スポンサーリンク

ユニック車ドライバーは過酷できつい?仕事内容や辞める理由を暴露!

ユニック車ドライバーは過酷 転職
スポンサーリンク

 

世の中には色んな種類のトラックが道路を走っています。

今回の記事では、ユニック車ドライバーになるための資格や仕事内容を解説した上で、ユニック車ドライバーは過酷できついのか?

仕事内容や辞める理由といった事まで説明していきたいと思います。

最後まで読んで是非参考にしてください!

 

ユニック車ドライバーとは!必要な資格と条件は

 

ユニック車のサイズも様々です。

まずはその車のサイズで運転免許が変わってきます。

免許の種類      車両総重量     最大積載量

普通自動車免許 ⇒  5t未満  ⇒     3t未満

中型自動車免許 ⇒  11t未満  ⇒    6.5未満

大型自動車免許 ⇒  11t以上  ⇒    6.5t以上

となります。

そして次がユニック車の特殊な資格です。

 

吊り上げ荷重   免許・資格

0.5t~1t未満 ⇒  移動式クレーンの運転の業務に係る特別教育の受講

1t~5t    ⇒  移動式クレーン運転技能講習の受講

5t以上    ⇒  移動式クレーン運転士免許の取得

ユニック車のドライバーはクレーンでの荷降ろし作業を行うので、上記のような資格・免許が必要になってきます。

そういった意味で言えば手卸作業などのほうが気軽に誰でもできますね。

そして、まだあります。

それが【玉掛け】です。

これはクレーンに荷物を繋げる時に必要になる資格でこちらも講習などを受けないといけません。

 

ユニック車ドライバーの仕事内容や1日の流れとは!

 

一日の仕事の流れは他のドライバーと変わりありません。

荷物を積み、降ろしに行く。

場合によっては何回も同じことをして仕事を終えます。

長距離の仕事も荷物の内容によってはあります。

しかし、殆どは1日で家に帰れる仕事がメインとなります。

建築現場、工事現場では欠かせない存在ですので帰宅時間も現場次第では早かったり遅かったりと変わってくるのもユニック車の仕事としては仕方がありません。

 

ユニック車ドライバーは過酷できつい?

 

クレーンを使っての荷降ろし作業になるので肉体的な疲労は少ないと思うかもしれませんが、ドライバーは自ら荷台に登ってシートを剥がしたり、フックをかけたりと結構上り下りを繰り返します。

これが意外ときついです。

イメージとしては踏み台昇降運動をしているイメージですね。

あれも繰り返す数が多いときつくなりますよね?

あとは精神的に神経を削る作業でもあります。

例えば建築現場で仕事がある場合などは 周りは全て新築もしくは傷をつけれない物ばかりです。

私も経験がありますが荷物を降ろすのに物凄く神経を使って、何度も何度も確認をして慎重に降ろします。

これはかなり疲れます。

精神的にですがそのプレッシャーは想像以上です。

特に雨降りや風の強い日は状況次第では中止になる場合もあります。

 

ユニック車ドライバーを辞める人の理由とは

クレーンで荷降ろしをするだけで他のドライバーとほとんど変わりがありませんし給料もそれほど差がありません。

拘束時間は長くなる場合もあり待機時間も長くなる時もあります。

お金が原因で辞められる人もいますが、実際はユニック車ドライバーの作業は「立ち仕事」なので腰を悪くして辞められる人もいるのです。

車が大きくなればなるほど荷台に登ってシートを剥がしたりフックをかけたりする作業は体にきつくなります。

 

ユニック車ドライバーへの転職を成功させるコツとは

ユニック車ドライバーは運転免許意外にも資格や免許が必要になります。

ただ入社後に取らせてくれる会社もあるので会社を探す時にそれらを載せている会社を探した方がいいかもしれません。

そして稼ぎたい人は大型免許があったほうが稼げます。

ユニック車も運転する車のサイズで給料が変わってくるので余裕があれば就職前に習得しておくといいと思います。

 

まとめ

まとめ

 

荷降ろし作業以外は普通のトラックとあまり変わらないユニック車ドライバー。

しかし、必要とされる資格や免許が多いのも特徴の一つと言えます。

クレーンでの荷降ろし作業も全部自分でやらなくてはいけないので意外と肉体的疲労が大きい仕事です。

長く続ける為には日ごろから身体のケアをしておかないといけません。

タイトルとURLをコピーしました