スポンサーリンク

運行管理者の給料や年収はいくら?残業ややりがい、面接のポイントなど/まとめ

運行管理者の給料や年収 運行管理
スポンサーリンク

 

運送に関わる仕事って、運転手だけでなく色々な仕事があります。

その中でも、運行管理者という仕事は、運送会社の中ですごく大事な仕事なんです。

私は現在、運行管理者の仕事をしています。

運送会社に勤めて30年、運行管理者として10年ほどになります。

仕事は楽しく、やりがいのある毎日を過ごしています。

私の経験から運行管理者について感じること、面接のポイントややりがいについて、給料や年収まで運行管理者のお仕事についてまとめました。

 

※運行管理者のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

・簡単登録で無料で利用できます。
・アドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。
・情報収集にもご利用ください。

🔗運行管理者の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

運行管理者の給料や年収はいくら?

 

運行管理者の給料は、一般的な会社員とそれほど変わらないと思います。

働く地域や会社の規模によって変わってくると思いますが…。

例えば、私の勤めている会社では、運行管理の資格の手当がつきます。

そして、働く時間によっても給料がプラスされています。

だから、事務員よりは給料は多いですね。

運送会社の規模によって、年収も違ってくると思います。

何千人が働くようなところから数名で経営する運送会社もあるので、年収もさまざま。

私の住んでいるような田舎の小規模や運送会社では、年収が350万くらいです。(残業もほとんどない会社なので…)

正社員で働くか、パートや契約社員かによっても変わりますね。

運行管理者が数名いる会社なら、分担して仕事もできますが、ひとりで全て担当するのは大変です。

運送会社によっては、深夜に運行管理者が必要という会社もあるのでそういった場合は給料も多くなるでしょう。

運送会社の給料や年収の口コミはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

 

運行管理者は給料安い?

 

運行管理者の給料は、私自身は安いと思いません。

運送会社の中には、事務や配車係、運転手や運行管理者と色々な仕事があります。

うちの会社では、運転手に比べれば安いですが、事務よりは多いんです。

私自身は、仕事量から考えてみても、給料はちょうどかなぁという感じです。

給料が安いと言われるのは、仕事の内容に比べると安く感じるという人が多いのかもしれません。

運送会社によっては、運行管理者の仕事量がすごく多いという話も聞きます。

たくさん働いているのに給料が安いと嫌になりますよね。

配車係の給料や年収に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますのでご覧ください。

🔗配車係の給料明細を暴露!年収や志望動機の書き方教えて!

 

運行管理者は残業が多い?

 

私の勤めている運送会社の運行管理者は、ほとんど残業はありません。

うちの会社では、運行管理者が3名と運行管理の仕事を補助的してくれる人が2人いるので、仕事を分担してやっています。

それに、小さな運送会社なので仕事量もそんなに多くありません。

運転手も優良で計画通りに仕事をしてくれます。

残業が多い会社というのは、運行管理者の人数が少なく仕事の量が多い、ドライバーが多いから管理が大変など理由があると思います。

大きな会社の方が残業が多いのかもしれませんね。

でも、最近は働き方改革や労働条件をよくしようという動きがあるので、それぞれの会社で対策はしているのではないかなと思います。

 

※あなたは運行管理者に向いていますか?

 

運行管理者は向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

 

>>自分が運行管理者に向いているかチェックしてみる

 

運行管理者のやりがいとは

 

運行管理者の仕事のやりがいは、会社の売り上げが上がり安全に経営ができていることですね。

私自身が荷物を運ぶわけではないのですが、売り上げがアップして会社がいい感じになってくるのは嬉しいです。

うちの社長がよく言ってくれるのですが、「みんなが無事故で安全に仕事ができているのは、運行管理者がきちんと仕事をしてくれているからだよ。」ということ。

会社を守っているというか、きちんと経営できるのは運行管理者の役割ができているからなんです。

とても責任のある仕事だからこそ、やりがいを強く感じますね。

 

運行管理者になるには

 

運行管理者になるには、まず運送会社の求人情報をチェックしましょう。

運行管理者を募集している場合は応募、そして事務を募集している会社があれば運行管理者は募集していないかどうか確認してみましょう。

私の場合、今の会社に入社したときは、運行管理の資格は持っていませんでした。

最初は運転手の仕事をメインとして働いていたのです。

仕事をしながら運送について勉強し、資格を取得して運行管理者となりました。

一緒に働いている運行管理者は、なかなか資格に合格できなくてしばらく補助者として働いてもらっていました。(その人は4度目で合格できました)

最初は資格がなくてもサポートすることもできます。

ただ、資格がないとできない部分もあるので、やっぱり資格があると会社からも喜ばれるでしょう。

 

運行管理者の志望動機の書き方や面接のポイント

 

運行監理者の志望動機の書き方は、運送に関わる仕事がしたいということをアピールすることが大事です。

そして、運行管理者で大事なのは真面目にきちんと仕事ができるかどうか。

仕事をきちんとしてくれる人を採用したいと思っています。

面接を受ける時も、時間はきちんと守るようにしましょう。

当たり前のことですが、意外とできていない人もいるんです…

そして、面接時のポイントは、明るく社交的にコミュニケーションがとれるといいと思います。

私の会社の社長もそうなのですが、運送会社の社長っておしゃべりが好きな人が多いんです。

だから、面接の時次第で採用が決まることもあるかもしれません。

うちの社長は、「今の子、楽しかったなぁ。車好きな子やったらOK。」とよく言います。

緊張するかもしれませんが、リラックスして楽しく面接できるといいですね。

 

運行管理者の求人情報や転職へのコツ

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーや運行管理者が会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからの運送業界への転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい
資格取得制度がある会社を探している

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

運行監理者になるには運送業についての幅広い知識が必要

 

運行管理者として働いていくなら、やっぱり資格はほしいものです。

そのためには、運送業についての幅広い知識が必要。

運送会社は、仕事を真面目にきちんとできる人を求めています。

運行管理者は責任のある仕事だからこそ、やりがいも大きいものです。

タイトルとURLをコピーしました