スポンサーリンク

長距離トラック車内の内装とは!大型トラックのリアル車内を画像で暴露!

日産UDクオンの車内の画像 トラック関連
スポンサーリンク

 

大型トラックの車内がどうなっているのか興味ありませんか?

トラックの室内はドライバーが快適に過ごせるようになっています。

内装や作り方もメーカーによって様々です。

この記事では三菱ふそうのスーパーグレートと日産UDクオンの実際の車内や内装を画像でご紹介します。

長距離トラックの車内の内装画像

 

フソーのスーパーグレートの車内の画像を公開します。

仕様車なので生活感はご勘弁下さいね 笑

写真のスーパーグレートは2013年式です。

 

スーパーグレート|運転席の画像

 

スーパーグレート車内画像1

 

まずは運転席の画像です。

スーパーグレートは私も長年乗っていて運転は非常にしやすいと感じています。

CDプレーヤーや空調、デジタコやヒューズ関係が並んでいるのが特徴です。

現在スーパーグレートはオートマ車がほとんどになっていて私の会社でもミッション車は1割ほどです。

AT車は12速ですがマニュアルモードで走ることもできます。

初めて大型トラックでフルオートマ車が出た時は感動しましたが重い荷物を積んだ時はオートマよりミッション車の方が走りやすいです。

12速オートマに変速を任せていると坂道で変速のタイミングがおかしく速度が落ちていきます。

 

スーパーグレート|スイッチ類の画像

 

スーパーグレート車内画像2

 

スイッチ類は運転席の横に並んでいます。

ウイングやスーパードライブ、室内灯のスイッチです。

荷台の室内灯も車内から点灯できるようになっています。

たくさん並んでいますが実際には全てのスイッチを使うことはそんなにありません。

 

スーパーグレート|センターコンソールの画像

 

スーパーグレート車内センターコンソールの画像

 

三菱ふそうスーパーグレートのセンターコンソールまわりです。

写真では車載用の冷蔵庫があり分かりにくいかもしれませんが3つの収納スペースがあります。

特徴としてはセンターコンソールがフラットになっていて物を置きやすいです。

 

スーパーグレート|寝台ベッドの画像

 

スーパーグレート車内寝台ベッドの画像

 

トラック運転手の仮眠室とも言える寝台スペースです。

ベッドのサイズは幅が約650mmで長さは2100mmです。

どのメーカーでも同じくらいのサイズになっています。

 

大型トラックの車内の寝台ベッドの画像

 

助手席側から見たベッドです。

寝返りはうてませんが寝心地はそんなに悪くないです。

 

スーパーグレート|ヒューズボックスの場所

 

スーパーグレートのヒューズボックスの場所

 

三菱ふそうのスーパーグレートのヒューズボックスはシフトレバーの前にあります。

すぐに手に届く所にあるのでかなり便利です。

 

スーパーグレートのヒューズボックス

 

カバーを開けるとこのような感じになっています。

 

日産UDトラックスクオンの内装画像

 

私の会社は大型ではスーパーグレートとクオンを保有しています。

同じ大型トラックでも内装や中身は全然違います。

写真は2015年式のクオンです。

 

日産UDクオン|運転席の画像

 

日産UDクオンの車内の画像

 

UDの運転席はまさにコクピットそのものです。

スーパーグレートと比較しても全然違います。

スタイルや見た目は好みにもよりますがUDほうがカッコいいというドライバーの方が多いです。

 

日産UDクオン|スイッチ類の画像

 

日産UDクオンの車内の画像1

 

クオンのスイッチ類はスーパーグレートとは違いフロントパネル部分にあります。

メーターやスイッチ類が並んでいるのもコクピット感が引き立つ要因かもしれません。

センターコンソール部分はスーパーグレートの方が広さはあります。

 

日産UDクオン|寝台ベッドの画像

 

日産UDクオン|寝台ベッドの画像

 

寝台ベッドはスペースやサイズ的にはあまり変わりません。

私も寝心地はどちらも同じように感じます。

運転席に座って感じるのは同じハイルーフでも車内の高さがUDの方がかなり高く感じます。

 

クオンのヒューズボックスの場所

 

クオンのヒューズボックスの場所

 

UDクオンのヒューズボックスの場所はダッシュボードのにあります。

一応、ての届く範囲にはあります。

軽く押すと蓋が開きます。

 

クオンのヒューズボックス

 

スーパーグレートとクオンの車内の違いや比較

 

上記の画像を見て頂いてもわかるように内装やスタイルが全然違います。

  • コクピット感はクオン
  • スイッチ類の配置の違い
  • ハイルーフの高さ
  • センターコンソールの広さ

一概にどちらがいいとは言い切れません。

フォルムだけでなく走りや寝心地にも若干の違いがあります。

完全に好みによります。

私の会社では新車をもらうときにどちらかを選ばせてくれます。

 

長距離ドライバーの車内を改造した画像

 

大型トラックの車内改造画像

 

画像はDIYで私が作った棚類です。

助手席は座って飯を食べたりパソコンを使えるように机を作っています。

センターコンソールも運転手に座りながらパソコンやタブレットが使いやすいように棚を作りました。

素人感丸出しですがこのようにアイデアで車内での生活を少しでも自分の過ごしやすいようにアレンジするのも車内泊を楽しむための工夫です。

 

三菱ふそう4トントラックの車内の画像

 

4トントラックの車内画像

 

4トン車の車内の画像が見たい方もいると思います。

私の会社では4トン車は中距離がメインですがたまに長距離も走ります。

 

三菱ふそう4トン車|運転席の画像

 

三菱ふそう4トン車|運転席の画像

 

運転席まわりの画像です。

大型車と比べて高さや広さが全然違うのがわかります。

 

三菱ふそう4トン車|運転席の画像1

 

デジタコや空調、スイッチ類はフロントのメーターと同じ並びで並んでいます。

 

三菱ふそう4トン車|寝台ベッドの画像

 

三菱ふそう4トン車|寝台ベッドの画像

 

4トントラックの寝台ベッドの画像です。

 

三菱ふそう4トン車|寝台ベッドの画像2

 

大型トラックとはベッドの幅も長さもサイズが少し小さくなります。

寝心地は体の大きいドライバーには少しきついです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

この記事ではスーパーグレートとクオンの違いや4トン車の車内の画像をご紹介しました。

生活感のある画像でお見苦しかったかもですが逆にありのままをお見せした方がリアル感が伝わるかと思い公開してみました。

長距離ドライバーはトラックの中で生活を余儀なくされます。

それぞれのメーカーの発想や思想、ドライバー個人のアレンジでトラックの車内では非常に快適に過ごせます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました