本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

運送会社の面接での正しい服装:ドライバー編!スーツor私服どっち?

記事内にプロモーションを含む場合があります
運送会社 面接 服装 転職
スポンサーリンク

 

この記事がおすすめの人

運送会社に面接に行くときの服装について調べている
スーツがいいのか?それとも普段着?
靴や身だしなみに関しても知りたい

運送業界でドライバーとして働く際、日常的にはラフな服装やユニフォームが一般的です。

そんな環境から、就職の面接に臨む際にも、同じようなリラックスしたスタイルや作業服で問題ないのかと悩む方が少なくありません。

面接時にはどのような服装を選ぶべきか、そして服装選びにおけるポイントにはどのようなものがあるのでしょうか。

この記事では、運送会社の面接に適した服装選びと、その際のエチケットについてご紹介します。

 

面接の悩みや相談はエージェントに相談できます!
給料の交渉や履歴書の作成までアドバイザーが全てサポートしてくれます。
もちろん無料で利用できます。
運送会社への転職にはぜひ活用しましょう。

>>リクルートエージェントで面接の相談をする

 

スポンサーリンク

ドライバーの面接の服装はスーツがおすすめ

ドライバーの面接を行う際の服装としては、スーツを着用するのがおすすめです。

運送会社の面接にスーツで行くのがいい理由を簡単に説明しますね。

まず、スーツを着ると、自分がこの仕事に真剣だという姿勢を見せられます。

運送業界では普段カジュアルな服を着ることが多いけど、面接ではプロとしての自分をアピールするチャンスです。

スーツを選ぶ時は、清潔感があってちょうどいいサイズのものを選びましょう。

派手すぎず、信頼できる印象を与える色やデザインがベストです。

これで、面接官に「この人は仕事に対して真剣だし、長く働いてくれそう」と思ってもらえるはずです。

面接でスーツを着る理由は、自分のプロフェッショナルなイメージを高め、面接官に良い印象を与えるためです。

面接は第一印象がとても大事なので、スーツを選んでその場にふさわしい自分を見せつけましょう。

 

男性ドライバーの場合

運送会社への面接に最適な服装や身だしなみを表にまとめてみましたので参考にされてくださいね。

 

カテゴリ 推奨事項
スーツ
  • ネイビー、グレー、またはダークブルーの落ち着いた色合い。
  • シンプルでプロフェッショナルなデザインを選択。
シャツ
  • 白または淡い色の清潔でアイロンがかかったシャツ。
  • 過度に派手な色や柄は避ける。
  • 短パンにtシャツは絶対にNG
ネクタイ
  • シンプルで洗練されたデザイン。
  • スーツとシャツに合う色を選ぶ。
  • 黒またはダークブラウンの磨かれたドレスシューズ。
  • サンダルなどは絶対にNG。
靴下
  • スーツに合わせた色の長めの靴下で、肌が見えないようにする。
ベルト
  • 靴と色を合わせたシンプルなデザイン。
アクセサリー
  • 最小限に抑える。
  • 時計や結婚指輪などの控えめなアイテムを選択。
  • ネックレスやブレスレットは着用しないほうが無難。
髪型
  • きちんと整えられた髪型。
  • 過度に長い髪や奇抜なスタイルは避ける。
ひげ
  • もし剃らない場合は、整えられたひげ。
  • 無精ひげは避け、清潔感を保つ。
香水
  • 使用する場合は極めて控えめに。
  • 強い香りは避ける。
  • (男性の場合は香水は付けないほうが無難)
  • 体臭が気になる方は消臭スプレーでケアすること

男性の場合、ネイビーやグレーなどの落ち着いた色のスーツが好ましいです。

これらの色はプロフェッショナルな環境に適しており、信頼感を与えます。

シャツは清潔でアイロンがかかっているものを選び、ネクタイはシンプルながらも品のあるデザインを選ぶことが大切です。

靴は磨かれたドレスシューズを選び、全体の印象を整えましょう。

面接では、服装だけでなく、髪型やひげも整えることが重要です。

清潔感があり、整った外見は、面接官に対して良い印象を与えるために不可欠です。

また、アクセサリーは最小限に抑え、時計や結婚指輪などの控えめなアイテムに留めることをお勧めします。

 

女性ドライバーの場合

 

カテゴリ 推奨事項
スーツ
  • ネイビー、グレー、ダークブルーなどの落ち着いた色のビジネススーツやパンツスーツ、適切な長さのスカートスーツ。
シャツ/ブラウス
  • 清潔でアイロンがかかった白または淡い色のシャツやブラウス。
  • 過度に派手な色や柄は避ける。
  • 靴 閉じたつま先の靴やローヒール。清潔で磨かれた状態のもの。
靴下/ストッキング
  • スーツに合わせた色の靴下またはヌードカラーのストッキング。
アクセサリー
  • 最小限に抑え、シンプルで洗練されたデザインを選択。
  • 大きなイヤリングや派手なネックレスは避ける。
髪型
  • 顔周りをスッキリと見せるきちんと整えられた髪型。
  • 過度に派手なスタイルは避ける。
メイク
  • 過度ではなくナチュラルでプロフェッショナルな印象を心掛ける。
香水
  • 使用する場合は極めて控えめに。
  • 強い香りは避ける。
バッグ
  • ビジネスに適したシンプルで整理されたバッグを選択。
  • 過度に大きなバッグやカジュアルなデザインは避ける。

女性の場合、ビジネススーツやパンツスーツ、適切なスカートスーツを選ぶことが推奨されます。

色はネイビー、グレー、または深いブルーなど、落ち着いたトーンが好ましいです。

これらの色は専門性を強調し、面接官に対して信頼感を与える効果があります。

シャツやブラウスは、スーツと調和するものを選び、過度に派手な色や柄は避けることが望ましいです。

清潔感があり、プロフェッショナルな印象を与えるアイテムを選ぶことが重要です。

また、靴に関しては、磨かれた閉じたつま先の靴やローヒールが適しています。

これにより、整ったビジネスライクな外見を完成させることができます。

アクセサリーは控えめにし、大きなイヤリングや派手なネックレスは避け、シンプルで洗練されたアイテムを選ぶことが推奨されます。

髪型はきちんと整え、顔周りをスッキリと見せるスタイルが望ましいです。

メイクについても、過度ではなくナチュラルでプロフェッショナルな印象を心掛けましょう。

 

運送会社の面接でNGな身だしなみは

運送会社への面接で特に気を付けたい身だしなみは以下の3つです。

  1. ひげ
  2. 茶髪
  3. アクセサリー

この3つはどの業界でも当たり前になってきていますので、どこまで許されるのか判断が難しいです。

今回はあくまで運送会社の面接時に適した身だしなみということで解説させて頂きますね。

 

ひげ

運送会社の面接において、ひげの扱いは特に注意が必要なポイントです。

プロフェッショナルな環境では、ひげを含む身だしなみが面接官に与える印象が重要となります。

以下は、ひげに関するNGな扱いと、面接に適した身だしなみへのアドバイスをまとめたものです。

 

カテゴリ NGな扱い 推奨される対応
ひげの長さ 長すぎるひげ 手入れがされていないひげ ひげは整えて、清潔感のある短さに保つ
ひげのスタイル 奇抜なデザインや形 シンプルで整ったスタイルを選ぶ
清潔感 ひげに食べ物の残りや不潔な印象を与えるものがある ひげをきれいに洗い、整える
一貫性 面接の日だけ異なるひげスタイルにする 日常的にもプロフェッショナルなひげスタイルを維持する

 

面接においてひげを生やしている場合、それが清潔で整っていることが最も重要です。

ひげは個性を表現する手段の一つですが、運送会社の面接では、そのひげが業務におけるプロフェッショナリズムと責任感を損なわないようにする必要があります。

したがって、面接前にはひげを丁寧にトリミングし、整えることで、面接官に良い印象を与えることができます。

 

心配でしたら全てヒゲは剃って面接に望みましょう。
入社してから先輩ドライバーを見てまた伸ばせばよいでしょう。
「ひげは自分のスタイルやポリシーなんです。」というような自己主張はやめましょう。

茶髪はNG

運送会社の面接における茶髪については、企業文化や職場の雰囲気によって受け入れられ方が異なる場合がありますが、一般的にはより保守的なアプローチを取ることが推奨されます。

以下は、茶髪に関するNGな扱いと、面接に適した髪色へのアドバイスをまとめたものです。

 

カテゴリ NGな扱い 推奨される対応
髪色 明るい茶髪や派手なカラーリング 自然な髪色、もしくは控えめな色合いに染め直す
髪の手入れ 色あせた茶髪や不均一なカラーリング 髪色を均一にし、健康的な髪の状態を保つ
プロフェッショナリズム 派手な髪色が不適切と見なされる可能性 職場の雰囲気や業界標準に合わせた髪色を選ぶ

 

面接時には、髪色を含めた身だしなみが、応募者のプロフェッショナリズムと仕事に対する真剣さを反映します。

特に運送業界のように、顧客と直接接する機会が多い職種では、保守的な外見が好まれる傾向にあります。

そのため、面接前には、茶髪がある場合でも自然な色合いに染め直すことで、より良い第一印象を与えることが可能です。

白髪交じりの髪の毛も場合によっては印象を下げる場合があります。

白髪染めをしたほうが良いです。

要は身だしなみに気を使える人物かどうかということです。

最終的には、面接を受ける企業の文化や職場の雰囲気を事前にリサーチし、それに合わせた髪色やスタイルを選択しましょう。

面接官に対してプロフェッショナルで誠実な印象を与えるために、髪色を含めた全体の身だしなみに注意を払いましょう。

アクセサリー

運送会社の面接におけるアクセサリーの使用は、適切な量と種類の選択が重要です。

過度なアクセサリーは面接官に悪い印象を与える可能性があります。

以下は、アクセサリーに関するNGな扱いと、面接に適したアクセサリー選びへのアドバイスをまとめたものです。

 

カテゴリ NGな扱い 推奨される対応
アクセサリーの量 多すぎるアクセサリーの着用 最小限に抑え、シンプルなアイテムを選ぶ
アクセサリーの種類 派手なデザインや大きなアクセサリー 控えめでプロフェッショナルなデザインを選択
耳飾り 大きくて目立つイヤリングやピアス 小さめでシンプルなイヤリングやスタッドピアスを選ぶ(男性はNG)
指輪 複数の指輪や派手な指輪 結婚指輪などの意味のあるシンプルな指輪に限定する
腕時計 派手な色や大きな腕時計 シンプルで控えめなデザインの腕時計を選ぶ
ネックレス 目立つネックレス 見えないか、あるいは非常にシンプルなネックレスを選ぶ(男性はNG)

 

面接時にアクセサリーを選ぶ際は、そのアイテムがプロフェッショナルな印象を強化するかどうかを考慮することが重要です。

過度に個性的なアクセサリーは避け、清潔感と整った外見を保つことが望ましいです。

アクセサリーはあくまで全体の装いを引き立てるものであり、面接官の注意をそらすものではないことを心掛けましょう。

 

運送会社の面接合格率が上がる服装のコツ7選

運送会社の面接で合格率を上げるための服装のコツは、プロフェッショナリズムと適切な自己表現のバランスを見つけることにあります。

合格率が上がるコツは以下の7つです。

  1. 清潔感と整頓
  2. 保守的な色彩の選択
  3. 適切なフィット感
  4. アクセサリーの最小限化
  5. 適切な靴の選択
  6. 身だしなみのチェック
  7. 業界と職種に合わせた選択

 

面接の成功に貢献する服装選びのポイントをまとめました。

 

