スポンサーリンク

バスの運行管理者はきつい?仕事内容や給料、年収を暴露!

バスの運行管理者きつい 運行管理
スポンサーリンク

 

バスの運行管理者は、キツイと感じている方が多いようです。

その主な原因は、キツさとストレスだと言われています。

このキツさとストレスでバスの運行管理者を辞めたいと考えている人や辞める人が多いです。

バスの運行管理者はどのような仕事内容なのか気になりますね。

そこで今回は、バスの運行管理者はきついのか、給料や年収などについて解説していきます。

 

バスの運行管理者を狙うなら絶対に登録すべき転職サイト!

人気,穴場,大手運送会社の情報収集ができる転職サイトや転職エージェント!
こちらのページでは人気の運送会社や自分が興味のある運送会社の情報収集の鉄板の方法をご紹介しています。 この記事は運送業界歴30年の僕が実際に普段から情報収集に使っているサイトやエージェントをご紹介し...

バスの運行管理者とは

 

運行管理者とは、国土交通大臣が行う「運行管理試験」に合格した者の中から、自動車運送事業における安全輸送の責任者として、自動車運送事業者の選任を受けた者のことです。

簡単に言えば資格を持って事業用自動車の管理をする人のことです。

また、運行管理者制度というものがあり、トラックやバス、タクシーなど事業用として使用する自動車の安全運航の確保を目的としたものです。

事業所ごとで車両数に応じた運行管理者の人数を配置することが必要となりそれが義務付けられています。

運行管理者が一つの営業所に複数人いる場合は、その中から統括運行管理者を選任しなければなりません。

 

運行管理者になるには

 

試験による方法と、国で定めた一定の実務の経験やその他の条件を備えた人が受けられる方法の2パターンあります。

また、運行管理者資格の試験の合格率は約30%と言われています。

運行管理者資格の取得に関してはこちらの記事で詳しくまとめていますのでご覧ください。

🔗運行管理者試験の通信講座ならキャリカレがおすすめの理由とは!

 

バスの運行管理者の主な仕事内容とは

 

バス会社によって違いますが、「運行管理者」と「運行管理補佐」と「雑務担当」というポジションを置く会社があります。

この2つの仕事内容について紹介します。

 

1.運行管理者の仕事内容

 

バスには路線バスや旅客バスなどあります。

具体的な仕事内容は運送会社によって違いますが、主な仕事内容は以下の通りです。

・ドライバーの指導や監督

・ドライバーの常務割を作成する

・乗務記録や運行記録、自己記録などを残す

・ドライバーの休憩や睡眠施設について、保守や管理を行う

・ドライバーの疲労や健康状態の把握を行い、安全運行の指示を出す

事業用自動車だけでなくドライバーの管理も行い、安全運行を確保していくのが主な仕事内容です。

 

2.運行管理者補佐の仕事内容

 

・無線でドライバーに指示

雨やイベントなどで極端に混み、バスの運行に大幅な遅れが生じます。

その遅れに対して指示したり代車や間隔運行などの対応をします。

・シフトの穴埋め探し

業務当日に体調不良などで運転出来ない人や休みが生じた時に、休暇中のドライバーに連絡して、代わりのドライバー手配をします。

※運行できない路線があると国土交通省からお叱りを受けてしまうので、どうにかして代わりを見つけなければいけません。

 

3.雑務担当の仕事内容

 

・出勤してから窓口対応

・定期券販売やバスツアーの申し込み対応

・営業所内の備品の在庫管理や発注

・お客様からの電話対応

・休憩所の備品の補充

・バス車両の車内ポスターや広告の張替え(1人で一晩のうちに100台程度)

 

バス会社によって違うので参考程度にしておいて下さい。

 

バスの運行管理者はきつい?

 

運行管理者がキツイと感じている人は多いです。

そのキツイと感じる理由について紹介します。

 

①常に不規則な勤務での疲労が伴う

 

「早番」や「遅番」や「夜勤」があり、会社によっては「泊まり勤務」があり不規則な勤務があります。

特に旅客バスの運行管理者は、道路事情や運行計画の乱れなどで休憩が取れなかったり残業が発生するイレギュラーも起こることがあります。

 

②業務の責任が重すぎる

 

運行管理者はドライバーが安全に乗務できるように健康状態や法律で定められた日数や期間、休憩などを管理しないといけません。

体調不良のドライバーを乗務させて事故を起こすと過失責任を問われます。

故意でなくても法律で定められた休憩を取らせずに運転させると、会社だけでなく運行管理者も厳しく責任を追及されます。

 

③顧客からのクレーム対応処理に神経を使う

 

一番多いクレームが以下の内容です。

・予定時刻になってもバスが来ないという「お客様からのクレーム」

・予定時刻になっても目的地に到着しないという「旅館やイベント会場などからのクレーム」

多くのクレームは、交通渋滞や自然災害によるもので、会社側だけではどうにもならないケースがあります。

 

④職場での人間関係として、特にドライバーからの信頼を崩しやすい

 

運行管理者はドライバーに気を使いながら指示をしないといけません。

例えば…

・運行航路に無理があるので変えて欲しい

・お金を稼ぎたいから、もっと乗務させてほしい

・休憩時間を見直してほしい

などあります。

運行管理者の指示内容に納得いかず文句を言うドライバーも中にはいる様で、ストレスたまる人も少なくありません。

これらは主に旅客バスの運行管理で感じているキツイ理由です。

路線バスではキツイと感じることは、あまりないようです。

 

※あなたはバスの運行管理者に向いていますか?

 

バスの運行管理者は向いていないと長くは続きません。

向き不向きは性格診断テストで調べることができます。
一度性格診断テストでチェックしてみましょう。

 

>>バスの運行管理者に向いているかチェックしてみる

バスの運行管理者の給料や年収はいくら?

