スポンサーリンク

タンクローリーの給料明細を暴露!年収や給料安いって本当?

タンクローリー運転手の給料 ドライバー全般
スポンサーリンク

 

理想のトラックドライバーの仕事とは、極力運転だけに集中できる仕事が理想とされています。

ですが、殆どのトラックドライバー達は積み降ろし作業をドライバー自身が行っていて作業員も兼任しているのが現状です。

そんなドライバー職のなかでも理想に近い働き方が可能なのがタンクローリー運転手なのです。

正確には少しの作業はするのですが、荷降ろし、荷積み作業の肉体的な労力がほぼありません。

そして、高収入が見込める場合がある!

まさに理想ではないでしょうか。

今回はそんな理想の仕事「タンクローリー運転手」の給料は安いのか、年収や給料明細についてお話していきます。

是非最後まで読んで参考にして下さい。

 

※タンクローリー運転手のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗タンクローリー運転手の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

タンクローリー運転手の平均年収はどれくらい?

 

タンクローリー運転手は様々な荷物を運びます。

なので給料の幅も広くなります。

例えば、4t車と大型牽引車両の運転手では給料は変わってきますし、長距離ドライバーともなれば更に変わってきます。

平均年収450万円~650万円となります。

上で述べたように運ぶ荷物と、運転する車のサイズで変わってきますので、このフリ幅になります。

他のドライバーの年収に比べても最低年収は高めとなっています。

 

タンクローリー運転手の給料・月収はどれくらい

 

気になる月収ですが、こちらも運ぶ荷物と運転する車のサイズで変わってきます。

平均月収28万円~38万円となります。

タンクローリー車には4t車で乗れる車もあり、意外と知られていないですが車のサイズも様々なんですよね。

工場などからでる「廃棄油」を回収する車もタンクローリー車でおこなっている場合があり、車のサイズは大きくない事もあります。

こちらは基本的に近場の取引先を何軒も周る作業になりますが、殆ど荷積み作業による肉体的な労力はありません。

それでも他のジャンルのドライバー達に比べれば【労力と対価は見合っている】方だと思います。

現在のトラックドライバー達は作業員と兼任することが殆どです。

そういった面から見ても、タンクローリー運転手はドライバーの中でも優遇されていると言えます。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

タンクローリー運転手は稼げる?稼げない?

 

タンクローリー運転手は、トラック業界の中では稼げる方です。

しかも肉体的な疲労も少ないので、良い仕事の分類に入ります。

しかし、タンクローリー車も様々な荷物を運ぶので、物によっては他のドライバー達と変わらない場合もあります。

それでも【荷降ろし荷積み作業】は簡易的なので魅力的ですね。

もし稼ぐらな危険物取扱免許は持っておいた方がいいかもしれません。

そして、牽引免許もあればタンクローリー運転手の中でも高収入になる場合があります。

これらを全て所持して働ける会社があれば、トラック業界全体から見ればかなり稼げる仕事になります。

 

タンクローリー運転手の給料明細とは

 

給料日もしくは前日に会社から紙で貰えます。

近年ではオンラインで閲覧できる会社もあります。

データー閲覧するだけではなく、紙として欲しい人は個別でプリントして持って帰ります。

 

タンクローリー運転手の仕事を探すコツとは

 

求人募集の数が少ないので、中々自分にあった会社を見つける事が出来ないかもしれません。

そして、募集を見つけても【大型免許】【危険物取扱】などの習得が条件になっている場合もあります。

なので、タンクローリー運転手に絶対になるんだ!と思われるのであれば、上に述べた資格を取っておくのもいいかもしれません。

作業的な労力が殆どない業界ですので、離職率も低く中々募集がないのも事実です。

それほど長く勤めれるジャンルなので、少しでも採用に優位になる資格を習得しておくのも一つの考え方として有りだと思います。

無事に採用されれば十分に元は取れますからね。

 

タンクローリー運転手の求人や転職のコツ

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーが会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

まとめ

 

まとめ

 

他のトラックドライバー達よりも、給料は高めになっているタンクローリー運転手達。

給料も魅力的ですが、最大の魅力は何といっても「荷降ろし荷積み作業」による労力があまりないことです。

しかし、取り扱う荷物によっては手順通り作業をしないと大災害になる場合や、体が汚れてしまうといった仕事もあるので注意は必要です。

タイトルとURLをコピーしました