本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

トラックメーカーの世界ランキング一覧!世界のトラックメーカーランキングやメーカー別特徴/まとめ

記事内にプロモーションを含む場合があります
トラックメーカーランキング トラック関連
スポンサーリンク

 

トラックにもさまざまな大きさや種類があり、メーカーによってもその特徴は違います。

そこで今回は、トラックメーカー別でのランキングやその車両の特徴などについて解説していきます。

トラックの違いやそれぞれの特徴を参考にしてみてください。

 

※トラックメーカーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗トラックメーカーの給料や年収、勤務地などの詳細はこちらのエージェントからどうぞ

 

スポンサーリンク

トラックメーカーのランキング一覧はこちら

 

トラックメーカーの人気ランキングをご紹介します。

今回は2020年~2021年の売上高ランキングをご紹介します。

業界や勢力を参考にしてください。

 

1位:いすゞ自動車

2位:日野自動車

3位:三菱ふそう

4位:UDトラックス

 

業界全体を見ると販売台数、販売金額が15%も減少しています。

トラック市場では、中国勢が一気に販売車数を増加させています。

安くて性能がいいトラックを生産している中国メーカーが世界で販売されています。

世界市場10位内に中国メーカーが4社入っており、中国メーカーに苦しめられているのが、日本のトラックメーカーです。

 

トラックの人気車種のランキングに関してはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

🔗トラックの人気車種ランキングとは!2t中型 大型別/まとめ

 

トラックメーカーの世界シェアランキング

 世界のトラックメーカーのシェアランキングを見てみましょう。

10位から1位まで紹介していきます。

 

10位 ボルボ

スウェーデン発祥の巨大企業です。

世界で2番目に大型トラックを開発した重鎮企業であり、現在も精力的にトラックの開発製造を行っています。

 

9位 陝西汽車控股集団

中華人民共和国に本拠を置いている自動車メーカーです。

一般的な軽自動車やバス、トラックの他に軍用車両の開発も行っており特に軍用車両に関しては50年以上に渡り携わっています。

トラックも数年おきに性能の高い大型トラックを多く発表しています。

 

8位 トレイトン

ドイツの自動車メーカーでフォルクスワーゲンの子会社でもあります。

主にトラックやバスを専門的に扱っており商用車を扱う自動車メーカーの中でもかなりの大型企業と言えるメーカーです。

 

7位 中国第一汽車集団

中華人民共和国の自動車メーカーで中国国内での貨物自動車のシェア率は非常に高く2015年から2019年まで4年連続でトップを維持していた実力をもつメーカーです。

 

6位 日野自動車

日本の東京都日野市に本社を置く商用車に特化したコンセプトの自動車メーカー。

日本のメーカーでありながら実は販売台数の7割以上は海外向けが占めており世界的に日野のトラックが運用されています。

 

5位 いすゞ自動車

東京都品川区に本社を置く日野自動車と同じく商用車に特化したコンセプトを持つ自動車メーカー。

日本国内では20年連続で小型トラックの販売台数1位を記録しているほか世界的には小型中型トラックの販売台数2位となる実力を持っています。

 

4位 中国重型汽車集団

中華人民共和国の自動車メーカーで中国国内での大型トラックのシェア3位の実績を持っています。

ボルボと協力関係を持つ企業でもあり近年では自動車事業以外の分野でも活躍を広げています。

 

3位 タタ・モーターズ

インドの自動車メーカーでインド国内での商用車シェアの60%を持つ実力を有しており自動車製造事業以外にも建設機器やソフトウェア事業でも活躍を見せています。

 

2位 ダイムラー

ドイツの自動車メーカーで世界最大規模の商用車製造自動車メーカーの1つでもあります。

メルセデス・ベンツを始めとした多くのトラックメーカーのブランド元がダイムラーであることでも有名なメーカーです。

 

1位 東風汽車集団

中華人民共和国の自動車メーカーで商用車販売シェア1位の実力や軍用車両の開発などでも活躍を続けている大型自動車メーカーとなります。

 

三菱ふそうの車両の特徴とは

 

メルセデス・ベンツで馴染みのあるダイムラー社との連結子会社になります。

また、2003年に三菱自動車工業株式会社から分社・独立した会社でもあります。

走行は安定感があり、低ノイズであるため長距離運転時も騒音が気にならない駆動力です。

こういった特徴があり、さらには、環境に配慮した性能を生み出しており新エコカー減税にも対応したトラックを製造しています。

メルセデス・ベンツの力強さと日本の技術が融合したトラックです。

また、ドライバーに好評なのが広い居室空間と座りやすく快適な標準シートです。

長距離運転や走行時間の長いドライバーの運転をアシストしてくれます。

最新技術を幾度なく取り入れているうえ、エンジンは小排気量でありながら高レベルのパワーです。

また、低燃費であることにも定評があります。

 

UDトラックの特徴

 

世界60カ国以上で輸送ソリューションを提供する日本の商用メーカーです。

2019年にボルボといすゞの自動車の資本提携により、UDトラックスはいすゞ傘下となります。

最大の特徴はエンジンです。

独自のパワーは業界でも評判となっています。

パワフルなエンジンに加えて高級感ある内装へのこだわりに定評があります。

大型トラックとして、はじめて前輪ディスクブレーキを全社標準装備しました。

トラフィックアイブレーキやドライバーアラートサポートといった安全システムを搭載しています。

ドライバーの安全を守ることにも注力している素晴らしいメーカーです。

ギアチェンジも可能であり、熟練したドライバーに好評です。

燃費を抑えてスムーズな走行を実現しています。

 

いすゞトラックの特徴とは

 

国内シェア率NO1を誇るメーカーです。

トラックに加えてバスなどを中心とした車両の製造販売を主軸に、船舶・産業用エンジンの製造販売も手掛けています。

いすゞ自動車は良質な大型ディーゼルエンジンが特徴です。

大きな車体を動かすエンジンの開発はずば抜けています。

積載制限に近いしゃりょうでもスムーズに坂道をそうこうすることができます。

エンジンパワーに優れているので日本だけでなく世界からも評価されるトラックメーカーといえます。

さらには、近年深刻な問題になっている環境問題にも配慮しています。

また、エンジン音も静かで魅力の一つになっています。

特に、人気なトラックが「ギガ」です。

大型ディーゼルエンジンによる駆動力は抜群でパワーがあるのにも関わらず、安全運転支援技術を搭載しています。

いすゞの技術が詰まったトラックであり、ドライバーからも快適性が評判で疲れない車として好評です。

 

日野のトラックの特徴とは

 

独特なCMで知名度を上げたメーカーです。

主に商用車の製造販売を行っています。

馬力がありながらも低振動で耐久性に優れています。

そのため、顧客満足度で1位を獲得するほど人気なメーカーとなりました。

技術も進歩しており、自動変速機能や指導発信機能を搭載しています。

また、低燃費を実現していることもあり人気が高くなっているメーカーです。

また、トラックだけでなく消防車などの特殊車両のシャーシとしても採用されている実力派のメーカーです。

 

トラックメーカーの求人募集やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
トラックメーカーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近のトラックメーカーではエージェントからの転職が主流になってきました。
しかし数多くの運送会社がある中で、自分に合う会社を探すのは至難の業です。
なのでプロのアドバイザーに相談しながら進めたほうが安心です。

トラックメーカーでおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントでトラックメーカーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気のトラックメーカー会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントでトラックメーカーの相談をする

まとめ

 

今回は、トラックメーカー別での車両の特徴や違いについて解説しました。

どのメーカーもそれぞれ良さがあり、力を入れている部分はさまざまです。

何を重視して車両を選ぶのか参考になれば嬉しいです。