トラック運転手といってもトラックの大きさや業種は様々です。

2t車や4t車、大型トラックで業種は地場まわりから中距離や長距離の仕事があります。

集配ドライバーや路線ドライバーまで幅が広いです。

まずは50歳からトラック運転手になれるかという質問ですが

50歳からトラック運転手にはなれます。

なれますが大手の運送会社は50歳からでは難しいかもしれません。

50歳からでは年齢制限の無い会社で募集を探す必要があります。

運送会社、特に庸車といわれる下請け会社では「学歴経験不問、年齢制限無し」の会社が多いです。

個人経営のよくある運送会社ですね。

必然的にそのような庸車への転職がよくあるパターンになってきます。

私の会社も庸車ですが積極的に面接して採用しています。

しかし実際には続かず辞めていく人の方が多いです。

 

トラック運転手に転職した50代のリアルな現実とは

 

面接に合格して会社に入社するとまず「横乗り」といわれる新人研修があります。

先輩ドライバーの横に乗って仕事内容や地理的なことを勉強します。

期間は早くて2週間、通常なら約1ヶ月程度ですが実はこの横乗り期間中に辞める人が多いんです。

ひどい時は1日横乗りをしてそのまま辞める人もいます。

仕事内容が想像以上にハードだと感じるようです。

それに運送会社にはヤンチャで口の悪いドライバーが少なからずいます。

20代や30代の若い先輩ドライバーの態度に耐えられずに辞めたケースもあります。

私の会社では50代の方にはそれなりの年齢のベテランドライバーを横乗りにつけるようにしています。

約1ヶ月間の横乗りを乗り越えたらそこからが本当のスタートです。

体も仕事にも慣れていないので時間的、肉体的、精神的にクタクタになります。

多少慣れてくる最初の3ヶ月が1番辛い時期となります。

50代で面接にきてチャレンジした方で仕事が続いた人の割合は私の会社では3割くらいでしょうか。

半分にも満たないのが現実です。

あくまで私の会社のたとえですが。

横乗りは辛い

あなたは横乗りに耐えられますか?

横乗りについてこちらの記事で詳しく説明しています。

ご自身にどれくらい当てはまるかチェックしてみてください。

トラックの横乗りとは!辛い気まずいきついって本当?期間はどれくらい?
運送会社に入社するとまず横乗りといわれる新人研修があります。 初めて会う人と密室のトラックの中で2人っきりになるのは緊張もするし不安もあります。 しかし横乗りは非常に意味のあるものでチャンスでもあります。 この記事...

 

サラリーマンからトラック運転手になって感じたこと!

 

私はサラリーマンからトラック運転手になりました。

一般企業の配送部でドライバーをしていたサラリーマンドライバーでしたが長距離の運送会社に就職した時はサラリーマンとはまるで違う環境や待遇に驚きました。

大手の運送会社は別ですが下請けの運送会社はブラック企業が多いんです

残業うんぬんよりもいつ家に帰れるかわからないし出勤時間も終わる時間もバラバラで仕事が決まるのも当日だったりしました。

大阪から東京に行って仕事がないから東京で一晩泊まってくれとか平気でありました。

重い荷物をこれでもかと大型トラックに積み込んでからの長距離運転はきついというレベルを超えていました。

昼と夜が逆になり睡眠不足や過度の不定愁訴に悩まされる日々が続きました。

給料はたしかに稼げましたが荷物事故や車両事故をすると自腹で給料から引かれるし大型連休になると仕事がなく給料は大幅に下がります。

そしてサービスエリアやパーキングエリア、道路の側道で寝るという行為はあまりにも特殊な職業だと感じました。

大手と違い個人経営の運送会社は日給制で大きな病気や怪我で会社を長く休むと給料はなく逆に保険料を支払わないといけない会社も多いです。

ボーナスが出る会社は少なく退職金もない会社がほとんどです。

 

トラック運転手に転職したい50代の方へのアドバイスとは

 

50代からの転職で不安はやはり体力面です。

トラック運転手は力仕事で少々キツくてもやっていける体力や頑丈な体が必要です。

特に力仕事をした事のない方にはかなりハードな仕事になると思います。

そこで50代から仕事を探すなら「パレット輸送」や「カゴ輸送」をメインでやっている会社を探すことです。

トラックドライバーは荷物を積んで運ぶのが仕事です。

荷物の積み込みはバラ積みばかりではありません。

フォークリフトやハンドリフトで積み込むパレット積みがあります。

カゴ輸送も車のついたカゴをコロコロ転がすだけです。

そのような仕事をメインでしている運送会社を狙って探すことをおすすめします。

 

トラック運転手の向き不向き診断

 

どんな職業でもそうですが向き不向きがあります。

トラック運転手も向いてる人向いてない人に分かれます。

転職される前にご自身が当てはまるかどうか確認してみて下さい。

運転は好きな方だ

 

運転手は運転が仕事です。運転が嫌いだと話になりません。車やトラックに興味があればなおよしです。

渋滞は苦にならない

 

渋滞にハマることもよくあります。渋滞や赤信号にいちいち腹を立てたりイライラする人には運転手は向きません。そのようなせっかちな性格の人は事故も多いです。

 

長時間の運転も苦にならない

 

特に長距離の運転手を目指す方には必要な項目です。長距離ドライバーは6~8時間走ることもあります。

 

いろんな場所に行ってみたい

 

同じ場所でずっと仕事がしたい方には向いていないです。逆に同じ場所にじっとしているのが嫌な人には最適の仕事といえます。

 

体力やストレスに自信がある

 

ドライバーは体力勝負です。肉体的にも精神的にも眠気にも強くストレス発散の上手い方には向いています。逆に体力がなくたっぷり寝ないと体がもたない人にはきつい仕事です。

 

大勢より一人で仕事がしたい

 

トラック運転手は孤独な作業が多いです。人を使って仕事を回したい方には向いていません。トラック運転手で1番大事なことは無事故です。派手な結果が欲しい人には向きません。

 

時間が不規則でも構わない

 

出勤時間や退社時間がきっちりしていて休憩も同じ時間にしっかりと欲しい人には向きません。

 

はっきりと断れる

 

トラック運転手はときには会社から無茶な仕事を依頼される場合があります。自分の体と相談して無理ならはっきりと断れる勇気も必要です。

 

50代でドライバーへの転職を成功させる方法とは

 

運送会社への転職は注意が必要です。

なぜならブラック企業が多いからです。

業界に詳しい方なら別ですが未経験からの転職ならいい会社との見極めが難しいです。

そこでおすすめのサービスがエージェントの利用です。

私の会社にもエージェントからの面接が非常に多いです。

大手運送会社への希望があれば担当者が探してくれますし、給料や仕事内容などの交渉もしてくれます。

無料で登録できますし活用しないと損です。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

50歳からでもトラック運転手にはなれます。

そして大手の運送会社よりは下請けの庸車の方が入りやすいです。

仕事内容によってはかなりハードなので会社選びが非常に重要なポイントになってきます。

私がこの業界にいて思うのは

年齢よりやる気の問題

ということです。

やる気さえあれば50歳以上でも十分受け入れてくれる業界です。

慣れてしまえば体一つで稼げる職業です。

60歳以上になってもそのまま雇用してくれる会社も多いです。

私の会社にも67歳の長距離ドライバーがいます。

いまだに毎月50万近い給料を稼いでいます。

そんなドライバーもいますので50歳は決して高齢ではありません。

近年は特にトラックドライバーの人手不足と高齢化が問題になっています。

逆にいえば50歳、60歳のドライバーがたくさんいる業界だということなのでやる気さえあれば大丈夫です。

しかし会社選びだけは慎重にして下さい。

この記事がお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました