スポンサーリンク

日通の仕事はきつい?ドライバーの仕事内容や退職理由を暴露!

日通ドライバーきつい 運送会社
スポンサーリンク

 

国内では昔からテレビのCMなどでもお馴染みの日本通運。

この日本国内の物流業界において国内では最大手であり、国際物流においても世界4位を誇るグローバル企業です。

そんな大手物流企業である日本通運についての事柄や、ドライバーの仕事をされてる従業員の方々の仕事の内容や過酷さやきつさ、辞めていく理由や辞めずに続けられたメリット、それから日通ドライバーへの転職を成功させるコツなどを見ていきます。

 

日本通運の年収や給料明細に関してはこちらの記事で詳しくまとめています。

日通の給料明細を暴露!日本通運ドライバーの年収や給料安いって本当?
日本の物流業界で唯一全ての輸送モードをカバーし、「日本通運で運べない荷物な存在しない!」と、うたわれるほどの大手総合物流企業。 そんな日本を代表する運送会社で働くドライバーは安いのか、実際には稼げるのか?や年収や給料明細、口コ...

 

日本通運の会社概要

 

日本通運株式会社(にっぽんつううん Nippon Express Co.Ltd.)は日本国内の物流業界では東証一部であり、東京都港区に本社を置く大手の物流会社であります。

設立は1937年10月、資本金は700億円以上で会社の総売り上げは2018年3月期で一兆9953億円とも言われております。

従業員は総勢で32,094人とし、事業内容としては主に物流業として「陸運」「倉庫」「海運」「航空輸送」とし、そのほか旅行業や警備業なども事業内容の一環としております。

 

日本通運ドライバーとしての仕事内容や1日の流れとは

 

長距離運送の大型トラックドライバーから2トン・4tトラックと業務内容もさまざま。

大型ドライバーの長距離であれば基本毎日家に帰れる業務は少なく、2トンや4トンであれば基本的には企業間での配送業務となり、地場などのルートや配属地域によりますが大体は原則として毎日家に帰れるようになってます。

簡単ではありますが1日の流れとして…

 

■午前:朝の出勤後8:00から荷物をトラックに積み込んで出発。

■午後:自分が担当している取引先にて集荷する⇒そこから大体夕方ごろに帰社し、その後事務処理を終えて帰宅。

 

日通ドライバーでは大型を用いる長距離運送を省いて、1日を通した業務は基本的には共通した流れとなっています。

 

日本通運ドライバーの仕事は過酷できつい?

 

主に1トン~2トン車を用いて企業間でのルート配送やスポット配送などでは先述した通り、基本毎日帰宅でき、配送業務も企業ということで原則土日休日です。

路線ドライバーとして長距離などを走る業務の場合では「毎日帰宅できない」という事もあって毎日帰宅したい方にはキツいと言えますが、これについては特に毎日帰宅できなくとも苦痛でないドライバーも多数おられるのも事実。

ただ長距離の場合で共通した過酷さでは、配送先の時間的な問題から「睡眠が十分に取れない」ということ。

そのため睡魔との戦いが常につきまとうという事にあります。

そこから考えると長距離などの路線ドライバーの仕事で言えば「過酷でキツい」と言えます。

 

日本通運ドライバーを辞めていく理由とは

 

元日本通運ドライバーの退職した理由というのを主なものを平均して4項目に分けてみました。

●拘束時間が長い

●サービス残業が当たり前とされる部署がある

●年功序列のため成果が給与に反映されにくい

●給与水準が低い部署がある

などなど…

これだけでも日本通運ドライバーの業務内容もかなりの激務と取れます。

拘束時間が長いというのもそれぞれの配属先やその地域などによっても変わりますが、場合によっては土日出勤も当たり前などと働き方としてはかなりの体力勝負を強いられます。

収入面でも、年功序列制ということが若者にとっては向上心に欠ける原因となってるようです。

その他ではお酒の席などのコミュニケーションツールも肌に合わないなども若者にとっての退職理由となっているようです。

 

日本通運ドライバーのメリットは何?

 

日本通運のドライバーとしての業務内容もそれぞれであり、それによってメリット等も左右されますので全てが共通していませんが、一般的に見れば企業間の配送ルートでは土日の週休二日制による休日の完全な確保。

そこに歩合による昇給の幅があり、海上コンテナなどのドライバーでも土日休みの週休2日制などとなっております。

あと分かりやすく言えば、日通の求人等でも業種によっては待遇面が充実されてる事もメリットと言えますね。

 

日本通運ドライバーへの転職を成功させるコツ

 

どの職業においても転職を成功させるために多くの方が共通してるポイントは日本通運ドライバーにしても基本的なことは同じことだと思います。

面接までと、面接から採用までは自身が貴社に持つ情熱・熱意・向上心などのアピールが最も重要とされますが、いざ転職でき業務に就けた途端「ん?違う…」というのもよくある話。

そこから同じことの繰り返しじゃ転職の意味がありません。

失敗してしまう理由などは人それぞれであますが、皆が共通してる確認項目で基本的なことと言えば

 

給料形態

後々のトラブルのないようにしっかりと確認する。

 

人間関係

ドライバーであれば運転や食事、ほとんどの付帯した業務については基本一人で行うものでありますが、会社に勤めている以上必ず上司・同僚・お客様との人間関係が付き物です。

そこに自身がどう向き合えるかも重要といえます。

 

比較的年齢制限がない

これもドライバーとしては大きなポイントですね。

 

何ことにも経験があれば問題はないのですが、乗車するタイプがどのタイプかや、未経験不可であればほとんが不採用となります。

が、未経験可能であればどれだけの期間を要するかなどによって今後自身がやっていう上でモチベーションの持ちたも変わってきます。

以上の基本的な事柄をまず抑えることが何より重要ではないかと思われます。

 

まとめ

 

まとめ

 

このように日本通運ドライバーについて辞められた方などの意見やデータをもとに項目を分けた内容で見てきました。

どの様なドライバーとしての職業でも自身にとっても「壁」は必ず生じ辞める人は辞めます。

ですが日本通運のドライバーとして入社したのであれば少なからずは日本通運という会社に対しての思い入れも有り、入社までの苦労もあったかもしれません。

今一つとどまって考えるのも重要です、何事も「辞めるのに苦労はいりません」からね!

タイトルとURLをコピーしました