スポンサーリンク

運行管理者のストレスはマジきつい!仕事内容や辞めたい原因を暴露!

運行管理者のストレスはハンパない 運行管理
スポンサーリンク

 

運送業に関わることがない人にとっては馴染みのある「運行管理者」。

運送会社で働くそれぞれのドライバー達が常に安全第一の下での運行が行え、安心出来る業務となっているのもこの運行管理者による支えがあってと言っても過言ではなく、運送会社にとって最も大切なポストと言えます。

ただこの仕事は「生半可な精神」では勤まらなく、それだけにストレスも半端では無いとも言われます。

今回の記事ではその「運行管理者の仕事内容」から「必要な資格」、「きつさとストレス」に「辞めたい原因」から「向いている人」まで調べていきます。

そして「運行管理者の求人事情」と「転職に向けた成功するコツ」なども見ていきます。

 

※運行管理者のもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗運行管理者の給料や年収、勤務地などの詳細はこちらからどうぞ

 

運行管理者の仕事内容とは

主な仕事内容としては道路運送法、加えて貨物自動車運送事業法に基づいて業務が行われます。

尚、具体的な内容ではそれぞれの運送会社により詳細も異なりますが、概ね求められる業務内容としては以下となります。

 

●ドライバーに対しての安全指導や監督

●ドライバー乗務の割り振り作成

●乗務・運行・事故等、それぞれの記録

●ドライバー達が休憩などに使用する仮眠施設等についての保守管理等

●過積載防止の指導と管理

●ドライバーが持つ疲労等に対して健康状態を把握し、安全運行の指示を行う

 

これらを基に、安全運行の確保が主な業務内容とされております。

 

運行管理者に必要な資格

 

運行管理者に必要とされる資格は「国家資格」であり、これは年2回(3月と8月)国土交通大臣によって実施機関であると認定された「運行管理者試験センター」にて行われる試験を受けたのち、合格した者が得る資格であります。

一般的には上記の方法で試験を受けるケースが殆どでありますが、それが以外にある「試験を受けずに取得する方法」としては「5年以上の実務経験」というものがあります。

それらの条件としては「運行管理補助者」というポストでの実務経験が5年以上であり、この場合勤務先にてその「事業者からの証明」も必要とされ、尚且つ基礎講習を1回、一般講習も4回受講しなければなりません。

 

運行管理者のきついストレスとは

 

運送会社内(各営業所等)で行われる一般的な事務作業とは違い「かなりのストレスが生じる」と言えます。

運行管理者というものは「勤務時間が不安定」という事から業界でも「概ね不規則な勤務を強いられる」として知られており、特に「バス会社」ともなると遅番・翌日早朝や泊まり勤務、夜勤など当たり前のように連日続く事もありますので、これらの場合だとかなりハードとなります。

例えドライバー達が直接引き起こした問題や事故であっても、「何かあれば先ず矢面に立たされる立場」としての緊張が常にある立ち位置であるのです。

ただこれは全ての運送・観光などのバス会社に言えた事ではなく、少し大袈裟な表現かもしれませんが「経営者並みの神経を使う業務」と捉えても良いぐらいですね。

 

運行管理者を辞めたい原因とは

 

結果として辞めたい原因が先述してる「ストレス」となるわけでありますが、そのようになるまでは人によっての細かい理由付けもあり、一概に言えた事でもはありません。

ただ先述した事柄も踏まえ、「よくあるケース」として以下を項目別としました。

 

■常に不規則な勤務での疲労が伴う

■業務の責任が重すぎる

■顧客からのクレーム対応処理に尋常ではない神経を使う

■職場での人間関係として、特にドライバー達からの信頼を崩しやすい等

 

これらの中で辞めたい理由に繋がるものとして圧倒的に多いとされてるのが、4つ目の項目にある「人間関係」と言われております。

業務内容としては、通常皆さんも「その職業に就けばそれなりに仕事をこなして行ける」ものであり、余程の「出来ない人」以外は問題もないでしょう。

つまりこの運行管理者に限らず、結局は「職場においての人間関係からくるもつれ」というのがほとんどを占め、「その人自身による解決策」が鍵となるだけに「自身で乗り越えら得なければ多くが辞めてしまう」という選択肢になってしまうようですね。

 

運行管理者に向いてる人は

 

結論としては「真面目」であり「規則を守り正義感を強く持てる人」が好ましく、そのような人が最も向いてると言えます。

だからといって「極端にガチガチな真面目人間」では先述してる記事のように現実的ではありませんし、続かないと思われます。

つまり基本である心得として「自身の意見」というものをハッキリと伝える事ができ、尚且つ細かな気遣いと何よりドライバーを中心とした人間関係(コミュニケーション等)がうまく築ける人が最も向いてると考えられるのではないでしょうか。

 

運行管理者の求人と転職に成功するコツ

 

運行管理者の求人となれば特殊な業種という意味合いもあってか、運送会社やバスが会社などでよく募集がかけられてる事務作業員に比べると求人は少ないと言えます。

とは言え求めたタイミングによって掲載を見つけるのが何かと難しいのであって、全く無いわけではありません。

求人に特化した情報サイトやスタンダードな求人誌など、常日頃からのチェックを怠らない事がポイントとなり、あとハローワークなどといった職業安定所にも出向く事もお勧めします。

転職に関しても先にある内容と並び、他の事務作業とは異なりますので「責任問題が常に伴う特殊な業務」として必要な資格を保持してるからという単純な考えでは勤まりません。

他の業種と比べ「より詳細なリサーチ」と、それらを「自身に当てはめたシミュレーション」をした上での転職が最も望ましいと言えますね。

 

運行管理者の求人募集やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
運送業界は人手不足で転職するなら今がチャンスです。
ドライバーや運行管理者が会社を選べる状況になっています。
しかしブラック企業が未だに多く存在している運送業界では良い会社の見極めが難しいのも現状です。

そこで良い会社を見極めるコツがエージェントの活用です。

今エージェントからのドライバーへの転職が急増しています。
その理由は給料や労働条件、福利厚生などを事前に確認し交渉までしてくれるからです。
あなたの条件に合った企業であるという前提で面接に望めます。
いちいちその都度面接に行って自分で確認する手間が省けます。
またお金の話や休日、仕事内容など自分の条件を交渉しにくい方にもおすすめです。

【エージェントへの依頼具体例】

給料は手取りで40万円以上欲しい
土日は休みたい

このような条件で探してほしいと伝えるだけでオッケーです。
運送会社を探すならリクルートエージェントが1番おすすめです!

>>リクルートエージェントはこちらからどうぞ

リクルートエージェント業界最大手で求人数と実績が日本で一位です。
また大手や人気のある運送会社は非公開求人になっている場合が多いです。
あなたがいくら探しても求人が出てこないのは非公開求人になっているからかもしれません。
リクルートエージェントは非公開求人数が業界一位です。
お目当ての運送会社が隠れているかもしれません。

情報収集や自分の条件に合った会社を探している方はご利用ください。

>>リクルートエージェントに無料相談する

料金は一切かかりません。
登録したらからといって絶対に転職しないといけないわけでもありません。
情報収集にもお役立てください。

まとめ

 

今回のテーマであれば、この運行管理者という職業に対して「少しネガティブな印象」として捉えられがちになるかも知れませんが、それは「如何に内容を把握」し、また「好きになる為への糸口」としても皆様に理解して頂きたいという意味を持って記事にしてまいりました。

それだけにこれまで記述してきた「きついとされる仕事内容」を乗り越えさえすれば、この運行管理者というのは誰にでも簡単に出来る業種では無く、「モノにできれば自慢できる職業」とも言えるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました