スポンサーリンク

ドラレコの車内撮影は違法になる?車内カメラはプライバシーの侵害でしょ?

ドラレコの車内撮影は違法になる? ドライバー全般
スポンサーリンク

 

最近、あおり運転や危険運転が大きな社会問題となっています。

そんな被害に遭わないためにもドラレコを装備する車が圧倒的に増えてきました。

一般の車だけでなく、トラックにもドラレコは装備されていて中には車内カメラまでつけている会社もあります。

ドラレコならまだしも車内カメラでドライバーを監視するなんて完全にプライバシーの侵害だ!

そう思うトラックドライバーも多いはず。

そこで今回は、知り合いの弁護士さんに車内カメラは違法にならないのか聞いてみました。

 

ドライブレコーダーでの車内撮影は違法?

 

弁護士さんに相談してみると…

 

トラックに装備されている車内カメラはドライバーのプライバシー侵害に当たらないのですか?

 

事故が起きた時や危険運転に遭遇など、万が一に備えてという意図で設置したものと考えられるので、業務中の会社からの監視はプライバシー侵害とはなりにくいと思います。ただし、車内カメラを設置するにあたりドライバーの了承を得ていない場合は事後報告ということで肖像権の侵害にあたる可能性は考えられますね。とはいえ慰謝料請求までは難しいかもしれません。

 

弁護士さんからはこのような答えが返ってきました。

一番重要なのは設置の際にドライバーと会社との間で確認があったかどうかが大事なようです。

また、プライバシー侵害ではないのか?という点については、いろいろな状況が考えられるためケースバイケースとのこと。

タクシーであれば、乗客のプライバシーや乗客同士の秘密の会話もあるので実際に裁判をしてみないとなんともいえないというのが返答でした。

 

プライバシーの侵害にはならないの?

 

トラックの車内カメラについて弁護士に相談したところ、プライバシーの侵害にはなりにくいとのことです。

今では大手の運送会社だけに限らず庸車の会社でも車内カメラを取り入れているところも増えています。

車内カメラは映像だけでなく音声まで記録されるカメラもあります。

その他のドライバーの記録ではデジタコというものがありますが、デジタコも昔と違ってきています。

何キロで走行しているか、今何をしているのか、ドライバーの所在地までがわかるようになっていてどうにもやりにくい感じになってきています。

 

ドラレコでのドライバー監視について

 

ドライバー目線で道路を走行中の様子を録画撮影しているドライブレコーダーは一般的ですが、車内を録画する室内カメラは乗客がいるタクシーやバスに多く装備されています。

室内カメラは車内でのトラブルや事故などが起きたときに証拠映像として非常に有利です。

とは言っても、長距離ドライバーはお客さんがいるはずもない一人の空間。

そんな長距離ドライバーの車内を撮影して何の意味があるのか?プライバシーの侵害では?とさまざまな意見が多くあります。

私の会社では室内カメラは今のところ義務付けされていませんが、大手の運送会社やトラックの保有台数の多い庸車の会社ではどんどん装備されてきています。

 

実際に干された運転手もいる

 

何度か書いていますが、私には大手運送会社の路線ドライバーに知り合いがいます。

その人から聞いた話ですが、会社の社長をはじめ大型配車の担当に対して散々文句を言い、会社にそのことを聞かれてしまい干されたドライバーがいたそうです。

その干されてしまったドライバーは私も知っている人物でした。

当の本人はプライバシーの侵害だと訴えたそうですが、車内を録画している時間はトラックの運行中、つまり勤務中にあたるのでプライバシー侵害には該当しないという回答だったそうです。

車内カメラは万が一のことを考えると事故や事件、トラブルの解決につながる大きな証拠となりドライバーを守ってくれる重要なものと言えます。

しかし、常に見られていると感じるとストレスやプレッシャーなどで仕事が非常にやりづらくなるのは確かに辛いものがあるのも現状です。

 

さいごに

 

ドライブレコーダーの車内撮影は違法になるのか?について今回は記事をまとめました。

弁護士さん側の意見は、車内が撮影されている時間は勤務中にあたるのでプライバシーの侵害には該当しないのではないかということでした。

事故やトラブルが発生した時の証拠になるために撮影されている認識が強く、個人的にどうこうしようとは考えにくいとのこと。

しかし、勤務中の撮影とはいえ明らかに仕事以外での目的で使用したとわかる場合はプライバシー侵害となり裁判に発展する可能性も十分に考えられます。

まずは会社とドライバーとの間で車載カメラについてしっかり話をしておくことが重要だと感じました。

 

タイトルとURLをコピーしました