 

ここではバスの運行管理者の給料や年収について紹介します。

 

平均給料は約20万円です。

これに各種の資格手当が付き、バスの運転手の平均給料は約25万円です。

運転手と比べると比較的低い給料です。

一方で平均年収は、約300万円です。

バスの運転手の平均給料は約350万円です。

運転手と比べると比較的低い年収です。

会社によっては勤務形態が「早番」と「遅番」というシフトがあり、これによっても給料や年収が変わります。

また会社によって給料形態(手当など)違うので参考程度にして下さい。

 

バスの運行管理者の評判や口コミとは

 

ここでは運行管理者を実際にしている方の意見です。

一部を紹介します。

①業務内容が多すぎて対応できない時がある

ドライバーに指示するだけでなく、翌日以降の運行も考えるので休憩する時間がない。

また備品の補充などもあるので体力的にキツイ。

 

②クレーム対応がキツイ

予定時刻に間に合わせるために最善のルートを指示しても到着が遅れる場合があります。

この場合、お客様だけでなくドライバーからも文句を言われるので精神的にキツイ

 

③会社とドライバーの板挟みが辛い

到着時間に間に合わない場合、最適なルートを選択して指示しますが、それでも予定時刻に間に合わない時があります。

この様な時にドライバーや営業所長などから叱られたり文句を両方から言われるので辛い

 

④仕事の内容に比べて給料が安い

休憩する時間がないぐらいの業務なのに給料か少ないです。

 

⑤路線バスの運行管理者は意外に楽!

いつも同じルートなのでクレームは殆ありません。

備品の補充か予備車両の保守点検くらいしかありません。

毎日するわけではないので、何もしない日もたまにあります。

 

などの意見がありました。

路線バスに比べて旅客バスの方が大変なようです。

中には退職を考えている方やストレスで体調不良を起こした方もいる様です。

しかしバスの運行管理者は「やりがいがある」や「楽しい」などという方もいます。

感じ方は個人差があるので、参考程度にしておいて下さい。

 

バスの運行管理者の志望動機の書き方とは

 

バスの運行管理者の職を考えている方には、経験者と未経験者の2つのパターンがあります。

この2つのパターンの志望動機の書き方のポイントについて紹介します。

 

■経験者■

・過去の実績

・なぜ運行管理者という職を選んだのか

これらを強くアピールすることです。

これ以外に仕事に対しての前向きな取り組み方や将来の在り方など、具体的に書くと良いでしょう。

 

■未経験者■

・会社に入ってどのように活躍してくのか

・なぜ運行管理者という職を選んだのか

これらを強くアピールすることです。

経験者に比べると不利な状況になります。

なのでいかに自分が運行管理者になりたいのか、会社のためにどのように活躍していくのかを具体的に書く必要があります。

どちらにしても、前向きな姿勢がポイントとなります。

事前に会社のことを良く調べて、それに合った内容をアピールすると良いでしょう。

 

バスの運行管理者の求人やもっと詳しい情報はこちらから

トラック運転手におすすめの転職エージェント
バスの運行管理者の実際の給料や年収、募集要項などもっと詳しい情報が見たい、もしくは実際に転職を考えている方は「エージェント」の利用がおすすめです。

転職に関しても最近の運送業界ではエージェントからの転職が主流になってきました。
未だにブラック企業の多い運送業ではエージェントにしっかりと中に入ってもらった方が安心できます。

運送業界でおすすめのエージェントは「リクルートエージェント」です。
業界最大手で求人数や実績において群を抜いてトップのエージェントです。

リクルートエージェントでは

  • 給料や年収
  • 詳しい仕事内容
  • 勤務時間
  • 年間休日
  • 勤務地

などの情報をゲットできます。

>>リクルートエージェントでバスの運行管理者の詳しい情報をゲットする

 

さらに踏み込んで企業へアプローチしたい方はアドバイザーに給料や労働時間の交渉もお願いできます。

そこがリクルートエージェントの最大のメリットです。

  • 希望の労働時間は○時から○時まで
  • 給料は手取りで40万円以上欲しい
  • 土日祝日は休みたい

などの要望を伝えると企業と交渉してもらえます。

いちいち自分で面接に行って確認する必要がなくなりかなり楽です。

つまり自分の希望が納得できる段階で面接を迎えることができるということです。

交渉が苦手な人、面倒くさい人には嬉しいサポートです。

また大手や人気の運送会社は非公開求人になっているケースが多いです。
これは企業が採用情報をあまり外部に漏らしたくないのとエージェントからの紹介者のみに対象者を絞って対応の手間を省きたいからです。

リクルートエージェントは非公開求人数が日本一なので、あなたの希望する運送会社が隠れているかもしれませんね。

登録方法は簡単で料金は一切かかりません。

登録したからといって絶対に転職しないといけないわけではありません。

アドバイザーとしっかりと相談しながら自分に合った企業探しや情報収集をしましょう。

>>リクルートエージェントでバスの運行管理者の相談をする

バスの運行管理者はやりがいのある仕事

 

今回は、バスの運行管理者について紹介してきました。

バスの運行管理者の職業はキツイという方が多いようです。

それは先程「キツイと感じる理由」で紹介したように、不規則な勤務や業務の責任が重すぎたりすることでストレスを感じている方がほとんどです。

今回の記事のポイントは「運行管理者の主な仕事内容」です。

運行管理者になるには、まず仕事内容を知る必要があります。

会社によって仕事内容は違う場合が有るので、事前に調べておくと良いかも知れません。

運行管理者の職を考えている方は是非今回の記事を参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました