スポンサーリンク

ユニック車ドライバーの給料は安い?年収や給料明細を暴露!

ユニック車ドライバーの給料は安い 転職
スポンサーリンク

 

特殊車両の1つ「ユニック車」

見た事はあっても仕事内容などはご存知でしょうか?

新築現場には必ずと言っていいほど入り込んでいますし、工場などの作業にも活躍する場合があります。

そんな仕事であるユニック車ドライバー達の気になる年収や給料、給料明細についての話を今回はしていきたいと思います。

是非、最後まで読んで参考にしてください!

 

※ユニック車ドライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗ユニック車ドライバーの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

ユニック車ドライバーの平均年収はどれぐらい?

 

平均年収は300万円~360万円となります。

車の大きさでも変わってくるので大型車になれば給料は高くなります。

その仕事は手降ろし作業はない仕事なので妥当ともおもえますが、ユニック車ドライバーは運転免許以外にも資格や免許が要ります。

そして、荷降ろし場も現場が多いので朝早くなり他のドライバー達と変わりがありません。

それでこの年収は妥当なのか!?といえば人それぞれでしょうが私は決して高いとは思いません。

 

ユニック車ドライバーの給料・月収はいくら

月の平均は25万円~30万円となります。

殆どが1日で業務を終える仕事なのでプライベートな時間も確保しやすいのですが、やはり朝が早いのがネックといえます。

現場関係の仕事だと朝の9時までに到着しないといけないといった時間指定などもあるので、移動場所によっては深夜からや宵越しで現地に向かう場合もあります。

しかし、そういった現場関係の仕事でなければそれほど朝早い仕事でもないので(工場など)時間の過ごし方は他のドライバーと比べても取りやすいかもしれません。

 

ユニック車ドライバーは稼げる?稼げない?

まず稼ぐには車の大きさもそうですが、資格や免許もいっぱいあったほうがいいですね。

ユニック車の仕事はその資格や免許によって仕事の幅が広がります。

例えば中型車までしか扱えない 資格や免許の場合だと大型のユニック車での作業はできません。

基本的にドライバー自身で【玉掛け】もしなくてはいけないので(現場でやってもらえる場合もある)それも重量物でもできる資格があれば大型のユニック車に乗って仕事ができます。

そうなると給料は上がりますが、それでもユニック車ドライバーと他のドライバーを比べると稼げる職種とは思えません。

 

※給料をあと5万円上げたくありませんか?

実は運送業界では給料5万円アップは簡単にできます。
下記のページをご覧いただけると具体的にアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

ユニック車ドライバー給料明細とは

 

サラリーマンと同じく紙で貰えます。

会社にもよりますが、ほかのドライバー達よりも様々な手当などがあります。

それは資格と免許が他のドライバーより多く持っているからです。

 

ユニック車の仕事内容に関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

ユニック車ドライバーは過酷できつい?仕事内容や辞める理由を暴露!
世の中には色んな種類のトラックが道路を走っています。 今回の記事では、ユニック車ドライバーになるための資格や仕事内容を解説した上で、ユニック車ドライバーは過酷できついのか? 仕事内容や辞める理由といった事まで説明していきたいと思いま...

ユニック車ドライバーの仕事を探すコツとは

 

就職を有利に進めるには 資格と免許を先に習得しておいた方がいいと思います。

ただ、多くの会社が入社後に援助してくれる場合があるので、運転免許の中型か大型免許を持っているだけでも問題ありません。

玉掛けの資格を自分で習得しようと思うと予約をいれたりと個人でするには手間がかかりすぎます。

会社を探すときは、その辺もチェックして探してみるといいでしょう。

休みは比較的に多くもらえる業界ですが、休日日数のチェックも忘れずに行ってください。

中には繁忙期になると休みもない!なんて会社もありますからね。

 

ユニック車ドライバーの求人募集やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
ユニック車ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントでユニック車ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントでユニック車ドライバーの相談をする

まとめ

 

まとめ

 

今回はユニック車ドライバーの年収や給料について解説していきました。

習得しなくてはいけない資格や免許が多いのわりに意外と貰えていなど、様々な意見はあると思いますが、忘れてはいけない魅力が「手降ろし作業無し」という事です。

これはドライバーとしてのポイントはかなり高いと言えます。

そして他のドライバーよりも対人関係が重要だと言う事も忘れてはいけません。

現場では職人さんや工場の作業員さん達と連携をとって荷物を降ろさなくてはいけません。

最低限のコミュニケーションがとれないと仕事もスムーズには進んでいきませんので注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました