スポンサーリンク

軽急便ドライバーの年収とは!宅配業界の給料や平均年収を暴露!

宅配ドライバーの給料は安い 宅配便
スポンサーリンク

 

この記事では軽急便ドライバーの年収や宅配業界全般の給料や平均年収についてお答えします。

その前に、宅配ドライバーとは個人宅に荷物を運ぶ仕事を指しますが、大手運送会社などは個人宅意外にも企業などに配達する事を指します。

実際のところ、それは宅配ではないのですが「宅配もするし会社にも配達をする」という事で、大手運送会社はこれを宅配ドライバーとしている場合があります。

セールスドライバーなんかも基本は宅配ドライバーを指します。

勿論、宅配しかしない人もいると思いますが専門で宅配をする場合は軽自動車が殆どです。

それでは宅配ドライバーの給料は安いのか、年収や給料明細などを解説していきます。

 

軽急便ドライバーを狙うなら絶対に登録すべき転職サイト!

人気,穴場,大手運送会社の情報収集ができる転職サイトや転職エージェント!
こちらのページでは人気の運送会社や自分が興味のある運送会社の情報収集の鉄板の方法をご紹介しています。 この記事は運送業界歴30年の僕が実際に普段から情報収集に使っているサイトやエージェントをご紹介し...

軽急便ドライバーの年収とは!

軽急便ドライバーは完全出来高制なので、頑張った分だけお給料に反映します。

一例として、こんな収益モデルがあります。

【チャーター便売上例】

◎市内配送20キロまで1件4200円

◎名古屋→大阪(180km)2万4300円

◎名古屋→東京(350km)4万1300円

また、開業するにあたって開業資金というものも必要になります。

加盟金20万円、指定ユニフォームや名刺、伝票などの新規開業用品代など6万円弱、配送する車に関しては条件を満たすものは持ち込み可能です。

車両購入となった場合は指定車両代金が125万円ほどかかります。(車種により異なる)

 

宅配ドライバーの平均年収はどれくらい?

 

これは車のサイズによって収入が変わってきます。

知り合いドライバーの会社では主に、軽自動車、ハイエース(1t)2t車で周っています。

車も大きさによっては中型免許が必要になります(ワイド車と言われている2t車の事です)

これは車の免許でいうと、普通車、準中型、中型免許となります。

そして大手運送会社の宅配をしている車は準中型免許で乗れる車が多いですね。

そして気になる全国平均の年収は

・普通車免許  380.8万

・準中型免許  381.6万

 

勿論、各社によって勤続年数などで年収の上下はあります。

 

宅配ドライバーの給料・月収はいくら

 

こちらも各社によって変わってきます。

・普通車免許 29.1万

・準中型免許 29.4万

大手運送会社のヤマト運輸、佐川急便はこれよりも高くなっています。

そして、実際の現場で働いている私の意見としては、これほど貰うとなると労働時間やノルマがあるのかな?と感じます。

実際に8時間労働では、まず稼げる金額ではないでしょうし、残業時間もそれなりにありそうですね。

 

宅配ドライバーは稼げる?稼げない?

 

気になるところだと思いますが、手取り30万ほどなら宅配ドライバーで十分可能です。

歩合のところもあるかもしれませんが今の時代は殆どが時間給です。

つまり残業をすればお金になるので毎日平均3、4時間残業をすれば可能です。

そして、各社によって特別手当などもあるので、その会社のやり方で自分の給料を上げていく方法もあると思います。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

宅配ドライバーの給料明細とは

 

給料日の前日、もしくは当日に紙でもらえます。

会社によってはオンラインで給料明細を閲覧できる会社もありますが、それとは別で給料明細を紙で貰えます。

今の時代、現金手渡しの会社も少ないですからね。

 

宅配ドライバーの仕事を探すコツとは

 

安定した収入を稼ぐなら大手運送会社がお勧めです。

もしくは大手から仕事を貰っている会社がいいでしょう。

日々の荷物の量で給料に影響がでてしまうので、やはり安定とした大手関係の仕事に就くべきですね。

探すコツは福利厚生がちゃんとしているかどうかです。

ちゃんとしているなら仕事も安定していると判断できるからです。

○○手当などの項目が多い会社は、それを払えるほど仕事が安定している証拠です。

 

軽貨物ドライバーの求人募集や転職へのステップ

トラック運転手におすすめの転職エージェント
軽貨物ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで軽貨物ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで軽貨物ドライバーの相談をする

軽急便ドライバーはやりがいのある仕事

 

宅配ドライバーの年収、月収は決して高くはありません。

年がら年中、求人募集を出している業界ですからね。

しかし会社によっては宅配エリアをチームで動かしていたりして、そこの班長になると手当てがついたり、私の会社では能力給といった手当をつけたりして、決して残業代だけで収入を上げる方法ばかりではありません。

現在、運送会社は人手不足を解消しようと離職率の高さの歯止めをかけようと色々とチャレンジしています。

長く続けていけば、収入が上がっていくように多くの運送会社は給料面で試行錯誤しています。

タイトルとURLをコピーしました