本ページはプロモーションを含みます
スポンサーリンク

Amazonフレックスの給料はいくら?手取りや年収、稼ぐコツも解説!

記事内にプロモーションを含む場合があります
アマゾンフレックス 宅配便
スポンサーリンク

 

「Amazonフレックスって実際にどれくらい稼げるの?」

そんな疑問を持っている人は多いですよね。

この記事では、Amazonフレックスでの給料、手取り、年収について詳しくご紹介していきます。

具体的な数字を出しながら、どうすればもっと稼げるのかも解説しています。

さらに実際に配達をしている人の話や、稼ぐコツも紹介していますので、

  • これから始めようと思っている人
  • もう少し収入を増やしたい人

も、ぜひ参考にしてくださいね。

 

軽バンの準備はできていますか?

アマゾンフレックスで活動するには黒ナンバー取得の軽貨物自動車が必要です。
黒ナンバーは軽貨物自動車運送事業経営届出書などを提出して取得します。
しかし自分でやるにも面倒くさいし、代行に頼んでもそれだけで4万円ほどの費用が必要になってきます。

そこで人気となっているのが「GMSリース」。

全て無料で面倒くさい黒ナンバーの手続きをしてくれるので初めての方でも安心です。
軽貨物事業に参入する多くの方が利用しています。
他社より圧倒的に安く、審査が心配な方も審査通過率98%のGMSリースで黒ナンバー車をゲットしましょう。

>>GMSリースの料金プランと軽バンの在庫確認をする

 

スポンサーリンク

アマゾンフレックス(Amazon Flex)とは

アマゾンフレックスは、個人がアマゾンの配送業務に従事できるプログラムです。

この仕組みを通じて、登録者は自らの車でアマゾンの商品を顧客に配送し、完了した配送ブロックごとに報酬を得ることが可能です。

例えば、

  • 4時間の配送ブロックで約8,000円
  • 6時間であれば12,000円程度

を稼ぐことができます。

柔軟性が高く、自分のライフスタイルに合わせて働くことが魅力の一つです。

配送業者は自分の都合に合わせて配送ブロックを選択し、週に最大50時間まで働くことができます。

また、報酬は週単位で支払われ、直接銀行口座に振り込まれます。

アマゾンフレックスは、副業やフルタイムの仕事として、柔軟な働き方を求める人々に選ばれています。

自由な働き方をする一方で、収入の変動や経費の自己管理が必要であり、それに適応できる方に向いています。

働ける制限時間 週に最大50時間
報酬支払日 週単位、毎週水曜日
振込み先 直接銀行口座

 

アマゾンフレックスの給料や報酬の仕組みとは

Amazonフレックスでは、配達員の給料は通常の給与制ではなく、報酬制を採用しています。

これは、配達したブロックごとに決められた報酬が支払われるシステムです。

報酬は、配達するブロックの時間と量によって変動し、一般的には1ブロックあたり約2,000円から3,000円の範囲で設定されています。

ただし、報酬からはガソリン代や車のメンテナンス費用などの経費を差し引く必要があります。

これらの経費は配達員の自己負担となるため、実際の手取り額を把握するには、これらの費用を考慮に入れる必要があります。

また、アマゾンフレックスの仕事は自営業者としての扱いなので、所得税や社会保険料の自己申告が必要になる場合もあります。

 

amazon 配送の個人事業主の給料・年収はどれくらい?

Amazonフレックスの給料は、配達したブロックの数と時間に基づいて決定されます。

一般的に、配達員は1ブロック(約2~4時間)あたり2,000円から4,000円の報酬を受け取ることができます。

フルタイムで働くと、月収は平均で20万円から40万円程度になることが多いです。

年収に関しては、月収を基に計算すると、フルタイムで安定して働ければ、240万円から480万円程度になり得ます。

しかし、これはあくまで目安であり、実際の収入は配達ブロックの

  • 利用可能性
  • 労働時間
  • 個々の効率

に大きく依存します。

さらに、報酬からは自身で車両関連の経費や税金などを差し引く必要があるため、実際の手取り額はこれらの要素を考慮した上で算出する必要があります。

繁忙期にはオファーの数が増え、報酬額も上がる傾向にあるため、年収は変動する可能性が高いです。

 

以下で簡単なシュミレーションをしてみました。

 