清潔感と整頓

ドライバーが面接官に良い第一印象を与えるためには、清潔感があり整頓された服装が必須です。

面接官は服装の清潔感によって第一印象を評価するため、ヨレヨレの服装や黄ばみや汚れのついた服装では評価が下がる可能性があるでしょう。

シャツはしっかりとアイロンをかけたり、スーツをクリーニングに出しておくなどを行ってください。

服装は面接官が真っ先にチェックするポイントなので、清潔感と整頓を意識するのが大事です。

保守的な色彩の選択

運送会社の面接で服装を選ぶ時、シンプルな色がいいです。

黒、紺、グレーなど、落ち着いた色を選びましょう。

これらの色は、真面目で信頼できる印象を与えます。

派手な色や柄は避けて、どちらかというと地味な見た目を心がけましょう。

保守的な色の服装を選ぶことで、面接官に良い印象を与え、面接の成功につながります。

適切なフィット感

面接での服装は、ちょうどいいサイズが重要です。

服は体に合っているべきで、大きすぎたり小さすぎたりすると、見た目に良くありません。

自分の体にぴったりの服を選びましょう。

そうすることで、自信を持って面接に挑めます。ちょうどいいサイズの服を選ぶことで、きちんとした印象を面接官に与えられます。

アクセサリーの最小限化

面接の時、アクセサリーは少なめにしましょう。

シンプルな時計や小さなイヤリングくらいがちょうどいいです。

派手なものは避けて、目立たないものを選ぶことが大切です。

これで、話す内容に集中してもらいやすくなります。

アクセサリーを控えめにすることで、真剣に仕事をしたいという気持ちを伝えられます。

 

男性の場合はピアスやネックレスは付けないほうがいいです。

適切な靴の選択

面接には、きれいで形式的な靴を選びましょう。

黒や茶色の革靴が無難で、どんなスーツにも合います。

スニーカーやカジュアルな靴は避けて、磨かれた革靴を履くといいです。

靴も清潔に保ち、しっかり磨いておくことが大切です。

このように靴を選ぶことで、細部にも気を使っているという印象を与えられます。

身だしなみのチェック

面接前には、身だしなみをしっかりチェックしましょう。

髪はきれいに整え、ひげは剃るか整えてください。

ネクタイはしっかり結び、シャツのしわもアイロンで取りましょう。

爪も切って清潔に保つことが大切です。

このように細かい部分まで気を配ることで、自分に自信を持って面接に臨めます。

整った身だしなみは、面接官に良い印象を与えることができます。

業界と職種に合わせた選択

面接に臨む際は、応募する運送会社の業界と職種に合わせた服装を選ぶことが重要です。

運送業界では、実務に即した堅実さが求められるため、保守的でプロフェッショナルなスタイルが好ましいです。

例えば、管理職やオフィスワークのポジションであれば、スーツやフォーマルなビジネスカジュアルが適切です。

一方で、現場作業に近い職種の場合でも、面接時は清潔感のあるスマートカジュアルを心がけると良いでしょう。

業界の慣習を理解し、職種に応じた適切な服装を選ぶことで、その職に真剣に取り組む姿勢をアピールできます。

 

面接時の服装に関しては

ドライバー職の面接希望者で、スーツ姿は少ないが、ジャージ、短パン、スウェットなどは、そういう意欲と考えて選考理由に加えている

正装である必要はないが、身だしなみに清潔感を感じられる方を採用対象にしている。なぜなら、それがその人の価値観なので、我々の価値観との相違は確実だと考えられるから

と、経営者側の意見があります。

参照:物流ウィークリー

これらのポイントを踏まえ、面接に臨むことで、運送会社の面接官に良い印象を与え、合格率を上げることが期待できます。
服装は自己表現の一部であり、あなたのプロフェッショナリズムと仕事に対する熱意を伝える重要な手段です。

 

運送会社の面接で面接官は何を見ている?

運送会社の面接で面接官がチェックしているポイントは以下の7項目です。

  1. 見た目
  2. 話し方
  3. 考え方
  4. 柔軟性
  5. やる気
  6. 技術や知識
  7. チームプレイ

面接で成功するためには、これらのことを意識して準備しましょう。

見た目

運送会社の面接で、面接官はあなたの見た目をチェックします。

まず、服装がきちんとしているか見ます。

きれいで整った服だと、仕事に真剣に取り組む人だと思われます。

次に、髪型やアクセサリー、靴が清潔かどうかも見られます。

これらは、あなたが細かいところにも気を使える人かを示します。

だから、面接には清潔感のある服で、髪もきちんと整えて、靴も磨いて行くことが大切です。

話し方

面接での話し方も、面接官が注目する大切なポイントです。

はっきりとした声で、自信を持って話すことが重要です。

落ち着いて、ゆっくりと話すことで、あなたの考えをしっかり伝えられます。

また、質問には直接的に答え、余計な話は避けましょう。

礼儀正しく、相手の目を見て話すことも、良い印象を与えるためには欠かせません。

このように話し方に気をつけることで、面接官にあなたのやる気や職務への適性を伝えることができます。

柔軟性

面接での柔軟性も、面接官が見ている重要な点です。

変化に対応できるか、新しい状況に適応できるかを示すため、さまざまな質問や状況に対して柔軟に答えることが大切です。

例えば、予期せぬ質問にも落ち着いて、考えをまとめて答えられるようにしましょう。

また、過去の経験でどのように困難を乗り越えたかの例を挙げることで、柔軟性をアピールできます。

このように柔軟性を見せることで、どんな状況でも対応できる頼りがいのある人材だと面接官に伝えられます。

やる気

運送会社の面接で、面接官は応募者がこの仕事を本当にやりたいかを見ます。

これは、真剣に働ける人を探しているからです。

面接官は、「なぜこの業界で働きたいのか」と「仕事で何を成し遂げたいか」を聞くことで、応募者の意欲をチェックします。

この方法で、本気で取り組む人を見つけられます。

やる気をどれだけ伝えれるかが一番のポイントになります。

技術や知識

運送会社の面接では、面接官は応募者の技術や知識も重視します。

この業界特有のスキルや経験があるかどうかを確認するため、具体的な質問をします。

たとえば、「雑貨の経験はあるか?」や「4トンウイング車に乗ったことはあるか?」といった質問です。

これらの回答から、応募者が仕事に必要な技術的な能力や専門知識を持っているかを判断します。

このようにして、即戦力となり得る人材を見つけることができます。

チームプレイ

運送会社の面接で、面接官は応募者がチームプレイができるかも見ます。

この業界では、さまざまな部署や人と協力して仕事を進めることが多いです。

そのため、面接官は「過去にチームでどのようなプロジェクトを成功させたか」や「チーム内での役割は何だったか」など、具体的な経験を聞くことで、応募者の協調性やコミュニケーション能力を評価します。

この情報から、応募者がチームの一員としてうまく働けるかどうかを判断します。

チームで効果的に働ける人は、運送会社にとって貴重な資源となります。

 

これらのポイントを押さえておくことで、面接官に良い印象を与えることができます。
面接の準備をするときは、これらのポイントについて具体的な話ができるように準備しておくといいですよ。

 

運送会社の面接で落ちる人の特徴は?

運送会社の面接で落ちてしまう人には、以下の6つの共通点があります。

  1. 準備が足りない
  2. 見た目に気を使っていない
  3. 話し方がわかりにくい
  4. 自分のことばかり話す
  5. 変化に強くない
  6. 前の仕事の悪口を言う

これらを簡単に説明しますね。

面接で気をつけたいポイントを把握しておきましょう。

 

準備が足りない

運送会社の面接で落ちる人の一つの大きな特徴は、準備が足りないことです。

この業界に関する基本的な知識が不足していたり、会社の背景や業務内容について調べていなかったりする応募者は、面接官に悪い印象を与えます。

また、自分の経験やスキルをどのように運送会社の仕事に活かせるかを明確に説明できないことも、準備不足の一例です。

面接に臨む前に、業界のトレンド、会社のミッション、自身がどのように貢献できるかをしっかりと理解しておくことが重要です。

準備不足は、面接での不成功に直結します。

見た目に気を使っていない

運送会社の面接で落ちる人の特徴の一つに、見た目に気を使っていないことがあります。

清潔感がない服装や乱れた髪型、不適切なアクセサリー選びは、面接官に悪い印象を与える原因となります。

この業界では、プロフェッショナルな姿勢が求められるため、面接に臨む際はフォーマルな服装を選び、整った外見を心がけることが大切です。

見た目が整っていないと、仕事に対する真剣さやプロ意識が疑われ、選考過程で不利になる可能性があります。

話し方がわかりにくい

運送会社の面接で落ちる人の一つの特徴は、話し方がわかりにくいことです。

はっきりとしない発言や、話が長くてポイントが掴みにくい、または緊張のあまり声が小さすぎることが、面接官に悪い印象を与えます。

面接では、自分の考えを明確に伝え、簡潔に要点をまとめる能力が求められます。

また、自信を持って話すことも重要です。

これらのスキルが不足していると、面接での評価が下がり、選考で不利になる可能性があります。

自分のことばかり話す

運送会社の面接で不合格となる人の特徴の一つに、自分のことばかり話す傾向があります。

面接では、自己紹介や経験の共有が必要ですが、会話の中で会社のニーズや職務内容にどのように貢献できるかを結びつけることが重要です。

ただ自分の経験や成果を話すだけでなく、それが運送会社での仕事にどう役立つかを明確にする必要があります。

自分の話にばかり焦点を当て、会社やポジションに対する理解や関心を示さない応募者は、チームに貢献する意欲が低いと見なされがちです。

変化に強くない

運送会社の面接で落ちる人の特徴の一つに、変化に対応できないことが挙げられます。

運送業界は日々変化し、予期せぬ状況に迅速に対応する能力が求められます。

面接で、過去に直面した困難や変化にどのように適応したかについての質問に対し、具体的な例や解決策を示せない応募者は、柔軟性が不足していると見なされることがあります。

このような応募者は、新しい環境や状況の変化にうまく対応できないと判断され、選考過程で不利になる可能性が高いです。

前の仕事の悪口を言う

運送会社の面接で落ちやすい人の一つの特徴は、前の仕事の悪口を言うことです。

面接官には、そういう話をすると不快に思われがちです。

前の会社の文句を言う人は、将来自分たちの会社でも同じことをするかもしれないと心配されます。

面接では、前の仕事で学んだことや良かった点を話す方が、ずっと印象がいいです。

以上、この6つのポイントを避けることで、面接での印象を良くすることができます。
面接の準備をするときは、これらのことに注意して、ポジティブな印象を持ってもらえるようにしましょう。

運送会社の面接で落ちる人の特徴に関しては、こちらの記事でさらに詳しくご紹介していますのでご覧下さい。

運送会社の面接に落ちる人はこんな人!経験者優遇でも落ちる!不採用になる理由や合格のポイントとは!
慢性的な人手不足が問題視されているトラックドライバーですが、最近では運送会社への転職を考える方が増えてきています。 そこで今回は運送会社の面接に落ちる人の共通点や合格するポイントなどを解説していきます。 これから運送会社への転職を考えている...

 

運送業の面接でおすすめの逆質問&具体例一覧表

ドライバー職の希望者として、面接官に聞いておきたい逆質問のおすすめは以下の11選です。

  1. 勤務時間・1日の流れは?
  2. 配送エリア・走るコースについて
  3. 車両の管理は自分でする?
  4. 給料やボーナスに関して
  5. 社員・契約社員について
  6. 昇進・昇格について
  7. 福利厚生面・社会保険はある?
  8. 研修制度・横乗り期間はどれくらい?
  9. 事故が起きた時の自腹はあるか?
  10. 運ぶ荷物や荷主に関して
  11. 休日や休みについて

 

質問の仕方・聞き方を具体例でご紹介しますので参考になれば幸いです。

勤務時間・1日の流れ
  • ドライバーの一日の勤務時間やシフトはどのようになっていますか?
配送エリア・走るコース
  • 配送エリアはどのように決定されますか?
  • 地域外への配送はありますか?
車両の管理
  • 使用する車両は個人が管理するのですか?
  • それとも会社が管理していますか?
給料やボーナスに関して
  • 基本給とは別に、残業手当や休日出勤手当はありますか?
社員・契約社員
  • 正社員になれますか?
昇進・昇格について
  • ドライバーから他の職種への転職や昇進の機会はありますか?
福利厚生点・社会保険
  • 健康保険や退職金制度はありますか?
  • 福利厚生にはどのようなものがありますか?
  • 社会保険はいつから入れますか?
研修制度・横乗り期間
  • 新入社員向けの研修や、スキルアップのための継続的な教育プログラムはありますか?
  • 横乗り期間はどれくらいですか?
自腹について
  • 車両事故や荷物事故発生時の自腹はありますか?
  • 誤着時のチャーター代の自腹はありますか?
運ぶ荷物や荷主に関して
  • 運ぶ荷物はどんな荷物ですか?
  • どの荷主さんの仕事になりますか?
  • 雑貨ですか?貸し切りですか?
休日や休みについて
  • 休みは決まっていますか?
  • 土日ですか?シフト制ですか?

 

運送会社で自腹制度があるかどうかは非常に大きな要素です。
必ず入社前に知っておきたい項目ですね。
以下の記事でくわしく解説していますのでご覧ください。
運送会社の事故のペナルティは減給よりもきつい!自腹って法律違反じゃねえの?

給料などのお金の面に関しても多少聞きにくいかもしれませんが、必ず聞いておきましょう。
自腹の有無も大切な質問になります。

 

運送会社の面接や服装に関するよくあるQ&A

「運送会社の面接や服装」に関するよくある質問はこちらです。

  • 運送業の面接で必ず聞かれる質問は?
  • 運送会社の面接でジーパンはあり?

この質問に対して運送業に30年以上携わっている私の意見をお答えします。

運送業の面接で必ず聞かれる質問は?

運送業の面接で特に聞かれる質問は以下の13点です。

  1. 前の会社を辞めた理由は?
  2. 前職の経験やスキル
  3. なぜドライバーになりたいのか?(未経験者の場合)
  4. なぜこの会社を選んだのか?
  5. 自分の長所や短所は?
  6. 緊張しているか?
  7. 保有資格や免許の種類
  8. 持病があるかないか?
  9. 事故歴や違反歴
  10. 日常的な飲酒の有無
  11. いつから就職・出勤可能か?
  12. 他にも面接を受けている会社があるか?
  13. ドライバー職に関しての周囲の同意はあるか?

特に長距離ドライバー志望の場合は家族の理解があるかを聞かれるよ。

運送会社の面接でジーパンはあり?

運送会社の面接でジーパンを着るのは避けた方がいいです。
面接は仕事への真剣さを見せる場なので、もっとフォーマルな服装がおすすめです。
スーツやビジネスカジュアルなど、きちんとした服を選びましょう。
ただし、面接前に会社のドレスコードを確認するのも忘れずに。
基本的には、ジーパンはカジュアルすぎると考えられがちです。

 

運送会社の面接対策は転職エージェントがおすすめ

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかし数多くの運送会社がある中で、自分に合う会社を探すのは至難の業です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
パレット輸送の多い会社を探して欲しい
面接対策を教えてほしい
履歴書の書き方を教えてほしい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

 

まとめ:運送会社の面接の服装はスーツが好ましい

運送会社や物流業界への面接時の服装は基本的にスーツがよいです。

スラックスでも構いませんが、上下揃ったスーツのほうが無難です。

面接は職務経歴書も大事ですが、髪型やシャツなどの見た目にも心がけが必要です。

印象で採用・不採用が決まる場合もあります。

細心の注意を払い、しっかりと対策をして面接に望みましょう。

また運送会社の面接対策には転職エージェントがおすすめです。

履歴書作成や服装に関してなど様々な悩みに対してプロのアドバイザーがサポートしてくれます。

自分では聞きにくい給料の話なども面接前に交渉を済ませてくれるのも、非常にありがたいですね。

転職エージェントには必ず相談をしてみましょう。

業界歴30年の私のおすすめは老舗のリクルートエージェントです。

>>リクルートエージェントに無料相談する

この記事が参考になれば幸いです。