スポンサーリンク

佐川急便ドライバーの仕事はきつい?辞める理由を暴露!

運送会社
スポンサーリンク

 

街中での宅配配送において日頃忙しく駆け回ってる佐川急便ドライバーのお兄さん。

私たちも通販などでなにかとお世話になる事があるのでよく知られてますよね。

その佐川急便でドライバーとして勤務されてる従業員の方の仕事に対してのリアルな思いから、佐川急便という会社についてや仕事の内容、1日の流れから過酷さやきつさ、辞めた理由は何か?

そして、佐川急便ドライバーとしてのメリットとドライバーへ転職を成功させるコツなどをみていきます。

 

佐川急便の会社概要

 

佐川急便の創業は1957年(昭和32年)3月22日であり資本金は112億円以上、従業員の総数は5万人以上とも言われており、車両の保有台数も2万5千台以上とされております。

正式名称は佐川急便株式会社(SAGAWA EXPRESS CO.,LTD.)、京都府と東京都に本社を置く国内でもトップクラスの大手運送会社です。

主に皆さまにもよく馴染まれてる宅配便をメインとした業務展開を図っており、それだけに庶民の間では誰もが知る「佐川急便」と親しまれております。

 

佐川急便のドライバーの仕事内容や1日の流れとは

 

佐川急便のドライバーとなればセールスドライバーが主な仕事とされています。

仕事内容としてはトラックの乗務から一般のお客様からの荷物の集荷や集金。

また、法人のお客様においては新規の提案などルート配送などもメインとして行います。

そんな佐川急便のドライバーは実際にどのような1日の仕事の流れになっているのか簡単な流れで見ていきます。

 

●朝会社に出勤し、出勤処理や事務処理を開始

●仕分けから積み込みを開始

●積み込み後、配達と集荷をする

●営業所もしくは指定された場所にて積み込みをする

●配達と集荷

●営業所に戻って積み込み配達

●配達が終われば帰社する

 

尚、新人のうちは業務の流れを掴むまで時間を要する為、熟練のドライバーより比較的朝早く出勤しなければならない場合もあります。

 

佐川急便ドライバーの仕事は過酷できつい?

 

結論で言うとはっきりいって「キツい」の一言に尽きると言う事です。

とにかく「肉体的なキツさ」から「精神的なキツさ」に来ると言われております。

ノルマもあり、会社が大企業だけに安全点検等の確認事項も年々厳しくなっており、それだけに完璧な管理を各ドライバーに求められます。

さらには労働基準の見直しなどで近年残業なども減る傾向もあり、挙げ句の果ては手当も減るなど…

ドライバーによっては「労働的にキツい」に加えて「ふところもキツい状況」になりかねないという始末。

これまでの事柄と、その他のキツい項目としては

 

■営業ノルマ

■長い拘束時間

■厳しい縦社会

■仕事量の過多による激務

 

なども挙げられます。

 

佐川急便の下請けはきつい?

 

ズバリきついです。

佐川急便のドライバーとして仕事をするより、佐川急便の下請けとして仕事をした方が条件が厳しいと言われています。

下請けの仕事内容は荷物ひとつにつき100円~200円ほどで『配達個数=給料』に反映します。

(※荷物の金額は荷物の種類や地域によって違いがあります)

その給料も配達が完了した時点で初めてカウントされるので、家に出向いても不在で届ける事ができなかった場合はまた配達しなおすなど、ガソリン代も時間もかかります。

それなのに給料にはなかなか繋がらないというもどかしさもあります。

実際には、これでもかというくらいあちこち動いてまわっても配達が完了しなければ給料は0のままということです。

仮に配達できても、そのスピードも給料に関係してきます。

配達金額が200円と仮定して1時間以内に荷物を12個配達すれば単純計算で2400円です。

1時間で12個配達するのは移動時間を含めて5分に1個という計算になります。

これは在宅、不在に関わらずそもそも不可能に近いです。

交通状況が悪い日もあるでしょうし、そうそう上手くはいかずかなり厳しい条件となります。

とはいえ、要領が掴めて仕事に慣れてくれば稼ぐこともできると言われています。

ただ、そのレベルに到達するまでには厳しい道のりが続くと言われているのも事実です。

 

佐川急便軽四ドライバーはきつい?

 

こちらもズバリきついと言えます。

完全歩合制なので、荷物の配達個数を稼がないと収入には繋がりません。

1日の荷物配達を100個と目標にするようですが、これはなかなか厳しく慣れるまでかなり大変です。

冬場や雨の日などは、荷物を濡らさないように配慮しながら配達しなければいけないですし、少しでも濡れている事が気になるお客さんであればすぐにクレームに繋がってしまいます。

体力もそうですが、そういった対応をする気力・精神力も強くないと疲れてしまうでしょう。

また、雨の日や冬場の再配達もかなり辛いものがあります。

天気の悪い日は運転も配達も思うように進まないことも多いです。

他に伝票整理などの雑務もあります。

はっきり言って楽な仕事とはいえないですが、慣れてくればやりがいのある仕事です。

完全出来高制なので毎月安定した収入は見込めないですが、その分高収入も望める仕事ではあります。

頑張りが結果(給料)として現れる仕事なので、気は抜けませんね。

 

佐川急便ドライバーを辞めていく理由とは

 

まず「新人社員」が多く辞める理由としては「人間関係」という精神的な問題と「肉体疲労」と体力的な問題という2つに大きく分けられます。

人間関係においては、ベテランの先輩や上司にキツく叱られると、なれない新人となると特に辛いと感じます。

上の立場の目線では慣れない作業に手間取っているとかなりイライラされる事もあり、その結果キツく当たられるという辛い時間を味わうことになります。

基本ドライバーというのは自分のルーティンを持っているものであり、その毎日の流れを新人には「見て学べ」という考えの方がほとんどです。

そこが精神的に苦戦することから辞めていく者が多いとされてます。

次に、体力的な問題として、配送荷物が多いことで知られる佐川では基本的な積み込みなどは「手積み」とされており、そうなると当然「足腰への負担」も生じてきます。

一昔前であれば「佐川で頑張れば夢のマイホームの購入は容易」などという都市伝説もあったほど稼ぎがいい時代もありましたが、現在では過去にあった「収入面で恵まれた環境」では無いこともあって「過度な肉体労働」で割りが合わずという理由のもと、辞めていく者が出て来るということです。

 

佐川急便ドライバーのメリットは何?

 

メリットとしての良いところとしては、先述しておりますが佐川急便でのドライバー業務は基本的に積み込み作業が手積みとなっています。

そのことから「手元作業」を要しますので、アルバイトや他の助っ人などによる共同作業の機会も多いという事となります。

そこから生まれる従業員同士のコミュニケーションもあって、積み込みの辛さを忘れるほど和気あいあいと仕事ができ、「楽しさとしてメリット」がある様です。

ちなみに言うまでもありませんが「合わない人」と組むと苦痛に変わり、場合によっては「地獄」です。

 

佐川急便ドライバーへの転職を成功させるコツ

 

佐川急便においては結論として「転職の難易度はそんなに高くは無い」と言うことです。

その理由として業界についてや、業種についての未経験者を問わないと言うことが挙げられます。

輸送ドライバー・セールスドライバーには、共に必須条件が用意されてますが基本的な最低条件が「普通自動車免許取得一年以上」であり、そこにAT限定も含まれておりますのでハードルは高く無いと考えれます。

つぎに大切な事として、運転免許所持はもちろんの事「自身が人と接する仕事が好きである」という事。

佐川急便のドライバーとなれば、業務内でのさまざまな人間関係の「絡み」があり、それにおいてのコミュニケーション能力も求められますので、人とのやり取りに苦痛がなければ問題も無いでしょう。

以上を踏まえた上で体力に自信があってコツコツと頑張ることができ、事前にきちんと「企業分析」等を怠らなければ佐川急便ドライバーとして転職を成功させるのも可能といえます。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

佐川急便ドライバーについて「リアルな仕事の現状」に触れてまいりました。

過去の国内においての運送業界の中では、佐川急便ドライバーというと「いちばん稼げる配送ドラバー」としての代名詞的存在でしたが、それも遠い遠い過去の伝説となりつつあります。

ただ言えることは今の時代、どの様な業種でも「現在の労働基準法のもと」で「限られた労働環境」での雇用となっております。

基本的な事柄は全て同じ条件のもとで皆さんも忙しく働かれてるというという現実を、常に忘れない事に意義があるといえますね。

タイトルとURLをコピーしました