4時間ブロック×20日間

Amazonフレックスで4時間のブロックを20日間働いた場合の給料や年収は、配達の時間と報酬単価によって異なります。

一般的に、4時間のブロックで約8,000円の報酬が設定されていると仮定すると、1日に8,000円、20日間で160,000円の収入になります。

これを基に年収を計算すると、約192万円(160,000円×12ヶ月)となります。

 

6時間ブロック×20日間

6時間のブロックを20日間勤務した場合の収入を考えると、報酬単価はブロックの長さと地域によって異なりますが、一般的に6時間のブロックで12,000円程度を稼ぐことができると仮定します。

これを基に計算すると、1日で12,000円、20日間で240,000円の収入となります。

年収に換算すると、240,000円を12か月で乗じて2,880,000円が得られます。

 

8時間ブロック×20日間

8時間のブロックを20日間勤務する場合、報酬はブロックごとに異なりますが、一般的には1ブロックあたり約16,000円で設定されていることを前提に計算します。

この場合、1日で16,000円を稼ぎ、20日間で320,000円の収入となります。

これを年間で見ると、320,000円を12か月で乗じて、約3,840,000円の年収が見込めます。

 

※以下の表は、Amazonフレックスで4時間、6時間、8時間のブロックを20日間勤務した場合の給料と年収のシミュレーションを示しています。

ブロック時間 1日の報酬 (円) 20日間の報酬 (円) 年収 (円)
4時間 8,000 160,000 1,920,000
6時間 12,000 240,000 2,880,000
8時間 16,000 320,000 3,840,000
この表は、各ブロック時間での日給、20日間での総収入、そしてその年収を概算で計算したものです。
これらの数値は、配達ブロックの利用可能性や実際に働く日数によって変動することを考慮する必要があります。 

 

アマゾンフレックスの手取りはどれくらい?

アマゾンフレックスの手取りはおよそ30万~45万円となっています。

アマゾンフレックスの給料は月に配達した荷物の数や勤務時間などで大きく変動し、何事もなく約50時間稼働できれば、上記の手取りほど稼ぐことが可能となっています。

しかし、アマゾンフレックスではガソリン料金や保険の代金などは経費として渡されることはなく、すべて完全自己負担で支払わなければならないので、その分の金額は引かれるということを注意しておきましょう。

また、車両の貸し出しなどを利用している場合は、車両のレンタル代などもかかってきますので、アマゾンフレックスで仕事をする際は、発生する料金の詳細などを事前に把握しておくと良いでしょう。

 

Amazonフレックスの給料日は毎月いつ?

Amazonフレックスの給料日は、毎週水曜日です。

具体的には、一週間の労働期間が終了した後、翌週の水曜日に報酬が配達員の銀行口座に振り込まれます。

この周期は、アマゾンフレックスの勤務システムに基づいており、週単位で労働と報酬が計算されるため、月単位の固定給料日ではなく週単位での支払いとなります。

したがって、月によっては4回以上給料が支払われることもあります。

 

月収をあと5万円上げたくありませんか?
下記のページをご覧いただけると簡単に給料をアップできる方法を詳しくご紹介しています。

🔗トラック運転手の給料を5万円、年収で60万簡単にアップさせる3つの方法とは!

 

amazon配達の個人事業主の登録方法と手順について

基本的に、個人事業主との委託契約を目的としているので法人の名義では契約を結ぶことはできません。

しかし、車両名義を実際に使用する個人の名義に変更することで登録可能となります。

では、登録に必要となるものや手順についてお話していきます。

【必要となるもの】

  1. 軽貨物車両 
  2. 銀行口座 
  3. 普通自動車免許証
  4. 車検証
  5. 任意保険証
  6. 自賠責保険証
  7. スマホ
  8. 軽貨物自動車運送事業経営届出書

 

軽バンを探している人必見!

アマゾンフレックスで活動するには黒ナンバー取得の軽貨物自動車が必要です。
黒ナンバーはややこしい手続きや運輸支局に出向いたりと何かと面倒です。

そこで多くの初心者事業主が利用しているのが「GMSリース」です。

面倒くさい黒ナンバーの手続きを全て無料でしてくれるので初めての方でも安心です。
他社より圧倒的に安く、審査が心配な方も審査通過率98%のGMSリースで黒ナンバー車をゲットしましょう。

>>GMSリースの料金プランと軽バンの在庫確認をする

 

【アマゾンフレックス個人事業主として登録方法と手順】

  1. 専用のアプリをダウンロードする
  2. 名前や住所、電話番号等、個人情報を登録します
  3. 配送方法と保険の入力
  4. 必要な書類をアップロードします(免許証や車検証などの書類関係)
  5. 税金や口座情報入力
  6. 仕事の流れを理解するための説明動画を視聴する・バックグラウンドチェック

⇒ 説明動画の視聴後、登録者の適正審査をアマゾン側でチェックします。

この審査に合格後、仕事開始となりますが、その前に希望するステーションを選びます。

ステーションの選択が済んだらエントリーとなり、希望するオファーが当選すればお仕事ゲットです。

一連の流れはこのようになります。

 

実際にAmazonフレックスで働いている人の評判・口コミ

実際にアマゾンフレックスで働いた個人事業主ドライバーの口コミを見ると、以下の評価が目立ちました。

良い口コミ

  • 柔軟なスケジュールで、自分の都合に合わせて働ける。
  • 一回の配送での報酬が比較的高い。
  • 追加の収入源として効果的で、副業として最適。
  • 自分のペースで仕事ができるので、プレッシャーが少ない。
  • 空いた時間を有効活用して収入を得られる。

 

悪い口コミ

  • 配達エリアや時間によっては報酬が低く感じることがある。
  • 経費(ガソリン代や車のメンテナンス費用)がかかるため、実質の手取りが減る。
  • ブロック(配達時間帯)の確保が競争激しく、思うように仕事が取れないことがある。
  • 天候や交通状況に左右されやすく、予想外の遅延やトラブルが発生することがある。
  • 定期的な安定収入を求めるには不向きな場合がある。

 

🔗個人事業主ドライバーに転職するコツや求人募集情報はこちらから!

 

Amazonフレックスで稼ぐための5つのコツ

1.時間管理をマスターする
2.利益の高いエリアを選ぶ
3.車両の状態を保つ
4.顧客満足を重視する
5.経費を管理する

 

上記の5つはAmazonフレックスで効果的に稼ぐための5つのコツです。

 

時間管理をマスターする

時間はお金です。Amazonフレックスでは、自分で勤務時間を選べるので、利用可能な時間を最大限に活用して収入を増やしましょう。
効率的に配達を行い、時間を無駄にしないよう計画を立てることが重要です。

 

利益の高いエリアを選ぶ

すべての配達エリアが同じように報酬を生むわけではありません。
利益が高いと思われるエリアを選択することで、時間当たりの収益を最大化できます。
エリアによる報酬の違いを理解し、戦略的にブロックを選びましょう。

 

車両の状態を保つ

車が仕事の道具です。
車両の状態が良ければ、配達中のトラブルを避け、スムーズに仕事を進められます。
定期的なメンテナンスと清掃は、効率的な配達に不可欠です。

 

顧客満足を重視する

配達の際は、丁寧な対応を心がけましょう。
顧客満足度が高いと、良い評価が得られ、結果として報酬にも影響します。
長期的に見て、顧客からの信頼を築くことは収入増加につながります。

 

経費を管理する

最後に、収入を最大化するためには経費の管理が欠かせません。
ガソリン代や車両の維持費用など、必要な経費を把握し、無駄遣いを避けることで手取りを増やすことができます。
効率的なルート選びや経費の見直しを定期的に行うと良いでしょう。

 

配達の仕事で稼ぎたいならAmazonフレックス以外もおすすめ

軽貨物ドライバーとして稼ぎたい場合、Amazonフレックス以外にも多くの選択肢があります。

以下に、その他のおすすめの軽貨物配達サービスを紹介します。

 

福山通運の軽貨物配送

福山通運では、企業や個人宛ての軽貨物配送を行っており、安定した仕事量が期待できます。
地域によっては、定期便やスポット便の需要があります。

 

佐川急便の軽貨物事業

佐川急便では、小包や文書などの軽貨物配送を手掛けています。
eコマースの成長に伴い、需要が増えている分野です。

🔗佐川急便の軽四ドライバーはきつい?給料や評判、求人はこちらから!

 

日本郵便のゆうパック

日本郵便のゆうパック配達は、全国的なネットワークを持つため地方でも安定して働ける可能性があります。

 

スーパーカーゴ

スーパーカーゴは、軽貨物の即日配送サービスを展開しています。
スピーディーな配送が求められるため、効率的に働きたい方に適しています。

🔗スーパーカーゴは稼げない?評判や口コミを暴露!手取りや収入、辞めたい理由までご紹介!

 

※アマゾンフレックス以外の軽貨物ドライバーのもっと詳しい情報はこちらからご覧ください。

🔗アマゾンフレックス以外の軽貨物の情報を探すにはこちらからどうぞ

 

Amazonフレックスに関するQ&A

「Amazonフレックス」に関するよくある質問は以下の3つです。

  1. Amazonフレックスは稼げない?
  2. Amazonフレックスは2人で配送可能?
  3. 土日だけAmazonフレックスをするのは可能?

 

Amazonフレックスは稼げない?

Amazonフレックスでの稼ぎ方は、人によって大きく異なります。
一部の人は良い収入を得ているのに対し、他の人はそうではないと感じています。
稼げるかどうかは、どのエリアで働くか、どんな時間に働くか、そして車にかかる費用をどう管理するかに左右されます。
稼いでいる人たちは、通常、収入が良いエリアで効率的に働き、適切な時間帯を選んでいます。
稼ぐ人は時間を上手く使い、一日の仕事を計画的にこなしています。
しかし、稼げないと感じる人もいます。
これは、配達できるブロックが少ないエリアに住んでいるか、車の維持費やガソリン代が予想以上にかかるためです。
また、効率的なルートを見つけられないことも、収入に影響します。
要するに、Amazonフレックスでの収入は、働き方や選択によって変わります。
効率的に配達すること、経費を抑えること、そして良いエリアと時間帯で働くことが収入を増やすカギとなります。

 

Amazonフレックスは2人で配送可能?

Amazonフレックスでは、通常は一人での配達がルールとされており、複数人での配送は原則として許されていません。
しかし、実際には二人で配送作業を行うことは物理的には可能ですが、以下の理由から推奨されていません。

1.保険のカバー範囲
配達中に同乗者が怪我をした場合、Amazonの保険ではカバーされない可能性があります。

2.責任の所在
万が一、同乗者が関わる問題が起こった時、その責任を誰が取るかが不明確です。

3.車両の使用権限
配送業務は、Amazonフレックスに正式に登録された車両の名義人が行うべきです。
二人で配送することが公式には認められていないのは、これらの保険や責任、使用権限に関する規則によるものです。
例外的な状況、例えばドライバーが健康上の問題を抱えている場合などは、特別な許可が下りることがあるかもしれません。

実際に二人で配送しているドライバーも存在するようですが、これは公式のポリシーに違反する行為であり、潜在的なリスクを伴います。
二人での配送を考える場合には、これらのリスクを十分に理解し、注意深く慎重に進めたほうがよいでしょう。

 

土日だけAmazonフレックスをするのは可能?

Amazonフレックスはフレキシブルな働き方を支持しており、土日だけの配達も可能です。
ドライバーは自分の都合に合わせて配達ブロックを選ぶことができるので、週末だけ働くことを選択することは全く問題ありません。
実際に、週末にのみ働くことを選ぶドライバーは多くいます。
週末は注文が増える傾向にあるため、配達ブロックを確保しやすく、効率よく稼ぐことが可能です。
ただし、配達ブロックは先着順であるため、計画的にスケジュールを立てておくことが重要です。

 

軽貨物ドライバーの求人やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
軽貨物ドライバーの実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
多くの運送会社がある中で、自分に合う会社を探すのは至難の業です。
プロのアドバイザーに相談しながら進めたほうが安心です。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントで軽貨物ドライバーの詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントで軽貨物ドライバーの相談をする

 

まとめ:Amazonフレックスの給料・年収を知っておこう

まとめ

今回はアマゾンフレックスの給料について詳しくご紹介しました。

Amazonフレックスの給料や年収は、選ぶ配達ブロック、働く地域、効率的な配達方法などによって大きく変動します。

一般的には、一回の配達ブロックで約2,000円から4,000円程度を稼ぐことが可能です。

フルタイムで働けば、

  • 月収20万円から40万円程度
  • 年収で240万円から480万円程度

を目安にすることができます。

しかし、これらの数字はあくまで目安であり、実際の収入はドライバーの働き方や地域による需要によって左右されます。

また、経費(車両の維持費やガソリン代など)も自己負担する必要があるため、実際の手取り額を把握するにはこれらのコストも考慮に入れる必要があります。

週末だけの勤務も可能で、週末は注文が増えることから効率的に稼げるチャンスがありますが、競争も激しくなるため、計画的なスケジュール管理が求められます。

Amazonフレックスで稼ぐためには、配達ブロックの選択、時間管理、経費削減に気をつけることが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました。